337件中 91 - 100件表示
  • 島根県

    島根県から見た浜田市

    県内全域が日本海側気候であるが、沿岸部の冬季は曇りや雨が主で雪が少なく、豪雪地帯は内陸部にとどまっている。沿岸部の気温は比較的高めであり、特に、浜田市や益田市などの県西部の沿岸部においては、東京都心や大阪、福岡の1月の平均気温と同程度と温暖である。そのため、積雪しても数センチ程度にとどまることが多く、大雪となることは少ない。また、県内は、冬季においては季節風が強いこともあり、比較的少ない積雪量でも航空便の欠航など交通が混乱する。しかしながら、大陸に近いために数年に一度の猛烈な寒気団に覆われると、沿岸部でも日中の気温が氷点下の真冬日になることもあるなど、年による寒暖の差が激しい。また、山間部は寒さが厳しく、弥栄、瑞穂、六日市といった場所では氷点下16度を観測している。島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た雲南市

    古墳時代には雲南市加茂町の神原神社古墳から卑弥呼の鏡と言われる景初3年(239年)銘のある三角縁神獣鏡が出土している。6世紀半ば頃に山代二子塚古墳(松江市)という94メートルの大前方後方墳が築かれる。少し遅れておよそ91メートルの今市大念寺古墳(出雲市)が築かれる。出雲の東西に拮抗する大古墳が築かれたが、7世紀初頭には二子塚のすぐ東隣に一辺45メートルの大型方墳(山代方墳)を築いている。前方後方墳から方墳に移行したは大和政権の大王稜の変化と同じである。島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た簸川郡

    11月3日 - 簸川郡出雲町が市制施行、出雲市が発足島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た益田市

    県内全域が日本海側気候であるが、沿岸部の冬季は曇りや雨が主で雪が少なく、豪雪地帯は内陸部にとどまっている。沿岸部の気温は比較的高めであり、特に、浜田市や益田市などの県西部の沿岸部においては、東京都心や大阪、福岡の1月の平均気温と同程度と温暖である。そのため、積雪しても数センチ程度にとどまることが多く、大雪となることは少ない。また、県内は、冬季においては季節風が強いこともあり、比較的少ない積雪量でも航空便の欠航など交通が混乱する。しかしながら、大陸に近いために数年に一度の猛烈な寒気団に覆われると、沿岸部でも日中の気温が氷点下の真冬日になることもあるなど、年による寒暖の差が激しい。また、山間部は寒さが厳しく、弥栄、瑞穂、六日市といった場所では氷点下16度を観測している。島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た安来市

    県東部の出雲地方は、古代日本において最も文化の発達した地域の一つであった。特に弥生時代においては、大量の青銅器が出土した荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡や、大型の四隅突出型墳丘墓(安来市古代出雲王陵の丘、出雲市西谷墳墓群)があり早期に鉄器を有するなど、特徴的でかつ先進的な文化が山陰一帯に存在し、その中心的勢力が島根東部から鳥取県西部にかけて存在した。島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た広島県

    隣接都道府県: 鳥取県 - 広島県 - 山口県島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た宍道湖

    湖沼:中海(錦浜)、宍道湖、神西湖島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た那賀郡

    11月3日 - 那賀郡浜田町ほか4町村が合併し市制施行、浜田市が発足島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た邑智郡

    1927年(昭和2年) - 邑智郡川本村が町制施行、邑智郡川本町が発足島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た大阪府

    日本海新聞(鳥取県)、中国新聞(広島県)、産経新聞(大阪府)も一部地域で販売されている島根県 フレッシュアイペディアより)

337件中 91 - 100件表示

「島根のできごと」のニューストピックワード