1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示
  • 崔京周

    崔京周から見たソニーオープン・イン・ハワイ

    2005年10月、「クライスラー・クラシック・オブ・グリーンズボロ」で3年ぶりのツアー3勝目を果たし、2006年の同大会で2連覇を達成。2007年、彼は6月の「メモリアル・トーナメント」と7月の「AT&Tナショナル」で優勝した後、この年から発足したフェデックスカップ・プレーオフ第1戦の「ザ・バークレイズ」で2位に入り、初めて世界ランキング8位に入った。これにより、彼は韓国男子選手として最初の世界ランキングトップ10入りも成し遂げた。1 2008年も1月の「ソニーオープン・イン・ハワイ」で優勝があり、3月9日付で世界ランキング自己最高位の「5位」に到達した。崔京周 フレッシュアイペディアより)

  • 崔京周

    崔京周から見たアメリカ合衆国

    崔 京周(チェ・キョンジュ、, Choi Kyung-ju, 1970年5月19日 - )は、韓国・全羅南道莞島郡出身のプロゴルファーである。アメリカPGAツアーでは“K. J. Choi”という略称でよく知られる。当地の男子プロゴルファーとして、初めてPGAツアーのトップレベルへ躍進した選手になり、これまでにアメリカツアーで7勝、国際試合で6勝を挙げている。世界ランキング自己最高位は5位(2008年3月)。敬虔なクリスチャンである。崔京周 フレッシュアイペディアより)

  • 崔京周

    崔京周から見たフェデックスカップ

    2005年10月、「クライスラー・クラシック・オブ・グリーンズボロ」で3年ぶりのツアー3勝目を果たし、2006年の同大会で2連覇を達成。2007年、彼は6月の「メモリアル・トーナメント」と7月の「AT&Tナショナル」で優勝した後、この年から発足したフェデックスカップ・プレーオフ第1戦の「ザ・バークレイズ」で2位に入り、初めて世界ランキング8位に入った。これにより、彼は韓国男子選手として最初の世界ランキングトップ10入りも成し遂げた。1 2008年も1月の「ソニーオープン・イン・ハワイ」で優勝があり、3月9日付で世界ランキング自己最高位の「5位」に到達した。崔京周 フレッシュアイペディアより)

  • 崔京周

    崔京周から見たアサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメント

    崔は莞島郡で米農家の家庭に生まれ、少年時代は重量挙げ選手を志していた。重量挙げを続けるための上半身の筋肉が十分につかなかったことから、通っていた高校の教師の勧めにより、16歳でゴルフに転向する。1994年に24歳でプロ入りし、1996年に「韓国オープン」でプロ初優勝。1999年、彼は日本ゴルフツアー大会の「宇部興産オープンゴルフトーナメント」(2001年に廃止)と「キリンオープンゴルフ選手権競技」で2勝を挙げた。同年11月、アメリカツアーの「クオリファイイング・スクール」(シード権取得のための資格試験)に8位で合格し、韓国の男子プロゴルファーとして最初のPGAツアーメンバーになった。崔京周 フレッシュアイペディアより)

  • 崔京周

    崔京周から見た全米プロゴルフ選手権

    PGAツアーにデビューした2000年は出場30大会のうち14大会で予選落ちし、賞金ランキング134位であったため、シード権確保の条件である125位以内に届かず、再び年末のクオリファイイング・スクールを受験する。2001年度の年間賞金ランキングでは65位に入った。2002年、彼は5月の「コンパック・クラシック・オブ・ニューオーリンズ」と9月の「タンパベイ・クラシック」で優勝し、韓国出身の男子プロゴルファーとして最初のPGAツアー優勝者になった。2004年のマスターズで、崔は韓国男子選手として史上初の3位入賞を成し遂げた。彼のスコアは 6 アンダーパー(-6, 282ストローク)で、優勝したフィル・ミケルソンとは3打差の単独3位であった。この年は全米プロゴルフ選手権でも6位入賞がある。崔京周 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示

「崔京周」のニューストピックワード