214件中 11 - 20件表示
  • 上原げんと

    上原げんとから見た島倉千代子島倉千代子

    戦後はコロムビアレコードに移籍し、美空ひばり、初代コロムビア・ローズ、島倉千代子などに曲を提供する。上原げんと フレッシュアイペディアより)

  • 浜口庫之助

    浜口庫之助から見た島倉千代子島倉千代子

    晩年の1987年には、島倉千代子に楽曲提供した『人生いろいろ』(作詞:中山大三郎)が大ヒット、翌1988年には日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。また島倉は1987年末の第38回NHK紅白歌合戦を「卒業宣言」して出場辞退したが、当時病気療養中の浜口に対して、島倉は「私が歌う姿を見て元気になって欲しい」と思い直し、1988年暮れの第39回NHK紅白歌合戦に2年ぶり31回目の紅白復帰を決意、『人生いろいろ』を歌唱した。浜口庫之助 フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見た島倉千代子島倉千代子

    1966年に『夢見る乙女』を作詞し、弘田三枝子へ提供した。ペンネームで「加藤和枝」の名前を使用した。その際ひばりは敢えてシングルB面での発売を要請したという。また、『十五夜』『片瀬月』『ランプの宿で』の3曲は生涯に渡って実の妹のように可愛がっていた島倉千代子に提供された。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • 三波春夫

    三波春夫から見た島倉千代子島倉千代子

    1986年の第37回NHK紅白歌合戦に、白組歌手として当時最多記録の29年連続29回目の出場を果たす。しかし翌1987年の第38回NHK紅白歌合戦へは、紅組歌手の最多出場者だった島倉千代子と共に、出場辞退を宣言した。その3年後、1989年の第40回NHK紅白歌合戦には、3年ぶり30回目の復帰出場(第一部・「昭和の紅白」コーナー出演。披露曲は「東京五輪音頭」)となり、同曲の紅白での披露は三波にとって最初で最後でもあった。三波春夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小林 幸子

    小林幸子から見た島倉千代子島倉千代子

    翌1964年には新潟市内で肉屋を営んでいた家族とともに上京して古賀事務所に所属し、古賀作曲の『ウソツキ鴎』でデビューする。デビュー曲がいきなり20万枚のヒット曲となる。「天才少女歌手・ひばり二世」として、大映映画では子役としても活躍した。当時まだ9歳の子供だったために楽屋内でワイワイ騒いでいたところをある先輩歌手が激怒し、島倉千代子にすぐに注意して来いといわれて島倉が嫌々仕方なしに小林の元へ注意にいったとNHK『ふたりのビッグショー』のトークで語った。「お幸、楽屋というところはステージに立つ前の神聖な場所なのだから騒いだりするところじゃないのよ」と注意したそう。その当時から島倉のことを「母さん」と呼び慕い、島倉も「幸」と呼んで、現在まで自分の娘のように可愛がっており親交が深いという。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 石川 さゆり

    石川さゆりから見た島倉千代子島倉千代子

    小学1年の時、島倉千代子の歌謡ショーに接し感動、次第に歌手を志すようになる。小学5年10歳の時に一家で横浜市神奈川区に転居、のち歌のレッスンを受け始める。石川さゆり フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の音楽

    1988年の音楽から見た島倉千代子島倉千代子

    最優秀歌唱賞 島倉千代子/人生いろいろ、最優秀新人賞 男闘呼組/DAY BREAK1988年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • フランク永井

    フランク永井から見た島倉千代子島倉千代子

    日本レコード大賞では大賞を1回、歌唱賞を2回、特別賞を3回受賞している。NHK紅白歌合戦の常連出場者としても知られ、1957年(昭和32年)の第8回から1982年(昭和57年)の第33回まで連続26回出場し、現役出場時は島倉千代子と並んで最多出場者の記録を持っていた。昭和50年代以後も『おまえに』『公園の手品師』『WOMAN』(山下達郎作詞・作曲)などヒット作や話題作を送り出し、1980年代に入ってからも自身の歌の原点であるジャズ・スタンダードを精力的に唄い始めるなど、歌謡界には比較的珍しい非・演歌系の大御所歌手として存在感を示していた。しかし1983年(昭和58年)の第34回NHK紅白歌合戦は落選となり、又このことは当時の永井にとって大きなショックだったとも言われる。それ以降も紅白歌合戦へのカムバック出演は二度と果たせなかった。フランク永井 フレッシュアイペディアより)

  • ちびまる子ちゃん

    ちびまる子ちゃんから見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子 … 「歌は心・人生いろいろ」の巻(2003年6月29日OA)。ちびまる子ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 馬渕玄三

    馬渕玄三から見た島倉千代子島倉千代子

    1948年(昭和23年)、25歳のころ、レコード会社の日本コロムビアに入社。営業・販売・宣伝畑を10年歩いたあと、1958年(昭和33年)、ディレクターとなる。当時、新米ディレクターながら、島倉千代子の『からたち日記』(1958年)を手がけ、大ヒットさせる。1960年(昭和35年)の小林旭の代表曲『さすらい』も手がけている。1961年(昭和36年)ころから、同社専属であった美空ひばりを3年間担当し、信頼されるようになる。馬渕玄三 フレッシュアイペディアより)

214件中 11 - 20件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード