181件中 41 - 50件表示
  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たアーン・テレム

    ''1月5日、シアトル・マリナーズと年俸150万ドル+先発数20以上と投球回数140以上、タイトル受賞によって変動していく出来高340万ドルの1年契約を結んだ。スプリングトレーニングでは5試合の登板で防御率3.60、WHIP1.53の成績を残すも、先発ローテーション入りすることなく開幕を迎える。しかし開幕から出番がなく、4月17日にはメジャー開幕ロースターに登録された全投手で登板のない唯一の選手となり、20日のシカゴ・ホワイトソックス戦の6回に3番手としてメジャーリーグ初登板。その後はロングリリーフとして起用され、5月30日のテキサス・レンジャーズ戦では7回から3回を投げ5安打3失点、2四死球の投球でプロ入り後初となるメジャー初セーブを挙げる。6月16日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では同点の6回から2回無安打無失点の投球でメジャーリーグ初勝利を挙げる。7月2日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーリーグ初先発。この試合ではイチローと川?宗則も先発出場し、同一チームで日本人選手3人が先発出場するのはメジャーリーグ史上初となった。後半戦から先発ローテーション入りし、7月30日のトロント・ブルージェイズ戦では、8回を4安打、1失点、13奪三振、3四球の投球で先発初勝利を挙げ、13奪三振はプロ入り後の自己最多かつルーキーとしての球団最多記録となった。8月17日のミネソタ・ツインズ戦では7回1失点の好投で4勝目を挙げる。この試合では4回まで走者を出さず、フェリックス・ヘルナンデスが前日に達成した完全試合から合わせて、メジャーリーグ史上以降最長となる42者連続アウトのチーム記録を達成した。9月14日のレンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、5回を2本塁打を含む7安打2失点の投球で5敗目を喫する。後半戦はデビッド・プライスに次ぐリーグ2位の防御率2.50を記録。最終的には先発としては16試合に登板し8勝4敗、防御率2.65、WHIP1.23。防御率はフェリックス・ヘルナンデスが2005年に記録した2.67を抜いて球団新人記録となった。9月には代理人をアーン・テレムに変更していたことを明かし、11月4日に2年総額1400万ドル(3年目は年俸700万ドルの球団オプション)でマリナーズと契約を延長した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た西武鉄道

    小学校1年生の時から野球を始める。西武沿線に住んでいたこともあり、小さい頃は、ファンクラブに入って西武ライオンズ球場に通い詰めるほどの熱烈な西武ライオンズファンだった。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た日本生命

    セ・パ交流戦優秀選手賞(日本生命賞):1回 (2008年)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た主婦の友社

    『イワクマクマときずなのえほん』主婦の友社(2010年)岩隈がプロデュースし、夫人と娘が執筆した岩隈久志を主人公とした絵本。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た沢村栄治賞

    ''、2年連続4度目の開幕投手を務め、7回1失点の好投を見せるも自身に勝敗はつかず、チームはサヨナラ負け。3月27日の対オリックス戦では楽天移籍後初の完封勝利を無四球で挙げた。その後も勝ち星を量産し、6月15日の対巨人戦で4年ぶりの10勝目を無四球完封で挙げる。8月16日の対ロッテ戦(千葉マリン)で自己最多となる16勝目。更に9月22日の対西武戦(西武ドーム)で、パ・リーグでは2003年の斉藤和巳以来となる20勝目に到達。そして、シーズン最終登板となった10月5日、Kスタ宮城での対福岡ソフトバンクホークス戦でも勝利し、1985年の佐藤義則以来23年ぶりの21勝を挙げ最多勝を獲得。この試合で防御率ではダルビッシュ有を抜き、勝率では同率であった小松聖をかわして単独投手三冠を達成。リーグ最多投球イニングも記録し、チームのシーズン65勝のうち3分の1近くを1人で挙げる自己最高のシーズンとなった。特筆すべきは被本塁打であり、200投球イニング以上で被本塁打が3本であった(うち2本はセ・パ交流戦で許したもので、パ・リーグチーム相手に許した本塁打は9月29日、ソフトバンクの松田宣浩に打たれた1本のみ)。200投球回数以上で被本塁打3本以下という数字は、1958年に秋本祐作が記録して以来50年ぶりの快挙であった。オフの各表彰では、チームが5位であったにも関わらず、沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリー賞など、投手関連の主要な賞を独占。最優秀選手のBクラスチームからの選出は、1988年の門田博光以来。12月26日に契約更改交渉に臨み、3年総額10億円の複数年契約でサインした。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たオークランド・アスレチックス

    ''、オリックスとの開幕戦では5安打1失点完投の好投を見せるも、打線が金子千尋に4安打完封と抑えこまれ、敗戦投手となった。その後もなかなか勝ちがつかず、初勝利は4月10日の対オリックス戦であった。4月17日の対ソフトバンク戦で初の完投勝利を挙げると、4月24日の対日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封勝利を挙げる。6月5日の対横浜ベイスターズ戦では三浦大輔から三振を奪い、通算1000奪三振を記録。7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦では涌井秀章に投げ勝ち、8月31日の対ロッテ戦では通算100勝を6回無失点の好投で飾った。最終的に防御率2.82の好成績を記録するものの、10勝9敗に終わったが、3年連続2桁勝利を達成。オフには団野村を代理人としてポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。球団はポスティングシステム行使を容認し、オークランド・アスレチックスが交渉権を獲得。スティーブン・ストラスバーグと同水準の4年1525万ドルを提示されたが、岩隈サイドが7年1億2500万ドルを要求したとも言われ、その後の交渉は難航。交渉期限の12月7日午前0時(米国東部時間=日本時間同日午後2時)までの契約合意に至らなかった。その後、入札額についてはアスレチックスが1910万ドル、次いでミネソタ・ツインズが770万ドルの入札をしていたことが明かされ、8日に仙台市内の球団事務所で記者会見し、改めて残留を表明した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た東京ヤクルトスワローズ

    ''、5月29日の対日本ハムファイターズ戦で8回裏1点リードの状況で初登板し、9回裏に小笠原道大にソロホームランを浴びて同点に追いつかれた。しかし、延長10回表に近鉄打線が爆発し、中村紀洋のこの日3本目の本塁打となる満塁弾などで大きく勝ち越し、結果近鉄が17-12で勝利して岩隈はプロ初登板初勝利を挙げた。試合後には「自分が抑えていればすんなり勝てている状態だったのに打たれてしまいチームに申し訳ない」と語り、プロ初勝利の喜びの声はなかった。この年の後半戦に活躍し、最終的には完封1つを含む4勝2敗。手薄であった近鉄投手陣に貢献し、チームのリーグ優勝への力となった。ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは第2戦に先発している(勝敗つかず)。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た千葉ロッテマリーンズ

    ''、球団初年度の開幕投手を任せられ、千葉マリンスタジアムでの対千葉ロッテマリーンズ戦で1失点完投し、球団初の勝利投手になった。その後、1年間にわたり先発ローテーションを守ったが、シーズン途中から右肩の故障などもあり、防御率は規定投球回到達投手の中ではワーストの4.99。勝利数も2桁には届かず(9勝15敗、2勝目は4月1日本拠地宮城球場での初の公式戦、3勝目は同年から開始のセ・パ交流戦で読売ジャイアンツ3回戦で前出の高橋尚成と投げ合った)、自身にとっても球団にとっても不本意な成績に終わった。この年の楽天は他球団を戦力外や自由契約となった選手を多く獲得していたが、投手陣も例外ではなかった。既に疲弊していた投手も多く、先発しても試合を壊し、ヤクルトで最多勝に輝いた実績を持つケビン・ホッジスも背信投球を繰り返し、新人の一場靖弘もプロの壁にぶつかり、岩隈以外に計算できる投手がいなかった。この年楽天の投手で規定投球回に到達したのは岩隈ただ1人で、結果的に岩隈にかかる負担は大きく、この年のチームの不振や翌年の故障離脱につながっている。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た最優秀バッテリー賞

    ''、2年連続4度目の開幕投手を務め、7回1失点の好投を見せるも自身に勝敗はつかず、チームはサヨナラ負け。3月27日の対オリックス戦では楽天移籍後初の完封勝利を無四球で挙げた。その後も勝ち星を量産し、6月15日の対巨人戦で4年ぶりの10勝目を無四球完封で挙げる。8月16日の対ロッテ戦(千葉マリン)で自己最多となる16勝目。更に9月22日の対西武戦(西武ドーム)で、パ・リーグでは2003年の斉藤和巳以来となる20勝目に到達。そして、シーズン最終登板となった10月5日、Kスタ宮城での対福岡ソフトバンクホークス戦でも勝利し、1985年の佐藤義則以来23年ぶりの21勝を挙げ最多勝を獲得。この試合で防御率ではダルビッシュ有を抜き、勝率では同率であった小松聖をかわして単独投手三冠を達成。リーグ最多投球イニングも記録し、チームのシーズン65勝のうち3分の1近くを1人で挙げる自己最高のシーズンとなった。特筆すべきは被本塁打であり、200投球イニング以上で被本塁打が3本であった(うち2本はセ・パ交流戦で許したもので、パ・リーグチーム相手に許した本塁打は9月29日、ソフトバンクの松田宣浩に打たれた1本のみ)。200投球回数以上で被本塁打3本以下という数字は、1958年に秋本祐作が記録して以来50年ぶりの快挙であった。オフの各表彰では、チームが5位であったにも関わらず、沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリー賞など、投手関連の主要な賞を独占。最優秀選手のBクラスチームからの選出は、1988年の門田博光以来。12月26日に契約更改交渉に臨み、3年総額10億円の複数年契約でサインした。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たシアトル・マリナーズ

    岩隈 久志(いわくま ひさし、1981年4月12日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・シアトル・マリナーズ傘下所属。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

181件中 41 - 50件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード