150件中 51 - 60件表示
  • 阿部健太

    阿部健太から見た岩隈久志岩隈久志

    後半に高卒新人ながら一軍昇格し、先発で2勝を挙げた。シーズン終盤に先発登板機会がさらに1回あったが、新人王の受賞資格を翌年に残すためにその後は一軍登板がなかった。その当時の投球フォームが近鉄の先輩である岩隈久志と瓜二つだったことや、当時の背番号「48」が岩隈が入団した当時のものと同じだったこと、さらに痩せ型の体型も同じだったことから「岩隈二世」と呼ばれていた。阿部健太 フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズの歴史

    シアトル・マリナーズの歴史から見た岩隈久志岩隈久志

    主な選手として、岩隈久志と川崎宗則の日本人選手2人や、マイケル・ピネダらとのトレードでヘスス・モンテロとヘクター・ノエシの若手選手、ベテランのケビン・ミルウッドが加入し、5年ぶりにジョージ・シェリルが復帰した。この年はMLB史上4年ぶり4度目の日本での開幕戦のため、主催のオークランド・アスレチックスとともに日本へ遠征。3月25日に阪神タイガース、26日に読売ジャイアンツとプレシーズンゲームを行った後、3月28日・29日に東京ドームで2試合公式戦を開催した。シアトル・マリナーズの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 広橋公寿

    広橋公寿から見た岩隈久志岩隈久志

    長男は2005年の四国アイランドリーグ第一期生として、高知ファイティングドッグスで1年間プレーしていた広橋貴寿。また、現在シアトル・マリナーズに在籍する投手・岩隈久志は義理の息子(=長女の夫)に当たる。広橋公寿 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た岩隈久志岩隈久志

    第2戦は、近鉄はシーズン後半戦に活躍した岩隈久志、ヤクルトはリーグ最多勝の藤井秀悟が先発。2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ボーク

    ボークから見た岩隈久志岩隈久志

    「溜め」を作る為の足の動作:一度上げた足を下げてもう一度上げる、あるいは上げた足を下ろすのを我慢するための動作。コントロールを安定させる、あるいは投げ急ぎを抑えるなどの効果を期待して行われたもの。三浦大輔、高橋建、岩隈久志などに見られた。これが静止に当たるか又はどの投手までの動作なら許容範囲か議論されずに規制されている。ボーク フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・フォッサム

    ケーシー・フォッサムから見た岩隈久志岩隈久志

    は阪神タイガースと契約、先発投手としての起用方針を示されたが、オープン戦で結果を出せず、開幕ローテーションから漏れた。二軍での調整を経て4月15日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦に登板、6回を投げて3安打無失点と好投したが、降板後にチームが逆転され勝敗は付かなかった。2回目の登板となる4月23日の対中日ドラゴンズ戦にでは5回1失点で初勝利。4度目の先発となった5月7日の対広島東洋カープ戦では、4回まで5-0と封じていながら、5回に3連打を含む5本の長短打を浴び、4回2/3を4失点で降板した。5月15日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦は6回を投げ、岩隈久志に投げ勝って白星を挙げたものの、続く5月21日の対オリックス・バファローズ戦では、2回裏に1イニング5四死球を出し1回2/3を5失点で降板した。能見篤史・岩田稔の両左腕が故障で離脱している事情もあって起用され続け、ある程度試合を作るものの、打線の援護に恵まれなかった。ケーシー・フォッサム フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ホッジス

    ケビン・ホッジスから見た岩隈久志岩隈久志

    は新規参入の東北楽天ゴールデンイーグルスにテスト入団し日本球界に復帰した。岩隈久志以外に計算できる先発投手がいないチーム事情の中で2002年にセ・リーグ最多勝を獲得するなど日本での実績があることから、先発ローテーションを任されたが、シーズンに入ると背信投球を繰り返した。登板機会は多く与えられたが、調子が上向く気配は一向になく、8月28日の西武戦で1回5失点KOされると、監督の田尾安志は試合後の会見で「もう使うことはない」と事実上の戦力外を明言。その後は登板機会はなくこの年は2勝12敗、防御率6.44と大きく期待を裏切る成績でシーズンを終了した。そしてこの年限りで解雇された。ケビン・ホッジス フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀選手 (日本プロ野球)

    最優秀選手 (日本プロ野球)から見た岩隈久志岩隈久志

    1963年に「最優秀選手」に改められた際に上記の条項は削除されたが、その後においてもリーグ最高勝率チームから選ばれることが多い。2位以下のチームに所属する選手は稀有な成績や記録を残した場合に選ばれることがある。レギュラーシーズン優勝チーム以外からMVPが選出された例は、2リーグ制後、セで3度、パで10度。また、レギュラーシーズン最高勝率ではないチームからMVPが選出された例は、2リーグ制後、セで3度、パで8度。BクラスのチームからのMVPは、2リーグ制後、1982年の落合博満(ロッテ)、1988年の門田博光(南海ホークス)、2008年の岩隈久志(東北楽天ゴールデンイーグルス)、2013年のウラディミール・バレンティン(東京ヤクルトスワローズ)の4度。最優秀選手 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 野村克則

    野村克則から見た岩隈久志岩隈久志

    2007年8月23日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)で、先発した岩隈久志が4回裏に味方の失策から3失点を喫し、この回をもって降板した。岩隈は、降板後にベンチ裏のロッカールームに入ったまま7回途中まで戻らなかったため克則が注意したところ、岩隈が激高し乱闘寸前の小競り合いになった。他のコーチ陣が割って入ったことで事態は収拾し、岩隈は試合中に克則へ謝罪した。岩隈は理由を、「娘の熱が原因で自宅に連絡を入れていたため」と自らのブログに記している。なお、2人は同じ堀越高等学校の先輩・後輩(克則が8年先輩)で、普段は仲が良い(たびたび談笑する姿も見られる)。野村克則 フレッシュアイペディアより)

  • 猪井操子

    猪井操子から見た岩隈久志岩隈久志

    テレビ大阪在籍時、大阪近鉄バファローズの岩隈久志投手が連勝記録を作った試合のヒーローインタビューを担当した。数年後、東北放送の番組で楽天に移った岩隈投手に「あの試合のヒーローインタビューをしたのは私です」と言ったが、「全く覚えていない」と言われた。猪井操子 フレッシュアイペディアより)

150件中 51 - 60件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード