141件中 71 - 80件表示
  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た契約更改

    オフの各表彰では、チームが5位であったにも関わらず、沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリー賞など、投手関連の主要な賞を独占。最優秀選手のBクラスチームからの選出は、1988年の門田博光以来。12月26日に契約更改交渉に臨み、3年総額10億円の複数年契約でサインした。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たGoing!Sports&News

    Going!Sports&News (日本テレビ)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    1月5日、シアトル・マリナーズと年俸150万ドル+先発数20以上と投球回数140以上、タイトル受賞によって変動していく出来高340万ドルの1年契約を結んだ。スプリングトレーニングでは5試合の登板で防御率3.60、WHIP1.53の成績を残すも、トレーナーから「右肩周辺の筋肉が(他のメジャー選手に比べて)弱く、先発での中4日では難しい」と判断され、先発ローテーション入りすることなく開幕を迎える。しかし開幕から出番がなく、4月17日にはメジャー開幕ロースターに登録された全投手で登板のない唯一の選手となり、20日のシカゴ・ホワイトソックス戦の6回に3番手として登板しメジャーデビュー。その後はロングリリーフとして起用され、5月30日のテキサス・レンジャーズ戦では7回から3回を投げ5安打3失点、2四死球の投球でプロ入り後初となるメジャー初セーブを挙げる。6月16日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では同点の6回から2回無安打無失点の投球でメジャー初勝利を挙げる。6月からは「球速が80mph後半から90mph前半へアップし、肩の痛みもなくなった」として、7月2日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャー初先発。この試合ではイチローと川?宗則も先発出場し、同一チームで日本人選手3人が先発出場するのは史上初となった。後半戦から先発ローテーション入りし、7月30日のトロント・ブルージェイズ戦では、8回を4安打、1失点、13奪三振、3四球の投球で先発初勝利を挙げ、13奪三振はプロ入り後の自己最多かつルーキーとしての球団最多記録となった。8月17日のミネソタ・ツインズ戦では7回1失点の好投で4勝目を挙げる。この試合では4回まで走者を出さず、フェリックス・ヘルナンデスが前日に達成した完全試合から合わせて、メジャーリーグ史上以降最長となる42者連続アウトのチーム記録を達成した。9月14日のテキサス・レンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、5回1/3を2本塁打を含む7安打2失点の投球で5敗目を喫する。最終的には先発としては16試合に登板し8勝4敗、防御率2.65、WHIP1.23。防御率はフェリックス・ヘルナンデスが2005年に記録した2.67を抜いて球団新人記録となった。また後半戦の防御率は2.50で、デビッド・プライスに次ぐリーグ2位(投球回数80以上)だった。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た開幕投手

    開幕投手:7回 (2004年、2005年、2007年 - 2011年)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たオリックス・バファローズ

    この年6月に明らかとなった大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの球団合併と、シーズン終了後楽天の新規参入に伴う選手分配ドラフトで、合併球団オリックス・バファローズに分配された。しかし、岩隈は合併に際しての労使「申し合わせ」を引き合いに入団を拒否。オリックス側は説得を試みたが失敗し、合併新球団と岩隈双方の今後を考えたオリックス側の譲歩により、楽天に金銭トレードで譲渡された(選手分配ドラフトについてはプロ野球再編問題の当該項参照)。なお、オリックスは、読売ジャイアンツの高橋尚成とのトレードも視野に入れていた。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た東京ヤクルトスワローズ

    初安打:2005年6月4日、対東京ヤクルトスワローズ5回戦(明治神宮野球場)、5回表に石川雅規から右前安打岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たボルチモア・オリオールズ

    1月5日、シアトル・マリナーズと年俸150万ドル+先発数20以上と投球回数140以上、タイトル受賞によって変動していく出来高340万ドルの1年契約を結んだ。スプリングトレーニングでは5試合の登板で防御率3.60、WHIP1.53の成績を残すも、トレーナーから「右肩周辺の筋肉が(他のメジャー選手に比べて)弱く、先発での中4日では難しい」と判断され、先発ローテーション入りすることなく開幕を迎える。しかし開幕から出番がなく、4月17日にはメジャー開幕ロースターに登録された全投手で登板のない唯一の選手となり、20日のシカゴ・ホワイトソックス戦の6回に3番手として登板しメジャーデビュー。その後はロングリリーフとして起用され、5月30日のテキサス・レンジャーズ戦では7回から3回を投げ5安打3失点、2四死球の投球でプロ入り後初となるメジャー初セーブを挙げる。6月16日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では同点の6回から2回無安打無失点の投球でメジャー初勝利を挙げる。6月からは「球速が80mph後半から90mph前半へアップし、肩の痛みもなくなった」として、7月2日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャー初先発。この試合ではイチローと川?宗則も先発出場し、同一チームで日本人選手3人が先発出場するのは史上初となった。後半戦から先発ローテーション入りし、7月30日のトロント・ブルージェイズ戦では、8回を4安打、1失点、13奪三振、3四球の投球で先発初勝利を挙げ、13奪三振はプロ入り後の自己最多かつルーキーとしての球団最多記録となった。8月17日のミネソタ・ツインズ戦では7回1失点の好投で4勝目を挙げる。この試合では4回まで走者を出さず、フェリックス・ヘルナンデスが前日に達成した完全試合から合わせて、メジャーリーグ史上以降最長となる42者連続アウトのチーム記録を達成した。9月14日のテキサス・レンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、5回1/3を2本塁打を含む7安打2失点の投球で5敗目を喫する。最終的には先発としては16試合に登板し8勝4敗、防御率2.65、WHIP1.23。防御率はフェリックス・ヘルナンデスが2005年に記録した2.67を抜いて球団新人記録となった。また後半戦の防御率は2.50で、デビッド・プライスに次ぐリーグ2位(投球回数80以上)だった。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たおしゃれイズム

    おしゃれイズム (日本テレビ)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た潮出版社

    『絆(きずな)冬は必ず春となる』潮出版社(2009年)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た日本放送協会

    NHK 地上デジタル放送 普及促進岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

141件中 71 - 80件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード