前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示
  • 2000年のテレビドラマ (日本)

    2000年のテレビドラマ (日本)から見た岸谷五朗岸谷五朗

    出演:広末涼子、桃井かおり、岸谷五朗、篠原涼子、吉本多香美、仲村トオル 他2000年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビドラマ (日本)

    2017年のテレビドラマ (日本)から見た岸谷五朗岸谷五朗

    テレビ朝日系にて、二上剛の小説を原作とするスペシャルミステリードラマ『黒薔薇 〜刑事課強行犯係 神木恭子〜』(岸谷五朗・貫地谷しほりのダブル主演)を放送(22:00 - 翌0:08)。当初、3月19日の『日曜エンタ・最終回』で放送予定であったが、『日曜エンタ・最終回』の前述の渡瀬恒彦追悼特番へのラインナップ変更で延期となっていた。2017年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 夜明けの街で

    夜明けの街でから見た岸谷五朗岸谷五朗

    2011年に若松節朗監督、岸谷五朗・深田恭子主演で映画化された。夜明けの街で フレッシュアイペディアより)

  • 月はどっちに出ている

    月はどっちに出ているから見た岸谷五朗岸谷五朗

    原作は梁石日の自伝的小説『タクシー狂操曲』であり、これを崔洋一と鄭義信が脚色している。監督は崔洋一、主演は石橋凌(ドラマ版)、岸谷五朗(映画版)、ルビー・モレノである。月はどっちに出ている フレッシュアイペディアより)

  • 夜の終る時

    夜の終る時から見た岸谷五朗岸谷五朗

    2007年12月10日にTBS系「月曜ゴールデン」で放送された。主演は岸谷五朗夜の終る時 フレッシュアイペディアより)

  • なにさまっ!

    なにさまっ!から見た岸谷五朗岸谷五朗

    『なにさまっ!』は、1998年10月11日から12月20日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「東芝日曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。全11話。主演は岸谷五朗なにさまっ! フレッシュアイペディアより)

  • 地球ゴージャス

    地球ゴージャスから見た岸谷五朗岸谷五朗

    地球ゴージャス(ちきゅうゴージャス)は、俳優の岸谷五朗と寺脇康文による日本の演劇ユニット。1994年の結成以降、1〜2年ごとにプロデュース公演を上演している。地球ゴージャス フレッシュアイペディアより)

  • 海盗セブン

    海盗セブンから見た岸谷五朗岸谷五朗

    『海盗セブン』(かいとうセブン)とは、岸谷五朗、寺脇康文による演劇ユニット地球ゴージャスが手掛けるミュージカル作品である。Vol.12として制作され、2012年春より全国5カ所で最大規模となる12万人を動員した。海盗セブン フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗の東京RADIO CLUB

    岸谷五朗の東京RADIO CLUBから見た岸谷五朗岸谷五朗

    メインパーソナリティは、当時スーパー・エキセントリック・シアター(S.E.T.)の劇団員で「ヤングパラダイス」にも出演していた岸谷五朗。ホンジャマカの恵俊彰も全期間を通じて共演した。2人とも番組開始時は無名に近かったが、本番組が知名度・人気を獲得する契機となった。また、S.E.T.のメンバーだった寺脇康文や山田幸伸、尾口えり子(現:おぐちえりこ)らもレギュラー出演した。岸谷五朗の東京RADIO CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 一番大切な人は誰ですか?

    一番大切な人は誰ですか?から見た岸谷五朗岸谷五朗

    脚本は、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」において脇役もていねいに描くことによって日常生活を瑞々しく描いた大森寿美男、演出は「ごくせん」、「すいか」 の佐藤東弥である。さりげない会話、食事の場面、小道具の使い方にも好感が持てる。主役であり、別れた妻子と同じ町に住むという難しい役には、「てるてる家族」において、気が弱いがやさしい父親を演じた岸谷五朗、元妻には、映画においては活躍しているが民放の連続テレビドラマは久しぶりに出演する宮沢りえを配したので、なにげないやりとりも注目される。また、牧瀬里穂と宮沢は、1991年のフジテレビドラマ「聖夜に抱きしめて」以来、実に13年ぶりの共演となった。劇伴は前クールに同枠の『ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏』を担当した池頼広が続投する。一番大切な人は誰ですか? フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示

「岸谷五朗」のニューストピックワード