151件中 81 - 90件表示
  • 崔洋一

    崔洋一から見た岸谷五朗岸谷五朗

    1993年(平成5年)、日本衛星放送(現WOWOW)のプロデューサー仙頭武則が立ち上げた「J・MOVIE・WARS」シリーズでのテレビ映画『J・MOVIE・WARS 月はどっちに出ている』(主演石橋凌)にひきつづき、シネカノンの李鳳宇のプロデュースのもとに手がけた『月はどっちに出ている』(主演岸谷五朗)で報知映画賞、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールほかの各賞、各部門賞受賞のほか、第17回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞にノミネートされる。崔洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た岸谷五朗岸谷五朗

    男優主演賞 岸谷五朗『月はどっちに出ている』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 第17回日本アカデミー賞

    第17回日本アカデミー賞から見た岸谷五朗岸谷五朗

    岸谷五朗(月はどっちに出ている) 第17回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐古賢一

    佐古賢一から見た岸谷五朗岸谷五朗

    2008年1月5日にNHKによりTVドラマ化され、佐古役を岸谷五朗が演じた。佐古賢一 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た岸谷五朗岸谷五朗

    新人賞 岸谷五朗『月はどっちに出ている』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 恵 俊彰

    恵俊彰から見た岸谷五朗岸谷五朗

    元々は「小デブ」として売り出しており、相方の石塚と区別が付かない程だった。しかし、友人の岸谷五朗に太っていることを貶されるなどの理由から20時以降は何も食べないなどしてダイエットした結果20kgの減量に成功。それ以来は「痩せている方」と言われるようになった。相方の石塚はこのことについて「恵が食べなくなったので、その分自分が食べて余計に太った」などとネタで話すことがある。恵俊彰 フレッシュアイペディアより)

  • 森雪之丞

    森雪之丞から見た岸谷五朗岸谷五朗

    アクト・アゲインスト・エイズではみずからポエトリーリーディング(詩の朗読)を披露。2003年、2005年には岸谷五朗とともにポエトリーリーディングとフィジカルパフォーマンスで構成された『POEMIX(ポエミクス)』を上演。森雪之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 監査役野崎修平

    監査役野崎修平から見た岸谷五朗岸谷五朗

    武田真吾 - 岸谷五朗 : 専務。関連会社おおぞら興産社長から呼び戻された。林専務の後任。監査役野崎修平 フレッシュアイペディアより)

  • TBSラジオ平日夜ワイド番組

    TBSラジオ平日夜ワイド番組から見た岸谷五朗岸谷五朗

    1986年(昭和61年)10月改編では『ハローナイト』をスタートさせて大人向け路線に転換するも、後継の『ロンペーの夜に乾杯』と共に失敗に終わった。こうして1990年(平成2年)10月改編の『岸谷五朗の東京RADIO CLUB』で再びTBSラジオの夜枠は若者向け路線に戻る(なお、この頃TBSラジオは月 - 土曜の夜に放送される若者向け番組枠を『TBS RADIO 2(TBSレディオクラブ)』と銘打っている)。『東京RADIO CLUB』では、文化放送が『今夜もBREAK OUT ラジオバカナリヤ』→『キッチュ!夜マゲドンの奇蹟』でコアなリスナー層を狙ったこともあって1980年代を通じた長期低落傾向に歯止めをかけることができたが、パーソナリティであった岸谷五朗が俳優として大ブレイクしてしまい、スケジュールの都合上金曜日の放送を恵俊彰と今田耕司に任せるようになり、岸谷の「役者に専念したい」という意向を受けて1994年(平成6年)10月改編で終了した。TBSラジオ平日夜ワイド番組 フレッシュアイペディアより)

  • 小松隆志 (映画監督)

    小松隆志 (映画監督)から見た岸谷五朗岸谷五朗

    岸谷五朗/あの鐘を鳴らせ(1992年)(シングル)小松隆志 (映画監督) フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「岸谷五朗」のニューストピックワード