44件中 21 - 30件表示
  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た嶋基宏嶋基宏

    同年オフに選手会副会長に就任し、プロ4年目でチームの精神的支えとなっていた選手の放出はチーム内に大きな波紋を呼び、渡辺の涙のトレード会見の翌10日に契約更改に臨んだ鉄平(渡辺と合同自主トレをしてきた)、草野大輔(渡辺と社会人野球時代からの知己)、嶋基宏(渡辺と同期入団)が各々の記者会見の席上で、自らの話題よりも渡辺のトレードの件にふれて言葉をつまらせ、涙を流した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た嶋基宏嶋基宏

    7月2日 - ガリバーオールスターゲーム2007のファン投票最終結果発表。ファン投票で初選出されたのはパ・リーグでは田中将大先発投手、松本輝中継ぎ投手、福盛和男抑え投手、嶋基宏捕手、高須洋介二塁手、鉄平外野手、山崎武司指名打者(以上楽天)、セ・リーグでは林昌範中継ぎ投手(巨人)、栗原健太一塁手(広島)、青木宣親外野手(ヤクルト)の10選手。田中は1999年の松坂大輔(当時西武、現ボストン・レッドソックス)以来、8年ぶりの高卒新人選手でのファン選出。楽天からは最多の8選手が選出された。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島豪郎

    岡島豪郎から見た嶋基宏嶋基宏

    キャンプは新人野手で唯一の一軍スタートとなった。正捕手の嶋基宏の離脱などもあり、6月20日に一軍初出場を果たす。同期入団の釜田佳直とルーキーバッテリーを組むなど一軍に定着、7月4日のロッテ戦では成瀬善久からプロ初本塁打を放ち、8月26日の日本ハム戦(Kスタ宮城)では自身プロ入り初となるサヨナラ打(内野安打)を放った。9月5日の日本ハム戦(東京ドーム)には同じくルーキーの島内宏明とのアベックホームランを放つ。新人2人によるアベック弾はの中日の大豊泰昭・山口幸司以来23年ぶり。9月8日の西武戦ではシーズン2本目となるサヨナラ打を涌井秀章から放つ。新人のサヨナラ安打2本は2002年の喜多隆志(ロッテ)以来10年ぶり、新人の代打でのサヨナラ安打は1992年の町田公二郎(広島)以来20年ぶり。フレッシュオールスターには「4番・捕手」として出場。その後もシーズン終了まで嶋に次ぐ第二捕手として一軍に帯同、ルーキーながら43試合に出場し、打撃では前述の2本のサヨナラヒットや打率.258と捕手としては高い打力を見せた。岡島豪郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井野卓

    井野卓から見た嶋基宏嶋基宏

    2008年は交流戦前後から一軍昇格を果たし、プロ入り最多の23試合に出場した。7月2日のロッテ戦では片山博視の初勝利・初完封をアシストするなどしたが、嶋基宏や藤井彰人から一軍のマスクを奪うには至らなかった。2009年は一軍未出場に終わったが、2010年は2年ぶりに一軍昇格を果たし、嶋に次いで14試合に出場した。8月6日には一軍で初の適時打・猛打賞を記録した。2011年は初の開幕一軍入りを果たすが、2試合の出場に留まり二軍降格。伊志嶺忠が二番手捕手として定着したこともあり、その後登録・抹消を繰り返すも、試合出場は無かった。井野卓 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:2008年7月19日、対東北楽天ゴールデンイーグルス12回戦(クリネックススタジアム宮城)、6回表に二盗(投手:田中将大、捕手:嶋基宏明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見た嶋基宏嶋基宏

    2008年5月5日の対オリックス戦、6回表ノーアウト一塁、カウント1ストライク0ボールの場面で、一塁ランナー西岡剛が盗塁した際に捕手日高剛へ向けてバットを投げる。試合は一時中断したが球審柿木園悟の判定はファウルチップで試合再開、西岡の盗塁も認められた。スローで見ても捕球後のタイミングでバットを投げている行為である。同年7月3日の対楽天戦の9回の打席で、ヒットエンドランの際に投球はピッチドアウトで大きく外れていたにも関わらず、嶋基宏捕手が二塁へ送球するタイミングでバットを放り投げた(捕手がうまくかわし、二塁へ送球したため結果は盗塁死となった)。早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 熱くなれ

    熱くなれから見た嶋基宏嶋基宏

    東北楽天ゴールデンイーグルス・嶋基宏の登場曲(2008年?)。熱くなれ フレッシュアイペディアより)

  • 聖澤諒

    聖澤諒から見た嶋基宏嶋基宏

    國學院大學に進学し硬式野球部に入部。2年春からレギュラーに定着する。3年春に東都二部リーグで優勝し、一部昇格を果たした。同年秋のリーグ戦終了後、後に楽天でもチームメイトとなる嶋基宏の跡を継ぎ主将となる。4年次には東都大学野球リーグ選抜が日本代表として出場した国際大会ロッテルダム・ワールドポート・トーナメントに出場。個人タイトルでは、3年秋に三塁手、4年秋に外野手でベストナインを受賞した。大学4年秋にチームは最下位に終わり、東都一部リーグ残留を賭けて篠田純平を擁する日本大学と入れ替え戦を行ったが敗れ、二部降格した。聖澤諒 フレッシュアイペディアより)

  • 中井大介

    中井大介から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:同上、4回裏に二盗(投手:長谷部康平、捕手:嶋基宏) ※ディレードスチール中井大介 フレッシュアイペディアより)

  • 村田和哉 (野球)

    村田和哉 (野球)から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:2009年5月12日、対東北楽天ゴールデンイーグルス7回戦(クリネックススタジアム宮城) - 3回表一死、投手:朝井秀樹、捕手:嶋基宏村田和哉 (野球) フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「嶋基宏」のニューストピックワード