169件中 61 - 70件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たパチンコ

    2007年(69歳)、事務所のスタッフに資産を奪われ再び多額の借金を抱える。同じ過ちを犯すのは自分のせいと責任を感じ、自らの誕生日に事務所を解散。しかし周りの協力により心機一転スタートすることになり、経理も全部自分でやるために簿記を勉強。同年、映画『ララ、歌は 中山晋平物語』にナレーターとして出演し、中山晋平の世界を表現した。また藤商事からパチンコ機種『CR島倉千代子の千代姫七変化』が発表され、全国のパチンコ店に導入された。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た湘南ひらつか七夕まつり

    仙台七夕まつりを歌った曲で、現在も会場周辺で流れ、また盆踊りの定番曲として仙台市民に親しまれている。都はるみの「七夕おどり」(1970年)は平塚七夕を歌ったものであり、同名異曲である。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た小児麻痺

    1947年(9歳)、東京に戻る。姉の敏子は歌唱力があったが小児麻痺を患っていたために歌手にはなれなかった。大好きな姉のために自分が歌手になると決意。敏子により声楽を学び、近所の「若旦那楽団」に入団。左手に負担の無いアコーディオンを担当。歌唱力があったためボーカルにも起用されていた。地元の品川神社で催されたのど自慢大会には毎回姉妹で参加していた。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た保証人

    1975年(37歳)、以前かかった眼科医に頼まれ実印を貸してしまう。その知人だけではなく、島倉が知らない間にマネージャーや全く面識のない赤の他人まで多数の人々の保証人にされてしまう。島倉を保証人に借金を重ねた人々はその後行方不明になり、その借金が雪だるま式に膨らんでいき当時総額16億円といわれた莫大な借金を抱える。後に美空ひばりから「実印は貸すな」と注意を受けたという(ひばり自身も実印を押してしまった経験を持つため)。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たベストジーニスト

    1999年(61歳)、歌手生活45周年を迎える。45周年コンサートではタキシードで全国を廻る。ベストジーニスト賞を受賞。同年、紫綬褒章を受章した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た阪神タイガース

    1963年(25歳)、父・壽雄が他界。悲しみにくれる中、支えてくれた元阪神タイガースの藤本勝巳と母親の反対を押し切り結婚。結婚前に妊娠したが中絶、結婚後も二子をもうけたが中絶した。後年、この三人の子を合わせて「忍」と名付け、その名を小さな地蔵に付けて肌身離さず持ち歩いた。忍の名は、島倉の墓碑にも千代子と並んで刻まれている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た歌手

    島倉 千代子(しまくら ちよこ、1938年(昭和13年)3月30日 - 2013年(平成25年)11月8日)は、日本の演歌・歌謡曲歌手である。出身は東京都品川区北品川、学歴は日本音楽高等学校卒業。愛称は「」。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た口パク

    59年間の歌手生活において、ステージで一度も口パクはしなかった。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た紫綬褒章

    1999年(61歳)、歌手生活45周年を迎える。45周年コンサートではタキシードで全国を廻る。ベストジーニスト賞を受賞。同年、紫綬褒章を受章した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た日本放送協会

    池内淳子主演のNHKドラマ新銀河『素敵に女ざかり』主題歌。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

169件中 61 - 70件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード