81件中 61 - 70件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たバラエティ番組

    現在でもたまにバラエティ番組の一部コーナーの曲などに使用されている(過去には『サタ☆スマ』の「グチ電鉄」などに使用)。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たオレたちひょうきん族

    1988年、50歳、「人生いろいろ」が前1987年からこの年にかけて130万枚の大ヒットを記録。『オレたちひょうきん族』での山田邦子の物まねやコロッケによる物まねをきっかけに「人生いろいろ」が若者にも受け、再び大ブレークする。同年の『第30回日本レコード大賞』で最優秀歌唱賞を受賞。「100万枚記念パーティー」では、山田邦子とコロッケが本人の目の前で、島倉の物真似による「人生いろいろ」を熱唱。これに対し島倉は、「山田邦子さんとコロッケさんのおかげで、『人生いろいろ』が若い方にも親しまれるようになり、光栄です」と二人を賞賛する。同年末の紅白に2年ぶり31回目の復帰出場となる。借金返済の目処がたつ。姉・敏子が他界(目黒川に投身自殺)。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た京都

    京都の祇園祭で今でも流れる島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たクレーム

    2003年、フジテレビ系『クイズ$ミリオネア』に出場したものの、早押し並べ替えクイズでタイムオーバーになったり、選択肢を決定したときに言うセリフ「ファイナルアンサー」が言えず、司会のみのもんたやスタッフ、他のゲスト挑戦者に迷惑をかけた。すぐさま視聴者からのクレームもあったため、2005年2月24日放送分でリベンジをした。選択肢決定のセリフは、「おしまいアンサー」と言って進行し、13問目敗退100万円獲得した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たクイズ$ミリオネア

    2003年、フジテレビ系『クイズ\$ミリオネア』に出場したものの、早押し並べ替えクイズでタイムオーバーになったり、選択肢を決定したときに言うセリフ「ファイナルアンサー」が言えず、司会のみのもんたやスタッフ、他のゲスト挑戦者に迷惑をかけた。すぐさま視聴者からのクレームもあったため、2005年2月24日放送分でリベンジをした。選択肢決定のセリフは、「おしまいアンサー」と言って進行し、13問目敗退100万円獲得した。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た品川区

    島倉 千代子(しまくら ちよこ、1938年3月30日 - )は、日本の演歌・歌謡曲歌手。本名同じ。東京都品川区出身。日本音楽高等学校卒業。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た日本

    島倉 千代子(しまくら ちよこ、1938年3月30日 - )は、日本の演歌・歌謡曲歌手。本名同じ。東京都品川区出身。日本音楽高等学校卒業。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たリンゴの唄

    1945年、7歳、太平洋戦争のため長野へ疎開。井戸から水を運ぶ途中に転倒、水の入ったビンを割り、左手首から肘までを損傷。母・ナカが「女の子だから(腕を)残して欲しい」と医師に懇願し、切断は免れたが、感覚も無く、動かすことも出来なくなる(現在は不自由ながらも動かすことができる)。気持ちの沈んだ千代子のために母・ナカは「リンゴの唄」を聞かせるようになる。後に「この世の花」で歌手デビューを遂げた千代子だが、「この世の花」の作曲は「リンゴの唄」の作曲と同じく万城目正によるもの。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た東京市

    1938年、東京市品川区に3月30日生まれで未熟児。警察官の父・壽雄(としお)、母・ナカの元二男四女の四女。長女・敏子、長男:征夫、二男・義孝(後不明)。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た仙台

    仙台の七夕祭りで今でも流れる島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード