128件中 91 - 100件表示
  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たワインディングロード

    25歳。耕一の妻で、宗介の母。宗介と耕一から「リサ」と呼ばれている。デイケアサービスセンター「ひまわりの家」で働く。「リサ・カー」と呼ばれる軽自動車で、海沿いのワインディングロードを駆け抜ける。スーパーでの買出しの大荷物を軽々と持ち上げる力持ちで、無鉄砲な所もある。夫が帰れなくなると不貞寝したり、信号灯のモールス信号で罵倒したりする。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たキリスト教

    本作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『人魚姫』(1836年発表)をモチーフとした作品とされている。しかし、『人魚姫』をそのまま原作としては使用しておらず、宮崎は「キリスト教色を払拭」するとしたうえで、舞台を現代の日本に移すなど大きな変更を行っている。ただ、ヴェネツィア国際映画祭での記者会見では、宮崎から「製作中に『人魚姫』の話に似ていると気付いたものの、元来意図的にベースとしたわけではない」という旨の発言も出ている。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たニーベルングの指環

    ニーベルングの指環 - ポニョの本当の名前の由来となったブリュンヒルデが登場する。宮崎は映画の構想中に楽劇『ニーベルングの指環』4部作の2作目「ワルキューレ」を聞いていたとのこと。また、映画ではワルキューレの第3幕の音楽「ワルキューレの騎行」が引用されている。なお、同曲はフランシス・コッポラの映画『地獄の黙示録』でも使用されている。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た門 (小説)

    名前は、夏目漱石の小説『』の主人公「崖の下の家にひっそりと暮らす野中宗助」から取られていると言う。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た瀬戸内海

    海を舞台にした作品は、宮崎がいつか描きたいと長年夢見てきたが、「波を描くのが大変」という理由で、それまで踏み切れずにいた。2004年11月にスタジオジブリの社員旅行で訪れた瀬戸内海の港町である広島県福山市の鞆の浦(とものうら)を非常に気に入り、準備として2005年の春、鞆の浦の海に隣した崖の上の一軒家に2ヶ月間滞在し、さらに2006年夏、単身でこもった。本作の構想もこの時に練り自身を極限に追いつめる鬼気迫った姿がNHKで放送された。この宮崎の行動に対し、妻の出した条件は「生きてる証拠として、毎日絵手紙を出すこと」だったという。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た井戸

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た人面魚

    トキからは「人面魚」と呼ばれる。宗介の血液(傷口)を舐め半魚人になる力を得、一度はフジモトに抑えられるが(グランマーレの血を引いているため魔力は強力で、元に戻すために大きな力を費やした)珊瑚の塔からの脱走の際に、深奥部の井戸の「生命の水」を浴びて、人間への変身が可能となった。魔法を使うと、体力を急激に消耗し眠ってしまう。幼いため言葉がややたどたどしい。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たアジア・フィルム・アワード

    第3回アジア・フィルム・アワード・オリジナル作曲賞崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たウバザメ

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た崖の上のポニョ (曲)

    崖の上のポニョ」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

128件中 91 - 100件表示

「崖の上のポニョ」のニューストピックワード