169件中 51 - 60件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たカーネーション (バンド)

    島倉にとってオリコン初ランクインの曲で最高位20位。作曲した浜口庫之助の助言により、バックの音は海外でレコーディングされた。1992年にカーネーション、2001年にミニスカパンがカバー。島倉は1998年9月20日のカーネーションのライブ(渋谷クラブクアトロ)にゲスト出演し、同曲を歌っている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た春日八郎

    1968年(30歳)、「泣き節」を売り物としていた彼女にとり異色の作品である『愛のさざなみ』が幅広い世代の間でヒット。この曲で第10回日本レコード大賞・特別賞を春日八郎と共に受賞。すれ違いの多い生活により別居を経て離婚。家族の元に戻るも反対を押し切って結婚したために門前払いされ、自分だけの戸籍を作る。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た五輪真弓

    作曲は五輪真弓。演歌調とはまた違う、五輪メロディーに挑戦した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た山形英夫

    山形英夫とのデュエット。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT

    THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの楽曲(2000年)とは同名異曲である。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た鳴海日出夫

    鳴海日出夫の「涙のグラス」の歌詞を変えて吹き込まれたもの。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た警察官

    1938年3月、東京市品川区北品川に警察官の父・島倉、母・ナカの二男四女の四女として生まれる。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たNHK紅白歌合戦

    1957年(19歳)、『東京だョおっ母さん』が150万枚のヒット。映画化もされ、自ら主演する。この年初めてNHK紅白歌合戦に初出場(曲目は『逢いたいなァあの人に』。その後、1976年、1979年にも歌唱)、1歳年長で憧れの美空ひばりと競演してその後生涯にわたり実妹のように可愛がられるようになる。当時大卒サラリーマンの給料が1万円であったが、千代子は常に財布に2千円入っていた。この年の3月、島倉を殺害しようとした16歳の無職少年が逮捕される。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た肝硬変

    2010年に肝臓癌であることが判明、手術・入退院を繰り返していた。肝臓癌発症はごく少数の関係者にしか打ち明けていなかった。その間、3度の肝動脈塞栓術を受けたが、2013年前半には肝硬変に至っていた。同年3月30日、75歳の誕生日にはコロムビアレコードの100周年を記念し復活したイベント「コロムビア大行進2013」に出演し、数千人の聴衆を前にトークを交えながら『人生いろいろ』など数曲を歌った。同年5月から仕事をセーブするようになり、同年6月21日、宮崎県延岡市で開催したコンサートが生涯最後のステージとなった。同年6月、日本テレビ「1番ソングSHOW」の取材を受けた(生涯最後のテレビ取材となった)。同年9月14日にブログを更新した(最後の更新)。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た乳癌

    1993年(55歳)、初期の乳癌であることが判明。芸能人で会見を開き、自ら癌であることを発表したのは島倉が初めてだった。手術は成功する。ライブハウスなど歌謡曲の枠をはみ出して活動。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード