133件中 81 - 90件表示
  • 大倉三佳

    大倉三佳から見た岩隈久志岩隈久志

    理想とする選手は投手でダルビッシュ有と岩隈久志、理由として制球力と変化球の切れの良さを上げている。打者はイチロー。大倉三佳 フレッシュアイペディアより)

  • 日華 (ヒップホップMC)

    日華 (ヒップホップMC)から見た岩隈久志岩隈久志

    NO.1(2008年4月23日)Eastern Tribe Records (UNIVERSAL JAPAN) UMCF-5022:岩隈久志、小谷野栄一の入場テーマ日華 (ヒップホップMC) フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤信夫

    斎藤信夫から見た岩熊岩隈久志

    千葉県いすみ市岬町岩熊の『童謡の里』に五線譜付きの「蛙の笛」、「里の秋」の歌碑および海沼美智子の寄稿碑斎藤信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 一場靖弘

    一場靖弘から見た岩隈久志岩隈久志

    岩隈久志・セドリック・バワーズの出遅れによって開幕投手を務める。好投したものの打線の援護なく黒星を喫したが、2度目の登板でチームのシーズン初勝利、3度目の登板となった同年4月7日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)ではチームの連敗を止め、自身もプロ初の完封勝利を挙げた。前半戦で5勝を挙げる活躍したが、交流戦以降は2勝8敗と大きく負け越した。最終的には最多敗戦数(14敗)、最多被本塁打(22本)など不名誉な「8冠」を手にしたが、一方で先発不足に喘いだ楽天にとって唯一、シーズンを通して先発ローテーションを守リ、チーム勝ち頭となる7勝を挙げた。一場靖弘 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組から見た岩隈久志岩隈久志

    日本代表岩隈、韓国代表奉重根の両先発投手が好投したが、日本代表が四回に岩隈が打たれ金泰均のタイムリーで失点。日本代表は好守備で追加点は与えなかったものの、打線が散発6安打と打てず、韓国代表の継投の前に完封負けを喫した。日本代表のチームリーダーイチローは「負けという事実に腹が立っている。自分にも腹が立っている。アプローチを変えていかないといけない」と悔しがった。日本代表監督・原辰徳は「14点の後に0点。これが野球だ。今日の負けが(日本代表チームの)団結力を更に強める」と訓示した。2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック (2004年)

    アテネオリンピック (2004年)から見た岩隈久志岩隈久志

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)アテネオリンピック (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た岩隈久志岩隈久志

    アテネオリンピック野球日本代表“長嶋ジャパン”(2005年1月2日。宮本慎也、和田一浩、小笠原道大、清水直行、上原浩治、三浦大輔、石井弘寿、和田毅、岩隈久志関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た岩隈久志岩隈久志

    NPB球団にとっては、MLB球団からの入札金が入るというメリットがある。球団の利益優先という観点から、選手がFA権を取得する1?2年前にかけられるケースが多い。FA権を行使するケースよりも早くメジャーに行くことができる。松坂大輔やダルビッシュ有のように、移籍前からMLB球団からの評価が高い選手の場合は完全な自由競争となるため、資金力のある球団に落札される可能性が高くなる。一方で落札したMLB球団との単独交渉となるデメリットがあり、青木宣親のように落札後にワークアウトを行って契約交渉が始まったケースや、岩隈久志や中島裕之のように、落札球団がありながら契約に至らなかったケースもある。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • サンドウィッチマン

    サンドウィッチマン (お笑いコンビ)から見た岩隈久志岩隈久志

    NHK(東北)地デジ推進キャンペーン(東北6県のNHKでオンエア。岩隈久志と共演)サンドウィッチマン (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • オールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム (日本プロ野球)から見た岩隈久志岩隈久志

    明確に規定されているわけではないが、開催球場を本拠地とするチームの投手が先発を務めることが慣例になっている(山本昌が自身の公式ページで言及していた)。例としては2003年第1戦(大阪ドーム)の先発投手は、全セが阪神(当時)の井川慶、全パが近鉄(当時)の岩隈久志だった(この年の主管球団は大阪ドームを本拠地にする近鉄だったが、2002年のオールスター開催条項改正で2試合開催の場合のホームゲームはセ・パ各1試合とする取り決めとなったため、セ・リーグのホームゲームとなった)。オールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

133件中 81 - 90件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード