128件中 51 - 60件表示
  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たレッドクリフ

    2011年8月には、劇団EXILE W-IMPACT『レッドクリフ 〜愛〜』では、スタッフの一員として演出を担当する。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た残念な夫。

    残念な夫。(2015年1月 - 3月、フジテレビ) - 細井茂岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た怪談百物語

    怪談百物語 第5話「耳なし芳一」(2002年、フジテレビ) - 芳一岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た大奥 (2006年の映画)

    大奥(2006年) - 秋元但馬守喬知※友情出演岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た夜の終る時

    夜の終る時(2007年12月10日、TBS)- 主演・菅井岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たスーパー・エキセントリック・シアター

    中大在学中の1983年に三宅裕司が主宰する劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。履歴書に特攻服姿の自分の写真を使う、入団試験の課題の一人芝居として、土下座する相手を死刑にするという芝居を行うなどして三宅を驚かせた。同年に若手公演の『夜明けのミステリーはローズマリー風味』で初舞台を踏み、看板俳優として活躍。1987年に同劇団の寺脇康文、山田幸伸とユニット「SET隊」(せったい)を結成し、ラジオドラマやコントなどの活動を行う。昔、詐欺事件に関与して告訴された経験がある事(のちに告訴取り下げ)をテレビの深夜番組本番中に三宅に暴露されたことから劇団との溝ができ(岸谷は何も語っていないが三宅本人が情報誌の中で語っている)、また役者として独り立ちする為1994年に劇団を退団。この後、テレビ局のメイクルームで三宅と鉢合せし、三宅からは『大物になった』という趣旨で冷やかされ、恐縮したと話している。同時に退団した寺脇とは、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。寺脇とは、地球ゴージャス公演の脚本を執筆する際にお互いの家を行き来する仲でもある。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見た三宅裕司のサンデーヒットパラダイス

    三宅裕司のサンデーヒットパラダイス※三宅が病気療養に入ったため、代打パーソナリティとして出演岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たキラー・ヴァージンロード

    2009年公開のキラー・ヴァージンロードで初の映画監督に挑む。岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たキネマ旬報賞

    第39回キネマ旬報賞新人男優賞『月はどっちに出ている』岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗

    岸谷五朗から見たテミスの求刑

    テミスの求刑(2015年5月、WOWOW) - 田島亮二岸谷五朗 フレッシュアイペディアより)

128件中 51 - 60件表示

「岸谷五朗」のニューストピックワード