141件中 11 - 20件表示
  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たAqua Timez

    「小さな掌」Aqua Timez(2008年前期)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た小笠原道大

    5月29日の対日本ハムファイターズ戦で8回裏1点リードの状況で初登板し、9回裏に小笠原道大にソロホームランを浴びて同点に追いつかれた。しかし、延長10回表に近鉄打線が爆発し、中村紀洋のこの日3本目の本塁打となる満塁弾などで大きく勝ち越し、結果近鉄が17-12で勝利して岩隈はプロ初登板初勝利を挙げた。試合後には「自分が抑えていればすんなり勝てている状態だったのに打たれてしまいチームに申し訳ない」と語り、プロ初勝利の喜びの声はなかった。この年の後半戦に活躍し、最終的には完封1つを含む4勝2敗。手薄であった近鉄投手陣に貢献し、チームのリーグ優勝への力となった。日本シリーズでは第2戦に先発している(勝敗つかず)。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た城島健司

    近鉄時代は北海道日本ハムファイターズに特に強く、2003年から2004年にかけて11連勝した。2004年は西武ライオンズにも強く、この2チーム相手の登板が多かった。しかし、楽天移籍後初の日本ハム戦で黒星を喫し連勝はストップ。一方、近鉄時代の2003年・2004年と共に自身の開幕からの連勝を阻止し、2004年に通年で喫した2敗はいずれも千葉ロッテマリーンズ戦だった。しかし楽天移籍後は球団初の公式戦となった2005年開幕戦で完投勝利を挙げ、2005年9月から2008年7月まで連勝を続け、特に千葉マリンスタジアムでの登板では2005年9月から現在まで10連勝中である。また、近鉄時代は福岡ダイエーホークスとの登板が少なく、2003年9月を最後に2007年9月5日まで対戦することは無かったが、2008年は7登板して5勝7失点と抑えた。岩隈は当時のダイエー打線について「自分の中では井口さん、城島さん、小久保さん、松中さんがいた頃のダイエー打線が最強だった」と話している。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た稲葉篤紀

    1500投球回数:2011年8月23日、対北海道日本ハムファイターズ15回戦(札幌ドーム)、6回裏3死目に稲葉篤紀を三振で達成 ※史上164人目岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た金子千尋

    、オリックスとの開幕戦では5安打1失点完投の好投を見せるも、打線が金子千尋に4安打完封と抑えこまれ、敗戦投手となった。その後もなかなか勝ちがつかず、初勝利は4月10日の対オリックス戦であった。4月17日の対ソフトバンク戦で初の完投勝利を挙げると、4月24日の対日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封勝利を挙げる。6月5日の対横浜ベイスターズ戦では三浦大輔から三振を奪い、通算1000奪三振を記録。7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦では涌井秀章に投げ勝ち、8月31日の対ロッテ戦では通算100勝を6回無失点の好投で飾った。最終的に防御率2.82、WHIP1.09(共にリーグ4位)の好成績を記録するものの、リーグ最下位の得点援護率3.46と援護に恵まれず、10勝9敗に終わったが、3年連続二桁勝利を達成。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た田上秀則

    シーズンでは開幕戦でダルビッシュと投げ合い、6回1失点で4年ぶりとなる開幕戦勝利を挙げる。しかし、開幕戦は6回59球で降板し、前半戦は100球に達する前での降板が目立った上、6月末には登録を抹消。更に7月12日の対ソフトバンク戦では4回に松中信彦、多村仁志、田上秀則、5回に小久保裕紀の4選手から自身ワーストの1試合4被本塁打を浴び、被安打はリーグ最多を記録するなど精彩を欠いた。それでも、チーム2位タイとなる13勝を挙げ、15勝の田中将大、13勝の永井怜と共に、チーム初の2位に大きく貢献した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た松田宣浩

    は2年連続4度目の開幕投手を務め、7回1失点の好投を見せるも自身に勝敗はつかず、チームはサヨナラ負け。3月27日の対オリックス戦では楽天移籍後初の完封勝利を無四球で挙げた。その後も勝ち星を量産し、6月15日の対巨人戦で4年ぶりの10勝目を無四球完封で挙げる。8月16日の対ロッテ戦(千葉マリン)で自己最多となる16勝目。更に9月22日の対西武戦(西武ドーム)で、パ・リーグでは2003年の斉藤和巳以来となる20勝目に到達。そして、シーズン最終登板となった10月5日、Kスタ宮城での対福岡ソフトバンクホークス戦でも勝利し、1985年の佐藤義則以来23年ぶりの21勝を挙げ最多勝を獲得。この試合で防御率ではダルビッシュ有を抜き、勝率では同率であった小松聖をかわして単独投手三冠を達成。リーグ最多投球イニングも記録し、この年は援護率もパリーグ最高の5.66と高く、チームのシーズン65勝の1/3近くを一人で挙げる自己最高のシーズンとなった。特筆すべきは被本塁打であり、200投球イニング以上で被本塁打が3本であった(うち2本はセ・パ交流戦で許したもので、パ・リーグチーム相手に許した本塁打は9月29日、ソフトバンクの松田宣浩に打たれた1本のみ)。200投球回数以上で被本塁打3本以下という数字は、1958年に秋本祐作が記録して以来50年ぶりの快挙であった。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た永井怜

    シーズンでは開幕戦でダルビッシュと投げ合い、6回1失点で4年ぶりとなる開幕戦勝利を挙げる。しかし、開幕戦は6回59球で降板し、前半戦は100球に達する前での降板が目立った上、6月末には登録を抹消。更に7月12日の対ソフトバンク戦では4回に松中信彦、多村仁志、田上秀則、5回に小久保裕紀の4選手から自身ワーストの1試合4被本塁打を浴び、被安打はリーグ最多を記録するなど精彩を欠いた。それでも、チーム2位タイとなる13勝を挙げ、15勝の田中将大、13勝の永井怜と共に、チーム初の2位に大きく貢献した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たターメル・スレッジ

    ソフトバンクとのクライマックスシリーズ第1ステージでは第一戦に登板し完投勝利。日本ハムとの第2ステージでは2戦目に登板するも、打線の援護無く8回3失点で第1ステージとは相反した結果となった。3敗で迎えた4戦目にリリーフとして志願登板したが、ターメル・スレッジに勝負を決定づける3点本塁打を打たれ、涙を見せた。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た井口資仁

    近鉄時代は北海道日本ハムファイターズに特に強く、2003年から2004年にかけて11連勝した。2004年は西武ライオンズにも強く、この2チーム相手の登板が多かった。しかし、楽天移籍後初の日本ハム戦で黒星を喫し連勝はストップ。一方、近鉄時代の2003年・2004年と共に自身の開幕からの連勝を阻止し、2004年に通年で喫した2敗はいずれも千葉ロッテマリーンズ戦だった。しかし楽天移籍後は球団初の公式戦となった2005年開幕戦で完投勝利を挙げ、2005年9月から2008年7月まで連勝を続け、特に千葉マリンスタジアムでの登板では2005年9月から現在まで10連勝中である。また、近鉄時代は福岡ダイエーホークスとの登板が少なく、2003年9月を最後に2007年9月5日まで対戦することは無かったが、2008年は7登板して5勝7失点と抑えた。岩隈は当時のダイエー打線について「自分の中では井口さん、城島さん、小久保さん、松中さんがいた頃のダイエー打線が最強だった」と話している。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード