150件中 71 - 80件表示
  • 村松有人

    村松有人から見た岩隈久志岩隈久志

    200盗塁:2003年4月19日、対大阪近鉄バファローズ5回戦(福岡ドーム)、1回裏に二盗(投手:岩隈久志、捕手:的山哲也) ※史上64人目村松有人 フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た岩隈久志岩隈久志

    は藤井彰人と正捕手争いを繰り広げる。開幕戦スタメンを奪われ、同年最多勝利を挙げた岩隈久志が先発するときは藤井がマスクをかぶった。6月までは両者が並行して使われたが、7月になると的山が正捕手を奪い返し藤井の出場は1試合もなかったが、8月以降は再び藤井が起用され、スタメン出場は8試合にとどまった。シーズンオフには高須洋介と共に目のレーシック手術を受けて視力回復に成功、トレードマークだった眼鏡が無くなった。同年オフ、選手分配ドラフトでオリックス・バファローズへ移籍。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た岩隈久志岩隈久志

    2009年までに契約の意思の無い妨害目的の入札は確認されておらず、落札された選手の全員が契約成立を果たしていたが、2010年に実施されたポスティングで岩隈久志との交渉権を獲得したオークランド・アスレチックスと当該選手の間での交渉期間内の契約が制度確立後初めて不成立となった。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信二

    高橋信二から見た岩隈久志岩隈久志

    はWBC選考メンバーに入るも、日本代表のメンバー入りはできなかった。シーズンは新人の大野奨太が加わったことや、右膝を痛めたこともあって、捕手としてではなく一塁手としての出場がほとんどとなる。オールスターでは捕手として選出されたが、捕手ではなく一塁手として出場。セ・パ交流戦で首位打者(期間中の打率.412)を獲得し、2004年以来の規定打席にも到達してキャリア初の打率3割を達成。状況によっては送りバントを行ったり、本塁打狙いではなく、安打や四球で次の打者に繋ぐことも心がける四番打者として定着した。クライマックスシリーズ第2ステージでも、第2戦で岩隈久志から決勝の2点適時打を放つなどで活躍し、敢闘賞を受賞。ゴールデングラブ賞とベストナインを一塁手部門で初受賞したが捕手へのこだわりは捨てておらず、「来年以降も捕手登録のままで」と宣言した。オフの契約更改で年俸が1億2000万円となった。高橋信二 フレッシュアイペディアより)

  • 村井嘉浩

    村井嘉浩から見た岩隈久志岩隈久志

    宮城県に縁の深い、元プロ野球選手の佐々木主浩やノーベル化学賞受賞者の田中耕一、トリノオリンピックフィギュアスケート金メダリストの荒川静香、楽天イーグルスの岩隈久志に県民栄誉賞を授与した。また、2013年11月には球団創設初の日本一になった楽天イーグルスに団体としては初の県民栄誉賞を授与した。同時にプロ野球新記録の24連勝を達成した田中将大には個人としても県民栄誉賞を、監督の星野仙一には感謝状を授与した。2014年4月26日、ソチオリンピックフィギュアスケートで日本人男子初の金メダルを獲得した羽生結弦にも県民栄誉賞を授与した。村井嘉浩 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・パーラ

    ジェラルド・パーラから見た岩隈久志岩隈久志

    7月31日にザック・デイビーズとのトレードで、ボルチモア・オリオールズに移籍。同年8月12日、シアトル・マリナーズの岩隈久志がオリオールズ戦でノーヒットノーランを達成した試合で最後の打者となり、センターフライに打ち取られた。オリオールズに加入するまでは打率.328・OPS0.886と好調だったが、移籍後は55試合に出場したものの、一転して不振で打率.237・OPS0.625という内容だった。ブルワーズ時代との通算成績では、移籍前の好調が利いて打率.291・14本塁打・51打点・14盗塁という成績だった。ディフェンス面では、移籍前後ともに外野の全ポジションを守ったが、過去の堅守とは打って変わって軒並み低調であり、2球団合計且つ3ポジション計のDRSは - 10という不振ぶりだった。11月2日にFAとなった。ジェラルド・パーラ フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た岩隈久志岩隈久志

    11月19日 - かねてよりWBCへの出場要請をしていたMLB所属のダルビッシュ有、岩隈久志、青木宣親、川崎宗則、イチロー、黒田博樹の6選手全員から出場を辞退されることとなり、山本監督はNPB所属選手のみで大会に出場することをコメントした。2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た岩隈久志岩隈久志

    実況:斉藤誠征 解説:平松政次(CX)、大矢明彦(CX) リポーター:大久保博元(CX)ゲスト解説:金本知憲(阪神)、岩隈久志(近鉄)2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た岩隈久志岩隈久志

    TBSラジオ 解説:盛田幸妃 ゲスト解説:北川博敏(近鉄)、岩隈久志(近鉄)2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アテネオリンピック

    2004年アテネオリンピックから見た岩隈久志岩隈久志

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)2004年アテネオリンピック フレッシュアイペディアより)

150件中 71 - 80件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード