141件中 81 - 90件表示
  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た大阪近鉄バファローズ

    小学1年時より野球を始める。西武沿線に住んでいたこともあり、小さい頃は、ファンクラブに入って西武ライオンズ球場に通い詰めるほどの熱烈な西武ファンだった。その後堀越高等学校に進学し、3年夏は西東京大会ベスト4。1999年のドラフト会議で大阪近鉄バファローズから5位指名を受け入団。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た横浜スタジアム

    1000奪三振:2010年6月5日、対横浜ベイスターズ4回戦(横浜スタジアム)、2回裏に三浦大輔から ※史上128人目岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た最優秀投手

    は球団新記録となる開幕12連勝を達成。最終的に15勝2敗となり、最多勝と最優秀投手のタイトルを獲得。最優秀防御率のタイトルもあと1人抑えれば確定であったが相川良太に2ランホームランを浴びて逃した。またアテネオリンピック野球日本代表に選出される。オールスターのファン投票ではパ・リーグの先発部門でトップとなり、球宴第1戦の先発投手となる。日米野球の第5戦でも7回1失点の好投で勝ち投手となる活躍を見せる。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック

    からチームの3代目選手会長に就任。1月に第2子の長男が誕生。第2回WBC日本代表に選出され、松坂大輔、ダルビッシュ有と共に先発の三本柱を任される。一次ラウンドでは韓国との1位決定戦に先発したが、5回1/3を1失点に抑えるも打線の援護がなくチームは0-1で惜敗した。二次ラウンドの初戦キューバ戦では2番手として登板し、1回を2三振で抑える。二次ラウンドのキューバとの敗者復活戦で6回を無失点に抑え、チームは5-0で勝利。この試合ではキューバ中堅手のヨエニス・セスペデスが小笠原道大の放った中飛を落球するなど霧深い悪質なグラウンドコンディションであったが、守りやすくしようと「フライを打たせないようにした」と低めにスライダーやシュートを制球し、アウトの15/18は内野ゴロで打ち取り、一次リーグで最も本塁打数の多かったキューバ打線を完全に手玉に取って準決勝進出に貢献した。決勝の韓国戦では奉重根と投げ合い、大会史上最高投球回数(第2回大会当時)となる7回2/3を2失点に抑える快投を見せる。試合は8回を終わって3対2と日本リードであったが、9回裏から登板したダルビッシュが同点とされたため勝利投手の権利は得られなかった。大会に出場した全投手中最多の合計20回を投げ3失点で防御率1.35、WHIP0.90を記録。全試合で好投したものの打線の援護は計6点と少なく、救援失敗などもあって個人成績は1勝(1敗)に終わるも優秀選手賞を受賞した。MVPは3戦に先発し3勝した松坂大輔であったが、松坂本人はMVPは岩隈だと思ったらしく「クマにちょっと悪いな」と語っており、決勝戦直後のシャンパンファイトでは、チームメイトらから「クマ!クマ!クマ!」のかけ声で胴上げを受けた。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たフォークボール

    楽天移籍後はストレートがシュート回転することを課題としていたが、2008年には下半身が安定したことで球持ちが良くなり改善。球速も2010年には平均球速142.6km/h、最速152km/hをマークし、マリナーズ移籍後の2012年には右肩の筋力強化プログラムに取り組み平均球速90.3mph(約145km/h)を記録した。楽天移籍後は肩に負担の大きい縦のスライダーを多投しないようになり、左右自在に落とす最速143km/hの高速フォークスプリッター)を中心に、変化の小さい横のスライダーや内角へ切り込むシュート、110km/h?120km/h台で打者のタイミングを外すカーブを使って、アウトの65パーセント近くをゴロで稼ぐ打たせて取る投球を進化させる。特に2009年のWBCでのキューバ戦では、18個のアウトの内15個のアウトを内野ゴロで打ち取る6回無失点の好投を見せ、大会通算20イニングで1本塁打に抑えた。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た堀越高等学校

    小学1年時より野球を始める。西武沿線に住んでいたこともあり、小さい頃は、ファンクラブに入って西武ライオンズ球場に通い詰めるほどの熱烈な西武ファンだった。その後堀越高等学校に進学し、3年夏は西東京大会ベスト4。1999年のドラフト会議で大阪近鉄バファローズから5位指名を受け入団。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た千葉マリンスタジアム

    は球団初年度の開幕投手を任せられ、千葉マリンスタジアムでの対千葉ロッテマリーンズ戦で1失点完投し、球団初の勝利投手になった。その後、1年間にわたり先発ローテーションを守ったが、シーズン途中から肩の故障などもあり(肩の違和感は前年からあり、2004年には何度か登板をスライドさせていた)、防御率は規定投球回到達投手の中ではワーストの4.99。勝利数も2桁には届かず(9勝15敗)、自身にとっても球団にとっても不本意な成績に終わった。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たベストナイン (日本プロ野球)

    オフの各表彰では、チームが5位であったにも関わらず、沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリー賞など、投手関連の主要な賞を独占。最優秀選手のBクラスチームからの選出は、1988年の門田博光以来。12月26日に契約更改交渉に臨み、3年総額10億円の複数年契約でサインした。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック・キューバ代表

    からチームの3代目選手会長に就任。1月に第2子の長男が誕生。第2回WBC日本代表に選出され、松坂大輔、ダルビッシュ有と共に先発の三本柱を任される。一次ラウンドでは韓国との1位決定戦に先発したが、5回1/3を1失点に抑えるも打線の援護がなくチームは0-1で惜敗した。二次ラウンドの初戦キューバ戦では2番手として登板し、1回を2三振で抑える。二次ラウンドのキューバとの敗者復活戦で6回を無失点に抑え、チームは5-0で勝利。この試合ではキューバ中堅手のヨエニス・セスペデスが小笠原道大の放った中飛を落球するなど霧深い悪質なグラウンドコンディションであったが、守りやすくしようと「フライを打たせないようにした」と低めにスライダーやシュートを制球し、アウトの15/18は内野ゴロで打ち取り、一次リーグで最も本塁打数の多かったキューバ打線を完全に手玉に取って準決勝進出に貢献した。決勝の韓国戦では奉重根と投げ合い、大会史上最高投球回数(第2回大会当時)となる7回2/3を2失点に抑える快投を見せる。試合は8回を終わって3対2と日本リードであったが、9回裏から登板したダルビッシュが同点とされたため勝利投手の権利は得られなかった。大会に出場した全投手中最多の合計20回を投げ3失点で防御率1.35、WHIP0.90を記録。全試合で好投したものの打線の援護は計6点と少なく、救援失敗などもあって個人成績は1勝(1敗)に終わるも優秀選手賞を受賞した。MVPは3戦に先発し3勝した松坂大輔であったが、松坂本人はMVPは岩隈だと思ったらしく「クマにちょっと悪いな」と語っており、決勝戦直後のシャンパンファイトでは、チームメイトらから「クマ!クマ!クマ!」のかけ声で胴上げを受けた。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た横浜DeNAベイスターズ

    、オリックスとの開幕戦では5安打1失点完投の好投を見せるも、打線が金子千尋に4安打完封と抑えこまれ、敗戦投手となった。その後もなかなか勝ちがつかず、初勝利は4月10日の対オリックス戦であった。4月17日の対ソフトバンク戦で初の完投勝利を挙げると、4月24日の対日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封勝利を挙げる。6月5日の対横浜ベイスターズ戦では三浦大輔から三振を奪い、通算1000奪三振を記録。7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦では涌井秀章に投げ勝ち、8月31日の対ロッテ戦では通算100勝を6回無失点の好投で飾った。最終的に防御率2.82、WHIP1.09(共にリーグ4位)の好成績を記録するものの、リーグ最下位の得点援護率3.46と援護に恵まれず、10勝9敗に終わったが、3年連続二桁勝利を達成。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示

「岩隈久志」のニューストピックワード