前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示
  • 寺西一浩

    寺西一浩から見た島倉千代子島倉千代子

    3歳で、女優の山岡久乃に見初められ子役として活動。慶應義塾大学法学部を卒業。慶應大学在学中に出版したエッセイ『ありがとう眞紀子さん』が話題となり文壇デビュー。その後、24歳の時、業界最年少で芸能プロダクション、株式会社トラストミュージックエンタテインメント代表取締役に就任し、歌手の島倉千代子歌手生活50周年事業を成功させる。その後は、小説家、プロデューサーとして活躍。2009年、株式会社ヒューマンピクチャーズ代表取締役に就任。2011年、「女優」が映画化されるにあたり、自身が監督としてデビューすることが発表され、アジアの大手ポータルサイトで大々的に取り上げられた。寺西一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤実

    遠藤実から見た島倉千代子島倉千代子

    1965年、島倉千代子らのパトロンだった中山幸市(太平住宅創業者)の出資による太平音響株式会社の設立に加わり専務取締役となり、1966年には自叙伝『太陽も笑っている』が映画化され、『太陽に突っ走れ』 (演 : 千葉真一) が東映から製作配給された。遠藤実 フレッシュアイペディアより)

  • 細木数子

    細木数子から見た島倉千代子島倉千代子

    1975年に4億円の負債を抱えた島倉千代子の後見人としてこれを解決、島倉の興行の権利、レコードの販売権、同歌手の所有していた赤坂のマンションを手に入れた。細木数子 フレッシュアイペディアより)

  • 下田市

    下田市から見た島倉千代子島倉千代子

    歌謡曲「下田の千鳥」:1956年 島倉千代子(唄)、奥野椰子夫(詞)、平川英夫(曲)下田市 フレッシュアイペディアより)

  • 積木くずし

    積木くずしから見た島倉千代子島倉千代子

    この年の11月には東宝企画製作の映画版『積木くずし』が東宝系列で公開された。主演は当初テレビ版と同じく高部知子が予定されていたが、高部のスキャンダルによる芸能活動自粛により、代役に渡辺典子が立てられた。穂積家と親交の深かった島倉千代子が主題歌を、横浜銀蝿の弟分バンドの紅麗威甦(グリース 俳優の杉本哲太がボーカル)が挿入歌を担当している。積木くずし フレッシュアイペディアより)

  • 中山大三郎

    中山大三郎から見た島倉千代子島倉千代子

    クラウンレコードの専属作曲家を経て、尾形大作の『無錫(むしゃく)旅情』、島倉千代子の『人生いろいろ』、天童よしみの『珍島物語|珍島(ちんど)物語』などの大ヒット曲を作詞、作曲した。中山大三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西沢爽

    西沢爽から見た島倉千代子島倉千代子

    東京府出身。1954年(昭和29年)から日本コロムビアの専属となり、島倉千代子「からたち日記」、美空ひばり「ひばりの佐渡情話」、「東京ワルツ」、「さすらい」など数々のヒット曲を世に送り、戦後の大衆音楽に多大な影響を与えた。西沢爽 フレッシュアイペディアより)

  • 山形英夫

    山形英夫から見た島倉千代子島倉千代子

    「港の人気者」、「船頭子守唄」、「祇園まつり音頭」(島倉千代子とのデュエット)、「俺はエトランゼ」などのヒット曲がある。山形英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 市川昭介

    市川昭介から見た島倉千代子島倉千代子

    1961年(昭和36年)、島倉千代子が歌い第3回日本レコード大賞作曲奨励賞を受賞した『恋しているんだもん』でデビュー。市川昭介 フレッシュアイペディアより)

  • すわ親治

    すわ親治から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子/恋しているんだもん の替え歌で「♪小雪と小夏孕ませて〜」すわ親治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード