前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
278件中 1 - 10件表示
  • ミス仙台

    ミス仙台から見た島倉千代子島倉千代子

    仙台において二葉あき子(当時21歳)の歌唱でヒットし、戦中・戦後は青春の歌として会合や酒宴で出席者が一緒に歌う愛唱歌となった。高度経済成長期には支店経済都市となった仙台に異動してきた転勤族らにも(二代目)コロムビア・ローズ(当時18歳)の歌唱で親しまれた。安定成長期に入ると島倉千代子(当時36歳)の歌唱で「七夕おどり」と共に盆踊り曲としても浸透した。誕生から約80年が経ち、歌詞に描かれた仙台と現在の仙台との間にズレが生じているが、仙台七夕のBGMの定番として今も親しまれている。ミス仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤実

    遠藤実から見た島倉千代子島倉千代子

    その後日本マーキュリーの専属作曲家となる。1957年、日本マーキュリーより発売された「お月さん今晩わ」(作詞:松村又一、歌:藤島桓夫)がヒット。1958年、日本コロムビアから「からたち日記」(作詞:西沢爽、歌:島倉千代子)を発表し大ヒット。その後日本コロムビア専属になる。遠藤実 フレッシュアイペディアより)

  • 下田市

    下田市から見た島倉千代子島倉千代子

    歌謡曲「下田の千鳥」:1956年 島倉千代子(唄)、奥野椰子夫(詞)、平川英夫(曲)下田市 フレッシュアイペディアより)

  • 細木数子

    細木数子から見た島倉千代子島倉千代子

    1975年に4億円の負債を抱えた島倉千代子の後見人としてこれを解決、島倉の興行の権利、レコードの販売権、同歌手の所有していた赤坂のマンションを手に入れた。細木数子 フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見た島倉千代子島倉千代子

    この東京ドーム公演の会場客席には、中村メイコと浅丘ルリ子、森光子や島倉千代子に岸本加世子など、ひばりと特に懇意のある芸能人達も駆けつけていた。ひばりはフィナーレの「人生一路」を歌い終えると、思い通りに歌えなかったのかマイクをスタンドに戻す際に一瞬首を傾げていた(彼女の日記にも、自身が満足のいく出来にできなかったことへの苦悩とこの調子であと何年もつのかという不安が書かれている)。この頃のひばりは既に、体調の悪化で前年の退院会見の頃と比べると痩せて、脚の激痛に耐えながら合計39曲を熱唱した。常人であれば歌うことはもちろん、立つことすら難しい病状の中でステージに立った。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • 第33回NHK紅白歌合戦

    第33回NHK紅白歌合戦から見た島倉千代子島倉千代子

    前回に引き続き曲順発表前に両軍共にトリ候補を事前に公表する試みを行った。紅組は八代亜紀、島倉千代子、都はるみ、白組は五木ひろし、村田英雄、森進一との布陣で発表される。「名曲紅白」とのテーマに沿って「影を慕いて」を歌唱する森の白組トリおよび大トリ起用が先に決定し、その相手として島倉と都が考慮されたが、「影を慕いて」というマイナー演歌に対抗するにはマイナー曲でとの声が高まり、「涙の連絡船」を歌唱する都の選出が決まった。第33回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 山形英夫

    山形英夫から見た島倉千代子島倉千代子

    「港の人気者」、「船頭子守唄」、「祇園まつり音頭」(島倉千代子とのデュエット)、「俺はエトランゼ」などのヒット曲がある。山形英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 馬渕玄三

    馬渕玄三から見た島倉千代子島倉千代子

    1948年(昭和23年)、25歳のころ、レコード会社の日本コロムビアに入社。営業・販売・宣伝畑を10年歩いたあと、1958年(昭和33年)、ディレクターとなる。当時、新米ディレクターながら、島倉千代子の『からたち日記』(1958年)を手がけ、大ヒットさせる。1960年(昭和35年)の小林旭の代表曲『さすらい』も手がけている。1961年(昭和36年)ころから、同社専属であった美空ひばりを3年間担当し、信頼されるようになる。馬渕玄三 フレッシュアイペディアより)

  • フランク永井

    フランク永井から見た島倉千代子島倉千代子

    日本レコード大賞では大賞を1回、歌唱賞を2回、特別賞を3回受賞している。NHK紅白歌合戦の常連出場者としても知られ、1957年(昭和32年)の第8回から1982年(昭和57年)の第33回まで連続26回出場し、現役出場時は島倉千代子と並んで最多出場者の記録を持っていた。昭和50年代以後も「おまえに」、「公園の手品師」、"WOMAN"(山下達郎作詞・作曲)などヒット作や話題作を送り出し、1980年代に入ってからも自身の歌の原点であるジャズ・スタンダードを精力的に唄い始めるなど、歌謡界には比較的珍しい非・演歌系の大御所歌手として存在感を示していた。しかし1983年(昭和58年)の「第34回NHK紅白歌合戦」は落選となり、このことは当時の永井にとって大きなショックだったとも言われる。その後は後述の自殺未遂事件の影響で、紅白歌合戦へのカムバック出演を果たすことはできなかった。フランク永井 フレッシュアイペディアより)

  • この世の花

    この世の花から見た島倉千代子島倉千代子

    『この世の花』(このよのはな)は、雑誌「明星」に連載された北条誠の小説、また、1955年(昭和30年)公開の映画および島倉千代子が歌った同映画の主題歌のタイトル。この世の花 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
278件中 1 - 10件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード