133件中 51 - 60件表示
  • ボーク

    ボークから見た岩隈久志岩隈久志

    「溜め」を作る為の足の動作:一度上げた足を下げてもう一度上げる、あるいは上げた足を下ろすのを我慢するための動作。コントロールを安定させる、あるいは投げ急ぎを抑えるなどの効果を期待して行われたもの。三浦大輔、高橋建、岩隈久志などに見られた。これが静止に当たるか又はどの投手までの動作なら許容範囲か議論されずに規制されている。ボーク フレッシュアイペディアより)

  • 大松尚逸

    大松尚逸から見た岩隈久志岩隈久志

    初盗塁:2006年9月12日、対東北楽天ゴールデンイーグルス18回戦(千葉マリンスタジアム)、8回裏に二盗(投手:岩隈久志、捕手:藤井彰人)大松尚逸 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た岩隈久志岩隈久志

    3月27日の対大阪近鉄バファローズ戦(大阪ドーム)で1番打者としてスタメン出場し、岩隈久志から中越え二塁打を打ち、日本ハム北海道移転後のチーム公式戦初安打となる。2番・新庄剛志が送りバントで進め、3番・小笠原道大の内野ゴロでホームに還り北海道移転後のチーム公式戦初得点も記録。6月に入るまでは3割以上の打率をマークしていたが、結膜炎などの病気もありスタメンを外れると6~7月で月間打率2割前後と落ち込み規定打席を割ってしまう。後半に復帰して活躍したが2年連続打率3割を記録できなかった。病気に泣かされたが自己最多の11本塁打を記録している。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た岩隈久志岩隈久志

    この移籍は、大リーグから松井稼頭央・岩村明憲両内野手を獲得したため同じ内野手である渡辺の出場機会が減少する可能性があった楽天と、内野手の補強を目指していた横浜との間で思惑が一致して決断されたとも報道されたが、一方でポスティングシステムによって大リーグ移籍を目指していた岩隈久志の入札金を補強費として見込んでいた楽天球団が、岩隈の残留によって入札金が入らず補強費不足となり、人的補償の無い金銭トレードに向かったとも報道された(ただし、球団側は否定している)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 戸村健次

    戸村健次から見た岩隈久志岩隈久志

    目標とする人物は同じチームのエースだった岩隈久志(現:シアトル・マリナーズ)と語っている。戸村健次 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋朋弘

    土屋朋弘から見た岩隈久志岩隈久志

    2009年、プロ野球ドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスから5巡目で指名される。目標としている選手は同じチームの岩隈久志。契約金2500万円、年俸800万円で仮契約を結んだ。土屋朋弘 フレッシュアイペディアより)

  • 金澤岳

    金澤岳から見た岩隈久志岩隈久志

    初安打・初打点:同上、6回裏に岩隈久志から左前適時打金澤岳 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀選手 (日本プロ野球)

    最優秀選手 (日本プロ野球)から見た岩隈久志岩隈久志

    レギュラーシーズン優勝チーム以外からMVPが選出された例は、2リーグ制後、セで2度、パで10度。また、レギュラーシーズン最高勝率ではないチームからMVPが選出された例は、2リーグ制後、セで2度、パで8度。BクラスのチームからのMVPはさらに稀で、1982年の落合博満(ロッテ)、1988年の門田博光(南海)、2008年の岩隈久志(楽天)の3度である(いずれもパ・リーグ5位球団。セ・リーグBクラス球団、および両リーグ最下位球団からの選出はない)。最優秀選手 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • すき家

    すき家から見た岩隈久志岩隈久志

    ガレッジセール、中川家、上原浩治、岩隈久志(当時:東北楽天ゴールデンイーグルス)、スザンヌ、小池栄子などすき家 フレッシュアイペディアより)

  • 井坂亮平

    井坂亮平から見た岩隈久志岩隈久志

    186センチの長身から投げる平均球速約139km/h、最速153km/hのストレートとスライダー、カットボールを中心に、フォーク・カーブを駆使した投球術が持ち味。新人合同自主トレのときにブルペンで投球した際には、投手コーチの杉山賢人に「球の質は岩隈以上」と絶賛された。2011年には監督の星野仙一から直々にツーシームを教わり投球の幅が広がった。井坂亮平 フレッシュアイペディアより)

133件中 51 - 60件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード