81件中 21 - 30件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たフジテレビジョン

    2003年、フジテレビ系『クイズ$ミリオネア』に出場したものの、早押し並べ替えクイズでタイムオーバーになったり、選択肢を決定したときに言うセリフ「ファイナルアンサー」が言えず、司会のみのもんたやスタッフ、他のゲスト挑戦者に迷惑をかけた。すぐさま視聴者からのクレームもあったため、2005年2月24日放送分でリベンジをした。選択肢決定のセリフは、「おしまいアンサー」と言って進行し、13問目敗退100万円獲得した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た松竹

    同名の松竹映画の主題歌島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た日本コロムビア

    1953年、15歳、日本音楽高等学校へ入学。歌謡コンクールにも積極的に参加するようになる。1954年、コロムビア全国歌謡コンクールで優勝し、同社と専属契約。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た霧島昇

    戦前に霧島昇&二葉あき子が歌ったものをカバー。またB面は目ン無い千鳥であり、奇しくも霧島昇のオリジナル盤と同じ組合せであった。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た穂積由香里

    ※本人役で特別出演。最終回の放送では自身のコンサートを再現するシーンがあり、高部知子扮する穂積由香里(劇中は「穂高香緒里」)が花束を渡す件があった。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た守屋浩

    守屋浩とのデュエット島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た中山晋平

    2007年、69歳、知人に資産を奪われ再び多額の借金を抱える。同じ過ちを犯すのは自分のせいと責任を感じた千代子は誕生日に事務所を解散。しかし周りの協力により心機一転スタートする事になる。現在、経理も全部自分でやるために簿記を勉強中。同年、映画『ララ、歌は 中山晋平物語』にナレーターとして出演し、日本歌謡界の始祖とも言える中山晋平の世界を、思いのこもった情熱的なナレーションで表現し、新たな顔をのぞかせた。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た東海林太郎

    戦前の東海林太郎の代表作をカバー。またB面の築地明石町も同じく東海林太郎のカバーである。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た万城目正

    1945年、7歳、太平洋戦争のため長野へ疎開。井戸から水を運ぶ途中に転倒、水の入ったビンを割り、左手首から肘までを損傷。母・ナカが「女の子だから(腕を)残して欲しい」と医師に懇願し、切断は免れたが、感覚も無く、動かすことも出来なくなる(現在は不自由ながらも動かすことができる)。気持ちの沈んだ千代子のために母・ナカは「リンゴの唄」を聞かせるようになる。後に「この世の花」で歌手デビューを遂げた千代子だが、「この世の花」の作曲は「リンゴの唄」の作曲と同じく万城目正によるもの。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たミニスカパン

    島倉にとってオリコン初ランクインの曲で21.5万枚の売上、最高位20位。2001年にミニスカパンがカバー島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード