214件中 81 - 90件表示
  • 野川 由美子

    野川由美子から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子特別公演「こころ療法 愛・果てしなく」野川由美子 フレッシュアイペディアより)

  • 所さんのただものではない!

    所さんのただものではない!から見た島倉千代子島倉千代子

    田代まさしが登場する際には、季節に合わせたボケやダジャレをかますのがお約束だった。例えば、バレンタインが近い時には「今日は所さんにチョコを持って来たんですよ!」と言って島倉千代子の写真を出したり、夏の時には「も〜、暑くって、暑くって。体がムシムシしちゃって…」と言い、着ていたコートの前を開けたら虫のおもちゃが大量にぶら下がっていたなど。所さんのただものではない! フレッシュアイペディアより)

  • 茶川一郎

    茶川一郎から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子特別公演『東京だョおっ母さん』(1985年3月、新宿コマ)茶川一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 雨の降る駅

    雨の降る駅から見た島倉千代子島倉千代子

    現代ドラマの旗手・鎌田敏夫の脚本のもと、雨の降る郊外の小さな駅の待合室を舞台に、2組の男女と、これをとりまく人間模様を描いている。主演に大原麗子、共演に田村正和、柳葉敏郎、渡辺典子。また、お笑いからは、所ジョージらが出演したほか、演歌歌手の島倉千代子も、由縁ありげな中年女性を淋しげに演じて印象を残す。雨の降る駅 フレッシュアイペディアより)

  • 第25回NHK紅白歌合戦

    第25回NHK紅白歌合戦から見た島倉千代子島倉千代子

    また、紅組トリ・島倉千代子の歌唱曲も同じタイトルの「襟裳岬」であった(歌詞・メロディ共に森進一とは全く異なる別曲である。尚13年前の1961年・第12回でも島倉は同楽曲で紅組トリを務めた)。第25回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台七夕

    仙台七夕から見た島倉千代子島倉千代子

    仙台七夕のテーマソングは決まっていないが、本祭り前から期間中にかけて福耳の『星のかけらを探しに行こう Again』が(特にDate fmで)よく流れる。また島倉千代子の『七夕おどり』も会場内では今でもよく流れる。仙台七夕 フレッシュアイペディアより)

  • 第37回NHK紅白歌合戦

    第37回NHK紅白歌合戦から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子が今回を最後に30年連続出場に区切りをつける形で、翌1987年は出場を辞退(いわゆる「卒業宣言」)。しかしその年に発売した「人生いろいろ」が後に山田邦子やコロッケに物真似されたのがきっかけとなって大ヒットし、第39回で2年ぶりに復帰した。第37回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年の音楽

    1966年の音楽から見た島倉千代子島倉千代子

    島倉千代子「ほんきかしら」1966年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • コロムビア・トップ

    コロムビア・トップから見た島倉千代子島倉千代子

    2004年(平成16年)3月、親交の深い島倉千代子の歌手生活50周年記念パーティーに出席し、自身の強い希望で乾杯の音頭を取る。これが生前、公の場に出た最期となった。生前最後のテレビ出演は同年3月放送の、レギュラー出演していた「昭和歌謡大全集」(テレビ東京)だった。コロムビア・トップ フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見た島倉千代子島倉千代子

    2010年1月現在、提供曲は400曲を超えている。提供先は女性歌手が多いが、アイドル系(河合奈保子、斉藤由貴、西村知美、松田聖子、山口百恵、等)、シンガーソングライター系(小椋佳、さだまさし、やしきたかじん、等)、歌謡曲系(伊東ゆかり、西郷輝彦、高橋真梨子、布施明、等)、演歌系(五木ひろし、島倉千代子、森進一、等)と、多方面に亘る。三浦友和、桃井かおり、倉橋ルイ子、平井菜水は、全収録曲が来生たかおの手によるアルバムを発表している。来生たかお フレッシュアイペディアより)

214件中 81 - 90件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード