169件中 41 - 50件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た中山晋平

    2007年(69歳)、事務所のスタッフに資産を奪われ再び多額の借金を抱える。同じ過ちを犯すのは自分のせいと責任を感じ、自らの誕生日に事務所を解散。しかし周りの協力により心機一転スタートすることになり、経理も全部自分でやるために簿記を勉強。同年、映画『ララ、歌は 中山晋平物語』にナレーターとして出演し、中山晋平の世界を表現した。また藤商事からパチンコ機種『CR島倉千代子の千代姫七変化』が発表され、全国のパチンコ店に導入された。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たコロムビア・ローズ

    1936年に二葉あき子が初めて発表した曲で、1962年に二代目コロムビア・ローズも発売しており、島倉は3番目。「七夕おどり」同様、仙台七夕まつりの時期に会場周辺で流れている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た加藤和也 (ひばりプロダクション)

    1989年5月(51歳)、美空ひばりが52歳の若さで間質性肺炎による呼吸不全で他界。自身の後援会で愛知県に滞在中に訃報を聞いた島倉はその後のスケジュールを切り上げて目黒区青葉台のひばり邸に駆けつけ、息子の加藤和也に頼み3日間ひばりのそばに張り付いて離れなかったという。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た合田道人

    1987年(49歳)、『人生いろいろ』を発表。「30回という区切りを大切にしたい」と“紅白辞退”の記者会見を行い、紅白連続出場記録は30回でストップ。出場辞退表明の記者会見で若手記者から「結局、落選するのが怖かったということですか」と辛辣な質問をされ、「その通りです」と返答した。『紅白50回』のインタビューで本人は「辞退は前年の時点で決めており、前回身に纏った白色の着物はその表れだった」「ここ数年紅白に出られるか出られないかで不安だった。もし落選したらショックで歌えなくなると思った。そのため、余力のあるうちに辞退しようと思った」と語った。島倉は出場辞退をこの年発売の『人生いろいろ』の作曲者で当時療養中の浜口庫之助に報告したところ、「紅白で『人生いろいろ』が聞けないのか」と返されたことを明かしている。ただし、合田道人は著書で、島倉は実質落選だが番組側の配慮で辞退という形になったと推測している。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た東海林太郎

    戦前の東海林太郎の代表作をカバー。またB面の「築地明石町」も同じく東海林太郎のカバーである。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た馬渕玄三

    ディレクターとして「からたち日記」などを手がけ、その後1963年にコロムビアを離れた馬渕玄三(五木寛之の『海峡物語』などに登場する「艶歌の竜」・高円寺竜三のモデルとして知られる)と久々に組んだ作品。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た万城目正

    1945年(7歳)、長野松本市へ疎開。実は両親の実家がある群馬県桐生市にも半年疎開していた事もある。井戸から水を運ぶ途中に転倒、水の入ったビンを割り、左手首からひじまでを負傷。母・ナカが「女の子だから(腕を)残して欲しい」と医師に懇願し、切断は免れたが47針を縫い、感覚も無く、動かすこともできなくなる(後に不自由ながらも動かすことができるようになる)。この時の輸血がのちに千代子が患ったC型肝炎の遠因となった。気持ちの沈んだ千代子のために母・ナカは『リンゴの唄』を聞かせるようになる。後に『この世の花』で歌手デビューを遂げた千代子だが、『この世の花』の作曲は『リンゴの唄』の作曲と同じく万城目正によるもの。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たミニスカパン

    島倉にとってオリコン初ランクインの曲で最高位20位。作曲した浜口庫之助の助言により、バックの音は海外でレコーディングされた。1992年にカーネーション、2001年にミニスカパンがカバー。島倉は1998年9月20日のカーネーションのライブ(渋谷クラブクアトロ)にゲスト出演し、同曲を歌っている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た藤本勝巳

    1963年(25歳)、父・壽雄が他界。悲しみにくれる中、支えてくれた元阪神タイガースの藤本勝巳と母親の反対を押し切り結婚。結婚前に妊娠したが中絶、結婚後も二子をもうけたが中絶した。後年、この三人の子を合わせて「忍」と名付け、その名を小さな地蔵に付けて肌身離さず持ち歩いた。忍の名は、島倉の墓碑にも千代子と並んで刻まれている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た寺西一浩

    島倉家-これが私の遺言(手記、文芸社、2005年。プロデュース:寺西一浩。ISBN 4-8355-9125-9)島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

169件中 41 - 50件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード