169件中 81 - 90件表示
  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たからたち日記

    1958年(20歳)、港区高輪(北品川の隣町)に一戸建てを購入。同年には『からたち日記』が130万枚のヒットとなった。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た東京だョおっ母さん

    1957年(19歳)、『東京だョおっ母さん』が150万枚のヒット。映画化もされ、自ら主演する。この年初めてNHK紅白歌合戦に初出場(曲目は『逢いたいなァあの人に』。その後、1976年、1979年にも歌唱)、1歳年長で憧れの美空ひばりと競演してその後生涯にわたり実妹のように可愛がられるようになる。当時大卒サラリーマンの給料が1万円であったが、千代子は常に財布に2千円入っていた。この年の3月、島倉を殺害しようとした16歳の無職少年が逮捕される。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た積木くずし

    映画『積木くずし』主題歌。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た五反田

    1961年(23歳)、ファンの投げたテープが両目に当たって失明の危機に陥る。このとき、品川区五反田「守屋眼科」の医師・守屋義人の助けで視力を回復。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た間質性肺炎

    1989年5月(51歳)、美空ひばりが52歳の若さで間質性肺炎による呼吸不全で他界。自身の後援会で愛知県に滞在中に訃報を聞いた島倉はその後のスケジュールを切り上げて目黒区青葉台のひばり邸に駆けつけ、息子の加藤和也に頼み3日間ひばりのそばに張り付いて離れなかったという。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た不渡り

    1977年(39歳)、今度は島倉に信頼され、島倉に手形の裏書をさせていた守屋義人が事業に失敗して、不渡り手形を出し蒸発。島倉は借金の連帯保証人にされ、これにより更に2億4000万円(当時判明分)の債務を負う。20億近くもの莫大な借金返済のため、写真集の発売や全国各地のキャバレー回りや地方興行などをしながら、足掛け7年程で完済した。このような活動をしている最中でも島倉の人気は全く衰えを知らず、NHK紅白歌合戦の連続出場記録は続く。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見たNHKのど自慢

    NHKのど自慢』への出場経験も有しているが、結果は「鐘一つ」に終わったとされている島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た祖谷渓

    また、仙台市の『ミス仙台』(二葉あき子のカバー)や、大阪市の『小鳥が来る街』などといった、地方の愛唱歌の類もレコードに吹き込んでいる。また、民謡で『祖谷の粉ひき節』『島原の子守唄』『五木の子守唄』などをレコードに吹き込み、ヒットさせている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た第64回NHK紅白歌合戦

    同年12月31日の第64回NHK紅白歌合戦では石川の『津軽海峡・冬景色』の歌唱前に島倉の追悼コーナーが設けられた。当初、番組側は石川に島倉の持ち歌である『東京だョおっ母さん』や『人生いろいろ』の歌唱を要請していたが、石川が「島倉さんとは親しいですが、都はるみさんや五木ひろしさんなど、自分よりも仲の良かった先輩歌手がいるのに、そんな出しゃばった真似はできない」とその打診を断ったとされる。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た臨済宗大徳寺派

    戒名は寳婕院千代歌愛大姉。故郷・北品川の臨済宗東海寺大山墓地に生前に建てていた墓に眠る。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示

「島倉千代子」のニューストピックワード