87件中 31 - 40件表示
  • 小山桂司

    小山桂司から見た嶋基宏嶋基宏

    1月23日、金銭トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍することが発表された。1月30日に入団会見を行い、背番号は中日時代と同じ65に決定。同チームでは名字の漢字表記が同じ小山(こやま)伸一郎がいた事から、スコアボード表記は小山桂となる。東北・宮城県出身の小山にとっては、地元球団への入団となった。開幕こそ二軍スタートだったものの正捕手の嶋基宏の離脱に伴い一軍に昇格。22試合に出場し、打率は.224だった。小山桂司 フレッシュアイペディアより)

  • 横山徹也

    横山徹也から見た嶋基宏嶋基宏

    に、ブルペン捕手として東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団。しかし、6月19日に球団と育成選手契約を結んだ。この年のチームは、育成選手として契約したばかりのアレハンドロ・セゴビアを含めて、6人の捕手が所属。その一方で、捕手出身の一軍監督・大久保博元は、一軍に常時3人の捕手を登録する方針を打ち出していた。ところが、正捕手・嶋基宏と二番手捕手・伊志嶺忠が6月に相次いで負傷で戦線離脱。一軍に残る捕手は経験の浅い小関翔太だけとなってしまったため、二軍から下妻貴寛と小山桂司が急遽一軍に昇格。イースタン・リーグの公式戦に出場できる捕手がセゴビアしかいなくなった。以上の状況から横山は「イースタン・リーグの公式戦にのみ出場する」という異例の条件で育成枠で現役に復帰した。背番号はブルペン捕手としてつけていた125を引き続き着用。復帰後は、捕手として同リーグ公式戦14試合に出場するとともに、12打数1安打(1二塁打)、打率.083という成績を残した。シーズン終了後の10月30日には、改めて現役を引退することや、ブルペン捕手として再び契約することが球団から発表された。横山徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 伊志嶺忠

    伊志嶺忠から見た嶋基宏嶋基宏

    には一軍公式戦への出場が2試合にとどまったが、には正捕手の嶋基宏に次ぐ2番手捕手の座を確立。一軍では、主にルーキーの塩見貴洋とバッテリーを組みながら、公式戦33試合の出場で打率.254を記録した。伊志嶺忠 フレッシュアイペディアより)

  • 高堀和也

    高堀和也から見た嶋基宏嶋基宏

    2013年4月27日、球団通算500勝のかかった西武戦の9回に登板、リードを守ってチームは勝利するが、そのウイニングボールを観客席に投げ込んでしまう。嶋基宏などの呼びかけによりボールは無事戻ってきたが、高堀は「ヤバい! と思った」と青ざめていた。高堀和也 フレッシュアイペディアより)

  • 深江真登

    深江真登から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:2011年8月9日、対東北楽天ゴールデンイーグルス13回戦(ほっともっとフィールド神戸)、10回裏に二盗(投手:ダレル・ラズナー、捕手:嶋基宏深江真登 フレッシュアイペディアより)

  • 足立祐一

    足立祐一から見た嶋基宏嶋基宏

    ''、5月21日に左手首の骨折によって登録抹消された嶋基宏に代わって一軍登録され、その日の試合で「9番・捕手」でプロ初先発出場を果たした。翌22日、第1打席で大谷翔平のストレートを打ってプロ初ヒットを放った。6月16日の読売ジャイアンツ戦では、8回表にスコット・マシソンからプロ初ホームランを放った。嶋基宏が一軍に再登録されてからは出場機会は減ったが、安樂智大が先発する試合はスタメン出場することが多く、結果的に嶋に次ぐ73試合出場を果たした。足立祐一 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:2011年8月18日、対東北楽天ゴールデンイーグルス14回戦(西武ドーム)、6回裏に二盗(投手:ケルビン・ヒメネス、捕手:嶋基宏星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 盗塁

    盗塁から見た嶋基宏嶋基宏

    過去にはNPBはこの規定を適用せず、守備側が無関心であった場合の進塁についても盗塁を記録していた。2008年1月10日に行われたプロ・アマ合同規則委員会において2008年シーズンよりこの野球規則10.07(g)(当時)に「原注」をつけて無関心とみなす詳細な条件を加え、同規則を厳格に適用することを決定してこのような進塁を盗塁として記録しないことになり、1月28日に野球規則の改正が正式に発表された。この改正が実際に適用された初めてのケースは、同年4月2日に行われた東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ戦である。9回表、ロッテが4点リードされている場面で一塁走者の竹原直隆が二塁へのスタートを切ったが、楽天の捕手・嶋基宏は送球をせず、竹原の進塁は盗塁ではなく野手選択と記録された。ただし、守備側チームに盗塁が記録されることを強く拒む理由があると判断される場合には「無関心」とはみなされない。したがって、捕手が送球を行わなかったとしても、その理由が、例えば最多盗塁のタイトルを取らせたくないといったものだと判断されれば、野手選択ではなく盗塁が記録される。盗塁 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見た嶋基宏嶋基宏

    、背番号を「0」に変更し、シーズン50盗塁を目標に掲げた。春季キャンプでは、それまで使っていた重いバットから少し細くて軽いものに代え、強い打球を放つことと次につなぐバッティングをすることを課題に挙げていた。開幕一軍のメンバーに選ばれ、4月16日のロッテ戦ではリック・ショートの代走として出場し、その回の守りで小学生以来となる外野(レフト)の守備についた。5月13日の日本ハム戦の4回に嶋基宏の犠打で1死後、聖澤諒のセーフティスクイズを内野手がエラーした後にスクイズを決めたため、プロ野球タイ記録となるチーム1イニング3犠打を記録した。しかし、その後の打撃面で結果を残せず6月9日に登録抹消された。内村賢介 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井彰人

    藤井彰人から見た嶋基宏嶋基宏

    、福盛和男と並んで選手会の副会長に就任。大卒ルーキーの嶋基宏と正捕手の座を争った。開幕から6試合はスタメンマスクをかぶったが、1勝5敗と振るわず、その後は嶋にスタメンを譲ることが多くなった。それでも守護神の福盛と組み、抑え捕手として生き残りを賭けていたが、後半戦に福盛は戦線離脱。新守護神の小山伸一郎と嶋がコンビを組んだため、さらに出場機会が減り、最終的には76試合の出場にとどまった。また、前年は3割を越えた盗塁阻止率が1割台に落ち込み、藤井がマスクをかぶった時のチーム防御率は5点台と不本意な成績でシーズンを終えた。8月25日の対オリックス・バファローズ戦では、負けた場合「3試合連続サヨナラ負け」のプロ野球新記録がかかっていたが、4投手をリードし打っては4打数4安打と、久々のスタメン出場で意地を見せた。藤井彰人 フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「嶋基宏」のニューストピックワード