278件中 11 - 20件表示
  • 沢知恵

    沢知恵から見た島倉千代子島倉千代子

    沢は、カヴァ・ワークの多さ、秀逸さという点でも高く評価されている。過去のアルバムやライヴでは、さだまさし、松田聖子、荒井由実、美空ひばり、島倉千代子、長渕剛、小椋佳、泉谷しげる、モンゴル800、ブルーハーツ、山口洋(ヒートウェイヴ)&ソウル・フラワー・ユニオン、尾崎豊、武満徹、ニーナ・シモン、サム・クック、マーヴィン・ゲイ、ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、シンディ・ローパー、キャロル・キング、ジョン・レノン等々、内外のたくさんのシンガー/作家の作品をカヴァしてきている。その領域は日本の童謡や唱歌、フォーク、パンク、欧米のポップスやソウル、賛美歌など驚くほど多岐にわたっているが、ここでもやはり、言葉/歌詞の伝達、表現というポイントは最大限に重視されている。結果、その作品が持つ本来の魅力やメッセージがオリジナル版以上に顕になることが少なくなく、オリジナル・パフォーマーの新たなファン獲得にもつながっている。沢知恵 フレッシュアイペディアより)

  • いちばんきれいな星

    いちばんきれいな星から見た島倉千代子島倉千代子

    作詞:森浩美、作曲:大泉邦男、編曲:亀田誠治、歌:島倉千代子いちばんきれいな星 フレッシュアイペディアより)

  • 草加次郎事件

    草加次郎事件から見た島倉千代子島倉千代子

    11月4日、歌手の島倉千代子後援会事務所に爆発物を郵送し、同事務員を負傷させる。郵便物に「草加次郎」のサインを残す。草加次郎事件 フレッシュアイペディアより)

  • 西沢爽

    西沢爽から見た島倉千代子島倉千代子

    東京府出身。1954年(昭和29年)から日本コロムビアの専属となり、島倉千代子「からたち日記」、美空ひばり「ひばりの佐渡情話」、「波止場だよ、お父つぁん」、「東京ワルツ」、「さすらい」など数々のヒット曲を世に送り、戦後の大衆音楽に多大な影響を与えた。西沢爽 フレッシュアイペディアより)

  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た島倉千代子島倉千代子

    7月15日「この人藤山一郎ショー」(司会:中村メイコ、ゲスト:岡本太郎・島倉千代子この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 第39回NHK紅白歌合戦

    第39回NHK紅白歌合戦から見た島倉千代子島倉千代子

    今回のトリ選考では、紅組は当初松田聖子が最有力候補だった。その後、「タンスにゴン」のCMが話題になり『歌謡パレード』の今月の歌として発表された「紅とんぼ」を持つ復帰出場のちあきなおみが急追。さらに土壇場で「人生いろいろ」の大ヒットで復帰出場を果たした島倉千代子、「雪椿」がロングヒットを記録していた小林が参戦してくる構図となり、最終的に小林が選出される運びとなった。白組は例年通り北島、森進一、五木ひろし(前回担当者)の接戦となったが、白組司会兼任の加山の「My Way」で締め括ろうという案も出され、紅組以上に混戦状態になった。最終的に「今回は人物ではなく全体的な演出のひとつとして、曲で決めました」と、北島の起用が決定した。第39回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • すわ親治

    すわ親治から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子/恋しているんだもん の替え歌で「♪小雪と小夏孕ませて〜」すわ親治 フレッシュアイペディアより)

  • 積木くずし

    積木くずしから見た島倉千代子島倉千代子

    ドラマのヒットを受けて、1983年の11月には東宝企画製作の映画版『積木くずし』が東宝系列で公開された。主演は当初テレビ版と同じく高部知子が予定されていたが、高部のスキャンダルによる芸能活動自粛により、代役に渡辺典子が立てられた。穂積家と親交の深かった島倉千代子が主題歌を、横浜銀蝿の弟分バンドの紅麗威甦(グリース 俳優の杉本哲太がボーカル)が挿入歌を担当している。積木くずし フレッシュアイペディアより)

  • 邦ちゃんのやまだかつてないテレビ

    邦ちゃんのやまだかつてないテレビから見た島倉千代子島倉千代子

    土井たか子、加賀まりこ、欧陽菲菲、島倉千代子、サンプラザ中野(爆風スランプ)、工藤静香など邦ちゃんのやまだかつてないテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 三波春夫

    三波春夫から見た島倉千代子島倉千代子

    1986年(昭和61年)、11月、紫綬褒章受章。12月、第37回NHK紅白歌合戦に、白組歌手として当時最多記録となる29年連続29回目の出場を果たす(ちなみにこの時点の史上最多出場は30年連続出場の島倉千代子)。だが、翌1987年(昭和62年)の第38回NHK紅白歌合戦は、出場歌手の選出方法が大幅に変更になった事も影響し、出場歌手発表前の11月6日に島倉が「30回と言う区切りを大切にしたい」と出場辞退を発表、三波も同月25日、「後進に道を譲りたい」として辞退することを発表した。その2年後、1989年(平成元年)の第40回NHK紅白歌合戦に、3年ぶり30回目の復帰出場。紅白が40回目である事に加え、元号が「昭和」から「平成」へ変わって初の紅白であるため、初の2部構成、4時間20分に及ぶ特別編成となった。三波は「第一部・昭和の紅白」に出場し、「東京五輪音頭」を歌っている。三波春夫 フレッシュアイペディアより)

278件中 11 - 20件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード