169件中 21 - 30件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た八代亜紀

    島倉の訃報を受けて内閣官房長官・菅義偉を始め、北島三郎、五木ひろし、細川たかし、氷川きよし、水前寺清子、大月みやこ、都はるみ、八代亜紀、小林幸子、森昌子など島倉を敬愛していた後輩の演歌歌手達、またコロッケ、山田邦子らものまねタレントも追悼のコメントをそれぞれ発表した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た秋元康

    片岡鶴太郎とのデュエット。作詞は秋元康、作曲は三木たかし。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た森昌子

    島倉の訃報を受けて内閣官房長官・菅義偉を始め、北島三郎、五木ひろし、細川たかし、氷川きよし、水前寺清子、大月みやこ、都はるみ、八代亜紀、小林幸子、森昌子など島倉を敬愛していた後輩の演歌歌手達、またコロッケ、山田邦子らものまねタレントも追悼のコメントをそれぞれ発表した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た小田和正

    小田和正作詞(島倉と共作)・作曲・編曲・プロデュース。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た五木寛之

    ディレクターとして「からたち日記」などを手がけ、その後1963年にコロムビアを離れた馬渕玄三(五木寛之の『海峡物語』などに登場する「艶歌の竜」・高円寺竜三のモデルとして知られる)と久々に組んだ作品。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た小林幸子

    島倉の訃報を受けて内閣官房長官・菅義偉を始め、北島三郎、五木ひろし、細川たかし、氷川きよし、水前寺清子、大月みやこ、都はるみ、八代亜紀、小林幸子、森昌子など島倉を敬愛していた後輩の演歌歌手達、またコロッケ、山田邦子らものまねタレントも追悼のコメントをそれぞれ発表した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た五木ひろし

    島倉の訃報を受けて内閣官房長官・菅義偉を始め、北島三郎、五木ひろし、細川たかし、氷川きよし、水前寺清子、大月みやこ、都はるみ、八代亜紀、小林幸子、森昌子など島倉を敬愛していた後輩の演歌歌手達、またコロッケ、山田邦子らものまねタレントも追悼のコメントをそれぞれ発表した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た南こうせつ

    2014年のデビュー60周年に向け、復帰への意欲は衰えずに持ち、死去3日前の2013年11月5日に自宅で記念曲『からたちの小径』を録音した。レコーディングは当初、11月15日に行う予定だったが、島倉自身から「その日まで待てない」と関係者に連絡を入れて11月5日に急遽吹き込みが行われた。同曲の作曲を担当し、レコーディングにも立ち会った南こうせつは「(島倉の具合から)1回位しか歌えないかと思ったが、3回も歌われた。奇跡の歌声だった」と語った。翌6日には入院先の島倉本人が南へ電話をかけ、感謝の意を伝えたという。なお、同曲は四十九日にあたる12月18日にシングル発売された。同曲は遺作となったが、「来年発売の記念CDボックスに入れたい」と関係者は語っていた。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た三木たかし

    片岡鶴太郎とのデュエット。作詞は秋元康、作曲は三木たかし島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たとんねるず

    晩年、闘病生活を送っていたひばりはどんなに親交の深い芸能界の友人、親友などが見舞いに訪れても、プライベートでも実妹のように大変可愛がっていた島倉ととんねるず以外の面会は拒否していたとされる。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

169件中 21 - 30件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード