前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示
  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たプリンセス プリンセス

    岸谷 五朗(きしたに ごろう、1964年9月27日 - )は、日本の俳優、ディスクジョッキー。所属事務所はアミューズ。東京都武蔵野市出身。東京都立小平高等学校卒業。中央大学商学部中退。O型。妻はプリンセス プリンセスの岸谷香(旧姓・奥居)。身長175cm。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たフジテレビジョン

    追いかけたいの!(1988年、フジテレビ) - 太古岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た寺脇康文

    大学在学中の1983年に三宅裕司が主催する劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。履歴書に特攻服姿の自分の写真を使う、入団試験の課題の一人芝居として、土下座する相手を死刑にするという芝居を行うなどして三宅を驚かせた。同年に若手公演の『夜明けのミステリーはローズマリー風味』で初舞台を踏み、看板俳優として活躍。1987年に同劇団の寺脇康文、山田幸伸とユニット「SET隊」(せったい)を結成し、ラジオドラマやコントなどの活動を行う。昔、詐欺事件に関与して告訴された経験がある事(のちに告訴取り下げ)をテレビの深夜番組本番中に三宅に暴露されたことから劇団との溝ができ(岸谷は何も語っていないが三宅本人が情報誌の中で語っている)、また役者として独り立ちする為1994年に劇団を退団。この後、テレビ局のメイクルームで三宅と鉢合せし、三宅からは『大物になった』という趣旨で冷やかされ、恐縮したと話している。同時に退団した寺脇とは、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。寺脇とは、地球ゴージャス公演の脚本を執筆する際にお互いの家を行き来する仲でもある。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た三宅裕司

    大学在学中の1983年に三宅裕司が主催する劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。履歴書に特攻服姿の自分の写真を使う、入団試験の課題の一人芝居として、土下座する相手を死刑にするという芝居を行うなどして三宅を驚かせた。同年に若手公演の『夜明けのミステリーはローズマリー風味』で初舞台を踏み、看板俳優として活躍。1987年に同劇団の寺脇康文、山田幸伸とユニット「SET隊」(せったい)を結成し、ラジオドラマやコントなどの活動を行う。昔、詐欺事件に関与して告訴された経験がある事(のちに告訴取り下げ)をテレビの深夜番組本番中に三宅に暴露されたことから劇団との溝ができ(岸谷は何も語っていないが三宅本人が情報誌の中で語っている)、また役者として独り立ちする為1994年に劇団を退団。この後、テレビ局のメイクルームで三宅と鉢合せし、三宅からは『大物になった』という趣旨で冷やかされ、恐縮したと話している。同時に退団した寺脇とは、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。寺脇とは、地球ゴージャス公演の脚本を執筆する際にお互いの家を行き来する仲でもある。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た桑田佳祐

    世界エイズデーに全国で開かれていれる『AAA〜アクト・アゲインスト・エイズ』の発起人でもあり、1993年以降(近年は主に武道館で)自らチャリティコンサートをプロデュース・演出し、募金活動を続けている。AAA関連の人物との交流が深く、ファンでもある桑田佳祐のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』にも出演している。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たEXILEEXILE

    2011年8月には、劇団EXILE W-IMPACT『レッドクリフ 〜愛〜』では、スタッフの一員として演出を担当する。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たホンジャマカホンジャマカ

    TBSラジオで放送していた『岸谷五朗の東京RADIO CLUB』で初めてディスクジョッキーとなり、ホンジャマカの恵俊彰と共演。この番組がきっかけで2人の知名度が急上昇。映画『月はどっちに出ている』では主役に抜擢され、以後(寺脇康文より若干遅く)テレビドラマや映画に引っ張りだことなる。テレビ小説「てるてる家族」では関西弁を音符に置き換えて習得した。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た小室哲哉

    レディオ・クラブの直後のTMNの生放送番組内で、突発的に小室哲哉が、『(小規模の)イベントをやりたい』、『そのMCに岸谷はどうか』という趣旨の発言をしたため、スタッフの配慮からか既に帰宅途中であった岸谷がTBS社屋(TMNの番組の生放送ブース)まで呼び戻されたことがある。その際、TMNのメンバーから『女の部屋にいたのか?』と質問をされて、『サウナにいた』と答えている。レディオ・クラブに度々ゲスト出演していたTMNのメンバーからは、『五朗ちゃん』と呼ばれていた。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た木根尚登

    あの鐘を鳴らせ(1992年/ソニーレコード) - 岸谷自身が作詞、後に結婚する奥居香が作曲。C/W曲「明日、吹く風」は木根尚登作曲。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た今田耕司

    映画『平成無責任一家東京デラックス』の出演者と共に『東京デラックスシンガーズ』として『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に出演した際には、深夜のお笑い番組でSET隊とダウンタウンが共演していた頃のエピソードを披露した。当時の収録現場のダウンタウンは、後輩である今田耕司等とつるみ強面な空気を出していた、という趣旨の発言をした。ダウンタウンは、岸谷がお笑いを辞めて俳優として有名になったことを責めた。お互いに感慨深かったようで当時を懐かしみ、終始和気藹々とした空気であった。ダウンタウンからも『五朗ちゃん』と呼ばれていた。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示

「岸谷五朗」のニューストピックワード

  • 戦国無双 〜真田丸〜

  • LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒

  • SG/ZH SchoolGirl/ZombieHunter(スクールガールゾンビハンター)