214件中 31 - 40件表示
  • 志村優理

    志村優理から見た島倉千代子島倉千代子

    『泣きなさい!笑いなさい!素晴らしき女の人生』島倉千代子志村優理 フレッシュアイペディアより)

  • 青空遊歩

    青空遊歩から見た島倉千代子島倉千代子

    漫談でお笑いコーナーもつくれる、硬軟自在の司会者である。(渚ゆう子、柏原芳恵、尾形大作、島倉千代子、天童よしみらの専属をつとめる)青空遊歩 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家三亀坊

    柳家三亀坊から見た島倉千代子島倉千代子

    戦時中は和歌山に疎開。戦後は歌謡歌手の小畑実、村田英雄、島倉千代子等と地方を回る。この頃はヴァイオリンを使った時事小唄、替え歌などで行なった。1960年頃に引退。引退後は和歌山で悠々自適の隠居生活をしていたが、70年代に入り桂米朝によって和朗亭に出演、立体紙芝居を再び披露し始める。柳家三亀坊 フレッシュアイペディアより)

  • 中島孝

    中島孝から見た島倉千代子島倉千代子

    流す涙はうそじゃない(昭和31年3月10日)?日活映画「乙女心の十三夜」主題歌、A面は島倉千代子の左曲中島孝 フレッシュアイペディアより)

  • 山本丈晴の音楽作品

    山本丈晴の音楽作品から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子「札幌で夢を見ましょう」作詞:関沢新一(1966年6月、日本コロムビア、SAS-734)山本丈晴の音楽作品 フレッシュアイペディアより)

  • さか松ゲン

    さか松ゲンから見た島倉千代子島倉千代子

    アポなしで有名人に番組出演してもらうよう交渉するコーナー。まったくターゲットとなったタレントとアポイントを取らず、3人のつてで本人に接触しようとする無謀な企画。この企画では、ある有名人が対象になった際、関係者までこぎつけたが、事情を知った関係者が電話で出演交渉をしていた源石に説教をした。このことに源石がマジ切れし、ドアを蹴飛ばしてスタジオから飛び出していったという事件も発生(そのあとスタジオの外で、スタッフ・出演者が源石をなだめる声が放送で流れ、CMをはさんだあと、怒り心頭という状態ながらもしゃべっていた)。結局、松原の友人である島倉千代子とコンタクトが取れたのみで1クールで打ち切りとなった。さか松ゲン フレッシュアイペディアより)

  • 横浜歌謡ショー将棋倒し事故

    横浜歌謡ショー将棋倒し事故から見た島倉千代子島倉千代子

    予想以上の人数が押しかけた原因として、出演者が林家三平、島倉千代子、青木光一、若山彰など当時の日本の芸能界を代表するような豪華メンバーだった事があげられる。死者の中には横浜造船所の社宅に住む親子3名(母親と子供2名)などもいた。この事故により公開録音ショーは中止された。横浜歌謡ショー将棋倒し事故 フレッシュアイペディアより)

  • 広島もてなしキング

    広島もてなしキングから見た島倉千代子島倉千代子

    2005年10月2日(日曜日)16:00〜17:25にテレビ新広島開局30周年記念として「広島もてなしキング 情熱のリターンズスペシャル」というタイトルで復活特番が放送された。もてなしゲストは宇梶剛士と島倉千代子。司会は初代の棚田徹だった。広島もてなしキング フレッシュアイペディアより)

  • 廣澤恵

    廣澤恵から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子公演(新宿コマ劇場・中日劇場)廣澤恵 フレッシュアイペディアより)

  • 野村俊夫

    野村俊夫から見た島倉千代子島倉千代子

    1957年「東京だョおっ母さん」(作曲:船村徹、歌:島倉千代子野村俊夫 フレッシュアイペディアより)

214件中 31 - 40件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード