81件中 31 - 40件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た藤本勝巳

    1963年、25歳、父・寿雄が他界。悲しみにくれる中支えてくれた元阪神タイガースの藤本勝巳と周りの反対を押し切り結婚。結婚前に3度の中絶をした。結婚後は子供が欲しかったが恵まれなかった。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た松原操

    新民謡以外にも、仙台市の「ミス仙台」(松原操のカバー)や、大阪市の「小鳥が来る街」などといった、地方の愛唱歌の類もレコードに吹き込んでいる。また、民謡で「祖谷の粉ひき節」「島原の子守唄」「五木の子守唄」などをレコードに吹き込み、ヒットさせている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た春日八郎

    1968年、30歳、「泣き節」を売り物としていた彼女にとり異色の作品である「愛のさざなみ」が幅広い世代の間でヒット。この曲で第10回日本レコード大賞・特別賞を春日八郎とともに受賞。すれ違いの多い生活により別居を経て離婚。家族の元に戻るも反対を押し切って結婚したために門前払いされ、自分だけの戸籍を作る。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た五輪真弓

    演歌調ではなく、五輪真弓メロディーに挑戦。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た山形英夫

    山形英夫とのデュエット島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た三波春夫

    1987年、49歳、「30回という数字を汚したくない」と“紅白辞退”の記者会見を行い、紅白連続出場記録は30回でストップ(前年迄29回連続出場中で、当時白組歌手最多記録の三波春夫も辞退を宣言)。「人生いろいろ」を発表。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た鳴海日出夫

    鳴海日出夫の「涙のグラス」の歌詞を変えて吹き込む島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たNHK紅白歌合戦

    1957年、19歳、「東京だョおっ母さん」が150万枚の大ヒット。映画化もされ、自ら主演する。この年初めてNHK紅白歌合戦に初出場(曲目は「逢いたいなァあの人に」。その後、1976年、1979年にも歌唱)、同じ年で憧れの美空ひばりと競演して生涯に渡り妹のように可愛がられるようになる。当時大卒サラリーマンの給料が1万円であったが、千代子は常に財布に2千円入っていた。母・ナカはステージママ化する。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た乳癌

    1993年、55歳、左胸にシコリを感じ検査をすると乳癌が発覚。会見を開き自ら癌である事を発表する。手術は成功する。初期の乳癌の手術をするなど苦労も多かったが、ライブハウスなど演歌歌手の枠をはみ出して精力的に活動。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たパチンコ

    現在、大分県を本拠地とし九州各地で営業するリフォーム会社・野田建工のテレビコマーシャルに着物姿で出演している。なお、野田建工は求人雑誌に大きなカラー広告を多く掲載しており、島倉の写真を求人情報誌で見ることができる。また、2007年には藤商事からパチンコ機種『CR島倉千代子の千代姫七変化』が発表され、全国のパチンコ店に導入された。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード