181件中 71 - 80件表示
  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た日華 (ラッパー)

    「NO.1」日華(2008年後期)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た広橋公寿

    ''、先発ローテーションの一角として23試合に登板し8勝7敗をマークする。12月、21歳で西武ライオンズ・広橋公寿打撃コーチ(当時)の長女と結婚。きっかけは東京都内の美術館で、広橋一家と偶然出会ったことから。愛妻家として有名。トレードマークである青いグラブには、妻と娘の名前が縫われている。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た日本プロスポーツ大賞

    日本プロスポーツ大賞 殊勲賞:1回 (2008年)岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たビリヤード

    右投げ右打ちだが、元々は生粋の左利きであり、食事やペン等は左手を使っている(例外はゴルフ・ボウリング・ビリヤード)。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たクリーブランド・インディアンス

    ''、1月20日に南カリフォルニアで練習中にネットをつかんだ際に右手中指の第一関節を痛め、4週間から6週間の投球禁止となったことを2月12日に発表した。28日の再検査でさらに3週間の投球禁止と診断され、3月29日に15日間の故障者リスト入りした。4月27日からAAA級タコマ・レイニアーズでリハビリを開始し、5月3日に故障者リストから外れた。メジャー通算50試合目の先発となった同日のアストロズ戦で復帰しシーズン初勝利を挙げ、その後も3連勝を挙げる。6月には2試合連続の5失点を喫したが、7月7日のツインズ戦でメジャー通算30勝目に到達し、12日のオークランド・アスレチックス戦では8回を無失点の投球で規定投球回に到達するなど復調。14試合の先発で8勝4敗、防御率2.98、WHIP1.00の成績で前半戦を折り返す。7月29日のクリーブランド・インディアンス戦では日米通算2000投球回に到達し9勝目を挙げる。10勝目を挙げた8月8日のホワイトソックス戦で前年からの合計350イニングに到達し、翌年の契約オプションの更新条件を満たす。9月5日のレンジャーズ戦で2年連続の14勝目を挙げ、チームもワイルドカードを争う好調を見せていたが、その後3連敗を喫し、9月は防御率7.61、WHIP1.56と絶不調に陥る。シーズン最終登板では6回を4安打2失点の投球でメジャー自己最多の15勝目を挙げるが、チームは1勝差で13年ぶりのポストシーズン進出を逃しシーズンを終えた。この年は与四球21(与四球率1.06)と抜群の制球力を見せた。オフには日米野球2014のMLB選抜に選出され、東京ドームでの第2戦に先発登板した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た仙台市

    ''、オリックスとの開幕戦では5安打1失点完投の好投を見せるも、打線が金子千尋に4安打完封と抑えこまれ、敗戦投手となった。その後もなかなか勝ちがつかず、初勝利は4月10日の対オリックス戦であった。4月17日の対ソフトバンク戦で初の完投勝利を挙げると、4月24日の対日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封勝利を挙げる。6月5日の対横浜ベイスターズ戦では三浦大輔から三振を奪い、通算1000奪三振を記録。7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦では涌井秀章に投げ勝ち、8月31日の対ロッテ戦では通算100勝を6回無失点の好投で飾った。最終的に防御率2.82の好成績を記録するものの、10勝9敗に終わったが、3年連続2桁勝利を達成。オフには団野村を代理人としてポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。球団はポスティングシステム行使を容認し、オークランド・アスレチックスが交渉権を獲得。スティーブン・ストラスバーグと同水準の4年1525万ドルを提示されたが、岩隈サイドが7年1億2500万ドルを要求したとも言われ、その後の交渉は難航。交渉期限の12月7日午前0時(米国東部時間=日本時間同日午後2時)までの契約合意に至らなかった。その後、入札額についてはアスレチックスが1910万ドル、次いでミネソタ・ツインズが770万ドルの入札をしていたことが明かされ、8日に仙台市内の球団事務所で記者会見し、改めて残留を表明した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た契約更改

    ''、2年連続4度目の開幕投手を務め、7回1失点の好投を見せるも自身に勝敗はつかず、チームはサヨナラ負け。3月27日の対オリックス戦では楽天移籍後初の完封勝利を無四球で挙げた。その後も勝ち星を量産し、6月15日の対巨人戦で4年ぶりの10勝目を無四球完封で挙げる。8月16日の対ロッテ戦(千葉マリン)で自己最多となる16勝目。更に9月22日の対西武戦(西武ドーム)で、パ・リーグでは2003年の斉藤和巳以来となる20勝目に到達。そして、シーズン最終登板となった10月5日、Kスタ宮城での対福岡ソフトバンクホークス戦でも勝利し、1985年の佐藤義則以来23年ぶりの21勝を挙げ最多勝を獲得。この試合で防御率ではダルビッシュ有を抜き、勝率では同率であった小松聖をかわして単独投手三冠を達成。リーグ最多投球イニングも記録し、チームのシーズン65勝のうち3分の1近くを1人で挙げる自己最高のシーズンとなった。特筆すべきは被本塁打であり、200投球イニング以上で被本塁打が3本であった(うち2本はセ・パ交流戦で許したもので、パ・リーグチーム相手に許した本塁打は9月29日、ソフトバンクの松田宣浩に打たれた1本のみ)。200投球回数以上で被本塁打3本以下という数字は、1958年に秋本祐作が記録して以来50年ぶりの快挙であった。オフの各表彰では、チームが5位であったにも関わらず、沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリー賞など、投手関連の主要な賞を独占。最優秀選手のBクラスチームからの選出は、1988年の門田博光以来。12月26日に契約更改交渉に臨み、3年総額10億円の複数年契約でサインした。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たサイ・ヤング賞

    ''、開幕から先発ローテーション入りし、誕生日となった4月12日のレンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、6回を3安打1失点の投球で2勝目を挙げ、この試合の5回に四球を与えるまで開幕から18回連続無四球も記録した。6月10日のヒューストン・アストロズ戦まで、ホームのセーフコ・フィールドでは前年から9試合連続でのクオリティ・スタートを記録する安定した投球を続け、前半戦は20試合の先発で8勝4敗、リーグ6位の防御率3.02、リーグ1位のWHIP0.94の成績で折り返し、オールスターに選手間投票での選出を果たす。前半戦最終戦となった7月14日のロサンゼルス・エンゼルス戦に先発したため、アメリカン・リーグの監督を務めたデトロイト・タイガース監督のジム・リーランドの方針でオールスター当日の登板はなかった。25日のツインズ戦では、6回4安打無失点の好投でメジャー移籍後初の10勝目を挙げ、9月13日のセントルイス・カージナルス戦で200イニングに到達。その後も好投を続け、後半戦は13試合の先発で6勝2敗、防御率2.14、WHIP1.11の好成績を残し、最後の3試合は23回連続無失点を記録。シーズン通算ではリーグ7位の14勝、日本人選手歴代2位となるリーグ3位の防御率2.66、同じく日本人選手歴代1位となるリーグ2位のWHIP1.01、同じく2位となるリーグ3位の219.2イニングを投げ、rWARはリーグ1位かつ日本人投手歴代1位となる7.0、RSAAはリーグ1位の36.13を記録した。P/IP(1イニングあたりの投球数)はリーグ1位の14.12、ストライク割合(ストライク/全投球)68%、与四死球率1.64は共にリーグ3位と、コントロールと燃費のよさが目立つシーズンとなった。サイ・ヤング賞投票ではマックス・シャーザーとダルビッシュ有に次ぐ3位に入る。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たボストン・レッドソックス

    ''、開幕から3試合に登板して0勝1敗、防御率6.61と不調で、右広背筋を痛めて4月24日に15日間の故障者リスト入りした(登録上は21日から)。7月6日に復帰し、デトロイト・タイガース戦に先発したが5回5失点で降板し敗戦投手となった。8月12日のボルチモア・オリオールズ戦で先発し、3四球7奪三振で、MLBでは自身初完投、初完封となるノーヒットノーランを達成。日本人選手としては、2001年の野茂英雄(ボストン・レッドソックス)以来2人目の達成となった。2015年のメジャーリーグ・レギュラーシーズンでは4人目、DH制のあるアメリカン・リーグでは3年ぶりの達成となった。戦線離脱もあったため、20試合の先発登板に留まって規定投球回到達を逃した。調子の波が大きかったこともあり、防御率はメジャー移籍後ワーストの3.54だった。11月2日にFAとなった。フリーエージェントとなった岩隈の獲得にドジャースが乗り出していることが4日分かったが、フィジカルチェック後に白紙に戻され、12月18日、マリナーズと1年契約(2017年、2018年の契約は球団が選択権を持つ)で再契約した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たオリックス・バファローズ

    ''、自身初の開幕投手に抜擢され、球団新記録となる開幕12連勝を達成。なお後述する球団合併のため、結果的に岩隈は近鉄バファローズ最後の開幕投手となった。最終的に15勝2敗となり、最多勝と最優秀投手のタイトルを獲得。最優秀防御率のタイトルもあと1人抑えれば確定であったが相川良太に2ランホームランを浴びて逃した。またアテネオリンピック野球日本代表に選出される。オールスターゲームのファン投票ではパ・リーグの先発部門でトップとなり、球宴第1戦の先発投手となる。日米野球の第5戦でも7回1失点の好投で勝ち投手となる活躍を見せる。一方で、シーズン中に右肩の違和感をたびたび訴え、何度か登板をスライドさせていたが、これが後に悩まされる右肩の故障の前兆だったと言われる。6月に明らかとなった大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの球団合併と、シーズン終了後楽天の新規参入に伴う分配ドラフトで、合併球団のオリックス・バファローズに分配されたが、岩隈は合併に際しての労使「申し合わせ」を引き合いに入団を拒否。オリックス側は説得を試みたが失敗し、合併新球団と岩隈双方の今後を考えたオリックス側の譲歩により、楽天に金銭トレードで譲渡された(選手分配ドラフトについてはプロ野球再編問題の当該項参照)。この時、オリックスは読売ジャイアンツの高橋尚成とのトレードも視野に入れていた。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

181件中 71 - 80件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード