214件中 21 - 30件表示
  • 新妻鏡

    新妻鏡から見た島倉千代子島倉千代子

    戦後、島倉千代子がカヴァー。新妻鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 男なら (軍歌)

    男なら (軍歌)から見た島倉千代子島倉千代子

    後年、戦時色のある歌詞を改変して和田弘とマヒナスターズが歌い、こちらもヒットした。昭和30年代から40年代初頭までのリバイバルブームで、例えば島倉千代子が「新妻鏡」(オリジナルは霧島昇と二葉あき子)をカバーしたり、フランク永井が「君恋し」をカバーしたりしたが、この歌も同じである。高倉健も歌詞を一部変更して歌っている。男なら (軍歌) フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂の夜は更けて/女の意地

    赤坂の夜は更けて/女の意地から見た島倉千代子島倉千代子

    「赤坂の夜は更けて」は、島倉千代子ら他歌手と競作となったが、一般的に最もメジャーなものが西田佐知子のものである。のちにちあきなおみや藤圭子など、そのときどきの流行歌手にカヴァーされている。 歌詞は2コーラス分しかないが、西田版は1コーラス分丸々間奏がある。また、1965年大晦日放送の『第16回NHK紅白歌合戦』に出演し(連続5回目)、本楽曲を披露した。赤坂の夜は更けて/女の意地 フレッシュアイペディアより)

  • 天タクの歌謡曲でドーダ

    天タクの歌謡曲でドーダから見た島倉千代子島倉千代子

    人生いろいろ クイズもいろいろ(コーナージングルとして、2人がコーナー名を言った後に、島倉千代子の「人生いろいろ」の一部分が放送される。歌謡曲を利用したクイズ)天タクの歌謡曲でドーダ フレッシュアイペディアより)

  • 古内東子のオールナイトニッポン

    古内東子のオールナイトニッポンから見た島倉千代子島倉千代子

    こんなことを流行らせたい、ということを募集し、リスナーみんなでしまくって全国に流行らせまくろう、という趣旨のコーナー。ちょうど『チョベリグ』という言葉が流行っていたころに出来たコーナーで、このタイトルは“しまくる”と島倉千代子を掛け合わせたいわゆる駄洒落の“しまくりちよこ”とチョベリグを更に掛け合わせたもの。古内東子のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 唐沢俊一のポケット

    唐沢俊一のポケットから見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子 『愛のさざなみ』 (2006年10月 - 2007年3月)唐沢俊一のポケット フレッシュアイペディアより)

  • ミニスカパン

    ミニスカパンから見た島倉千代子島倉千代子

    2001年11月のCDデビュー曲「愛のさざなみ」は、かつて島倉千代子が歌った同名の曲のカバーである。ミニスカパン フレッシュアイペディアより)

  • この世の花

    この世の花から見た島倉千代子島倉千代子

    『この世の花』(このよのはな)は、雑誌「明星」に連載された北条誠の小説、また、1955年(昭和30年)公開の映画および島倉千代子が歌った同映画の主題歌のタイトル。この世の花 フレッシュアイペディアより)

  • われらの川越

    われらの川越から見た島倉千代子島倉千代子

    「川越新小唄」(作詞:林笙之、作曲:佐々木すぐる、編曲:南雲一広、唄:島倉千代子、伴奏:コロムビア・オーケストラ)コロムビアレコードPESー7368(Pー45ー726)※B面には「川越舟唄」(採譜・編曲:松尾健司、唄:円山京子、尺八:村岡実、合唱:コロムビア男声合唱団、伴奏:コロムビア・オーケストラ)が収録されている。PESー7368(JSー5914)われらの川越 フレッシュアイペディアより)

  • 千曲川 (五木ひろしの曲)

    千曲川 (五木ひろしの曲)から見た島倉千代子島倉千代子

    同曲で念願であった「NHK紅白歌合戦」の白組トリに初めて抜擢された(大トリは紅組の島倉千代子)。千曲川 (五木ひろしの曲) フレッシュアイペディアより)

214件中 21 - 30件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード