125件中 11 - 20件表示
  • 桑田佳祐のやさしい夜遊び

    桑田佳祐のやさしい夜遊びから見た岸谷五朗岸谷五朗

    桑田がスケジュールの都合(年末年始やお盆期間、コンサートで東京以外に滞在中の場合など)などにより出演できない場合は、事前に収録した録音番組となるが、急な場合はこれに限らない。桑田が体調を崩した際、岸谷五朗が代わりにパーソナリティを務めた(2004年11月27日放送)。なお録音となる場合は事前(大抵前々週の放送)に録音を行う告知が行われ、お便りの募集を行う。桑田佳祐のやさしい夜遊び フレッシュアイペディアより)

  • 月はどっちに出ている

    月はどっちに出ているから見た岸谷五朗岸谷五朗

    『月はどっちに出ている』(つきはどっちにでている)は、1993年放映のテレビ映画、および同年公開の日本映画である。いずれも監督は崔洋一、原作は梁石日の自伝的小説『タクシー狂操曲』であり、いずれもこれを崔と鄭義信が脚色している。主演は石橋凌(ドラマ版)、岸谷五朗(映画版)、ルビー・モレノである。月はどっちに出ている フレッシュアイペディアより)

  • ヤングパラダイス

    ヤングパラダイスから見た岸谷五朗岸谷五朗

    三宅以外にも小倉久寛・八木橋修・今村明美などのSET劇団員の他、当時の劇団若手3人組(寺脇康文・岸谷五朗・山田幸伸)が「SET隊(せったい)」としてコントやコーナーに出演していた。岸谷はヤンパラの終了から半年後、TBSラジオで『岸谷五朗の東京RADIO CLUB』のパーソナリティに抜擢され、彼もまた三宅同様一気に知名度を獲得していくことになる。ヤングパラダイス フレッシュアイペディアより)

  • 本田美奈子.

    本田美奈子.から見た岸谷五朗岸谷五朗

    サザンオールスターズの楽曲をベースに桑田佳祐による書き下ろしを加えて作られた『クラウディア』は岸谷五朗と寺脇康文の主催する演劇ユニット、地球ゴージャスによる初めてのミュージカルで、彼女がそれまで出演してきた作品とはスタッフの顔ぶれも制作手法も異なるものだった。しかし本田は稽古の際のマット運動でむち打ちになるなどのトラブルに遭遇しながらも、仲間意識を最も大切にする岸谷の方針を共有しつつ役柄を作り上げていった。「可憐であり、けなげであり、強さも持っている」と岸谷が評したヒロイン、クラウディアの演技が彼女にとって最後のミュージカル出演となった。本田美奈子. フレッシュアイペディアより)

  • 福山雅治

    福山雅治から見た岸谷五朗岸谷五朗

    岸谷五朗 - 自身が監督を務める映画『キラー・ヴァージンロード』に楽曲提供を依頼し、福山が快諾して主題歌『旅人』を提供した。24時間ラジオでは、福山がアンプラグドライブの準備のためにブースを抜けた際に寺脇康文と共にピンチヒッターとして登場した。福山雅治 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ

    フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマから見た岸谷五朗岸谷五朗

    出演:和久井映見、唐沢寿明、岸谷五朗、鶴田真由ほかフジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 津田恒実

    津田恒実から見た岸谷五朗岸谷五朗

    こうした野球人生は多くのファンに強い印象を残した。2000年には、晃代夫人の著書「最後のストライク」が岸谷五朗主演でドラマ化された。また、鹿児島市の居酒屋「のん呑ん亭」の店の壁にある、津田をテーマとした詩が、FMラジオ番組で紹介されて話題になったこともある。ある詩人が即興で書いたものだが、ラジオでの紹介をきっかけに存在が広まり、後には津田の家族や関係者が来店するようになったという。津田恒実 フレッシュアイペディアより)

  • 木根尚登

    木根尚登から見た岸谷五朗岸谷五朗

    岸谷五朗「明日、吹く風」木根尚登 フレッシュアイペディアより)

  • 月の輝く夜だから

    月の輝く夜だからから見た岸谷五朗岸谷五朗

    門倉信(岸谷五朗) : 元ヤクザ月の輝く夜だから フレッシュアイペディアより)

  • イブニング親父。

    イブニング親父。から見た岸谷五朗岸谷五朗

    アクト・アゲインスト・エイズ'98のコンサートのために結成されたグループ。岸谷五朗、寺脇康文、唐沢寿明、西村雅彦、京本政樹から成り、同コンサートで『サマーナイトタウン』を歌った。イブニング親父。 フレッシュアイペディアより)

125件中 11 - 20件表示

「岸谷五朗」のニューストピックワード