128件中 41 - 50件表示
  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た武重洋二

    背景:伊奈涼子、芳野満雄、平原さやか、福留嘉一、武重洋二/男鹿和雄他崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力によりと地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た珊瑚

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たクラゲ

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た三鷹の森ジブリ美術館

    三鷹の森ジブリ美術館で上映されている宮崎の短編監督作『くじらとり』『水グモもんもん』『やどさがし』などからも影響も受けているという。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た魔物

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た東京国際アニメフェア

    東京国際アニメフェア2009・第8回東京アニメアワード・アニメーションオブザイヤー・国内劇場部門優秀作品賞・原作賞(宮崎駿)・監督賞(宮崎駿)・美術賞(吉田昇)崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たカニ

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た津波

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た海水

    ポニョの父。嘗ては人間だったが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属(けんぞく)として生きる魔法使い。ポニョの人間界への興味に反対を示しており、ポニョ、およびポニョの妹には反抗心を持たれている。海中では自作の潜水艦「ウバザメ号」を駆り、水魚などの魔物を操る力や、水棲生物を除ける結界を張る能力を持つ。生物によって張る結界が異なり、作中ではカニ除けの結界が切れたことにより彼らの進入を許していた。海底にある珊瑚で出来た塔に住み、クラゲなど海棲生物の増殖を行っている。1907年前後から、魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」の抽出を開始し、珊瑚の塔の内部にある井戸に貯蔵している。フジモトは「生命の水」の力を使ってカンブリア紀のような「海の時代」の再来を夢見ていたが、ポニョにより「生命の水」をすべて奪われてしまった。ポニョの力により月と地球が接近し、人工衛星の落下や潮汐力増大に伴う津波が発生したことから、フジモトは混乱の解決に奔走することになった。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「崖の上のポニョ」のニューストピックワード