前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 小関翔太

    小関翔太から見た嶋基宏嶋基宏

    2014年には、入団後初めて一軍の春季キャンプに参加。キャンプ後のオープン戦でも一軍への帯同を続け、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えた。4月2日のオリックス戦(コボスタ宮城)では、9回表の守備で一軍デビュー。同月4日に同球場で開催のソフトバンク戦では、前日のオリックス戦で負傷した正捕手・嶋基宏に代わる捕手として、一軍公式戦で初めてスタメン起用された。4月30日に二軍降格したが、5月15日に一軍へ再昇格。セ・パ交流戦期間中の同月25日には、イースタン・リーグの公式戦でバッテリーを組んだ経験のある新外国人投手のトラビス・ブラックリーと共に、ヤクルト戦へ先発で出場した。この試合では、1回表の第1打席で適時打を放って一軍初打点を記録。守備でも、一軍公式戦来日初登板・初先発になったブラックリーに初勝利をもたらす好リードを見せた。小関翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見た嶋基宏嶋基宏

    ''は、6月21日から一軍に出場。7月19日対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の6回にマイケル・レストビッチの代打で出場すると、田中将大?嶋基宏のバッテリーから初球打ちでセカンド内野安打を打ち出塁し、プロ入り初盗塁を決めた。7月25日対ロッテ戦では7回二死二塁根本朋久からライト線へのタイムリーツーベースを放ち、これが本拠地福岡 Yahoo! JAPANドーム初打点となった。一軍では一塁の小久保裕紀の守備固め、北京オリンピック野球日本代表に選出された川崎宗則の代役の遊撃手として29試合に出場した。8月27日のウエスタン・リーグ、対阪神タイガース戦でサイクル安打のかかった8回にクリス・リーソップから右手に死球を受け、福岡市内の病院で右手第2、3指骨折と診断された。この日はナイターの対オリックス・バファローズ戦にも出場予定だったが出場選手登録を抹消され代わりに森本学が一軍へ昇格した。以降の一軍昇格は叶わず、二軍では46試合に出場し打率.282、リーグ最多の8三塁打を記録した。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 高田知季

    高田知季から見た嶋基宏嶋基宏

    ''(1年目)、春季キャンプはA組でスタートしたが、2月2日のシートノック中に嘔吐してリタイア1号となってしまい、宮崎市内の病院で風邪による胃腸炎と診断された。復帰すると紅白戦で5打数3安打の猛打賞とA組に残した首脳陣の期待に応えた。開幕一軍入りは逃したが、5月2日に体調不良の柳田悠岐に代わり、ウエスタン・リーグ22試合で打率.343の成績を残していたことから初めて一軍選手登録された。5月3日の対埼玉西武ライオンズ戦の延長11回同点の場面でウィリー・モー・ペーニャの代走としてプロ入り初出場し、長谷川勇也の左前打で好走塁を見せて二塁から一気に生還し、クロスプレーを制してチームのサヨナラ勝利に貢献した。しかし翌日5月4日の試合前の練習中に右足首を捻挫し、同日出場選手登録を抹消された。懲罰降格された松中信彦に代わって6月15日に再昇格し、6月16日の対セ・パ交流戦、対読売ジャイアンツ戦で守備固めとして二塁手で起用されプロ初の守備についた。出場機会が無く1試合のみで6月26日に二軍へ降格し、7月も昇格したが出番無く抹消された。7月18日に秋田こまちスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲームに2番遊撃手としてフル出場したが4打数無安打に終わった。8月4日に再昇格し、正二塁手・本多雄一が故障離脱していた事から同日の対西武戦で8番二塁手としてプロ初の先発出場を果たしたが、微妙な判定などもあり3打数無安打に終わった。8月6日の対千葉ロッテマリーンズ戦で5回第2打席で大谷智久から左中間に二塁打を放ち、これがプロ初安打となった。8月11日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でショートゴロで出塁し、ブランドン・ダックワース?嶋基宏バッテリーからプロ初盗塁を記録した。本多の一軍復帰により8月12日に二軍へ降格した。9月26日に再昇格したが代走2試合で9月30日に抹消されそのままシーズンを終えた。1年目の先発出場は8試合だった。二軍では78試合に出場し、打率.299、出塁率.372で終えた。高田知季 フレッシュアイペディアより)

  • 下妻貴寛

    下妻貴寛から見た嶋基宏嶋基宏

    ''、一軍の捕手陣から嶋基宏や伊志嶺忠が相次いで故障に見舞われたことを背景に、6月16日にシーズン初の出場選手登録。6月24日に地元・山形県の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで開かれたオリックス戦で、シーズン初の一軍公式戦出場を果たした。一軍公式戦では、通算4試合に出場。7月9日の対福岡ソフトバンクホークス戦(京セラドーム大阪)で本多雄一と柳田悠岐から盗塁刺を記録したものの、前年に続いて打席に立つ機会はなかった。イースタン・リーグ公式戦には、チームの捕手で最も多い66試合に出場。打率.169ながら、3本塁打、19打点を記録した。下妻貴寛 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た嶋基宏嶋基宏

    最優秀バッテリー賞:2回(2011年、捕手:嶋基宏、2013年、捕手:嶋基宏)田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球選手会

    日本プロ野球選手会から見た嶋基宏嶋基宏

    2016年8月1日現在、労働組合会長は嶋基宏(東北楽天ゴールデンイーグルス)、社団法人理事長は大島洋平(中日ドラゴンズ)が務める。日本プロ野球選手会 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐亮太

    五十嵐亮太から見た嶋基宏嶋基宏

    ''、3月29日の対東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦で日本復帰後初登板、本拠地初登板、8回5点リードから3番手として登板、打者3人に対して無失点に抑えた。4月7日の対北海道日本ハムファイターズ戦、8回2点リードで登板。先頭陽岱鋼のショートゴロを今宮健太が悪送球エラーして出塁となると、一死一二塁で迎えた中田翔に左中間への逆転スリーランホームランを浴び、帰国後初のホールド機会は救援失敗、敗戦投手となった。4月11日、対オリックス・バファローズ戦の延長10回同点から登板し無失点、続く11回は坂口智隆にヒットを許し一死二塁で降板したが、後続の森福允彦が抑えて帰国後初のホールドを記録し、チームのサヨナラ勝利を呼んだ。4月18日対楽天戦7回6点ビハインドから登板、本多雄一のファンブルにより先頭鉄平の出塁を許すと、続く嶋基宏、西田哲朗に連続四球、藤田一也に2点タイムリーを打たれた。4月20日に二軍調整を志願し、首脳陣に受理され出場選手登録抹消となった。昇格した5月31日のセ・パ交流戦、対広島戦において、7回7点リードで登板すると、1回を三者連続三振に抑え、6月22日から7月3日に5試合連続のホールドを記録した。7月9日の対埼玉西武ライオンズ戦、9回1点リードで登板し、帰国後初のセーブを挙げた。続く7月14日の対オリックス戦でも、9回1点リードで登板。四球、単打で一三塁とすると高橋信二のショートゴロ間に糸井嘉男が生還して同点にされ、これが帰国後初のセーブ失敗となったが、裏に今宮健太のタイムリーヒットによりサヨナラ勝ちし、これが帰国後初勝利、本拠地福岡ヤフオク!ドーム初勝利となった。その後は主にクローザーとして起用され7月25日から9月16日までの20試合連続無失点と活躍。9月30日の対西武戦(福岡ヤフオク!ドーム)で1点ビハインドの9回から登板し、2イニングを無失点に抑え、チームが10回サヨナラ勝ちした事で、NPB史上初の救援のみで通算50勝目を挙げた。五十嵐亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た嶋基宏嶋基宏

    7月2日にオールスター戦で8選手がファン投票で選出され、田中、松本輝(故障により出場辞退)、福盛和男、嶋基宏、高須洋介、鉄平、礒部、山崎と楽天の選手が占めた。しかし、実力が伴っているか否かに関係なく選ばれたため、監督の野村克也は中間発表時点で「オールスターじゃなく、オールスターダストや」と苦言を呈し、この年の全パ監督を務めた日本ハムの監督のトレイ・ヒルマンも「ファンのマナー違反だ」と発言した。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 江川智晃

    江川智晃から見た嶋基宏嶋基宏

    ''、開幕を一軍で迎えた。控えだったが、小久保裕紀の肋間神経痛や腰痛により、4月18日から20試合連続で先発起用され、5月2日の対日本ハム戦で決勝ツーランホームラン、5月5日の対楽天戦では戸村健次?嶋基宏バッテリーからプロ入り初盗塁も決めた。交流戦は一旦代打となったが、5月26日から再びスタメンに戻った。次第に調子を崩し、6月22日に二軍へ降格した。8月31日に一軍へ復帰し、9月4日の対西武戦で岸孝之から同点のソロ本塁打を放ち、9月7日の対千葉ロッテ戦では成瀬善久から逆転のツーランホームランを含む4打数4安打と活躍した。一塁手や外野手で先発出場を続けていたが、9月20日に軽度の右肩肉離れにより出場選手登録を抹消され、そのままシーズンを終えた。同年は6番?8番として自己最多の42試合に先発出場した。江川智晃 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島豪郎

    岡島豪郎から見た嶋基宏嶋基宏

    ''、キャンプは新人野手で唯一の一軍スタートとなった。正捕手の嶋基宏の離脱などもあり、6月20日に一軍初出場を果たす。同期入団の釜田佳直とルーキーバッテリーを組むなど一軍に定着、7月4日の千葉ロッテマリーンズ戦では成瀬善久からプロ初本塁打を放ち、8月26日の北海道日本ハムファイターズ戦(Kスタ宮城)では自身プロ入り初となるサヨナラヒット(内野安打)を放った。9月5日の日本ハム戦(東京ドーム)には同じく新人の島内宏明とのアベック本塁打を放つ。新人2人によるアベック本塁打はの中日ドラゴンズの大豊泰昭、山口幸司以来23年ぶり。9月8日の埼玉西武ライオンズ戦ではシーズン2本目となるサヨナラ打を涌井秀章から放つ。新人のサヨナラ安打2本は2002年の喜多隆志(ロッテ)以来10年ぶり、新人の代打でのサヨナラ安打は1992年の町田公二郎(広島)以来20年ぶり。フレッシュオールスターには「4番・捕手」として出場。その後もシーズン終了まで嶋に次ぐ第二捕手として一軍に帯同、新人ながら43試合に出場し、打撃では前述の2本のサヨナラ安打や打率.258と捕手としては高い打力を見せた。岡島豪郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「嶋基宏」のニューストピックワード