44件中 31 - 40件表示
  • 星孝典

    星孝典から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:2011年8月18日、対東北楽天ゴールデンイーグルス14回戦(西武ドーム)、6回裏に二盗(投手:ケルビン・ヒメネス、捕手:嶋基宏星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤隆人

    工藤隆人から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:2007年7月13日、対東北楽天ゴールデンイーグルス13回戦(フルキャストスタジアム宮城)、4回表に二盗(投手:アダム・バス、捕手:嶋基宏工藤隆人 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た嶋基宏嶋基宏

    6日 -【NPB】日本プロ野球選手会の定期大会がこの日開かれ、4期4年務めた新井貴浩(阪神)に替わる新会長に、副会長を務めていた嶋基宏(楽天)を新会長に選出。任期は2013年12月まで。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た嶋基宏嶋基宏

    ファンとの交流を大事にしており、ヤフードームで試合がある日は、試合直前までサインをしている。さらに自身の公式ファンサイト「K'Project」で2004年から毎年オフに、100人以上のファンと間近でふれあう。基本トークと歌を歌うというディナーショー形式である。様々なサプライズがあり、諸事情で参加できないと言いながら、本当は隠れて待っていたり、和服姿、ドラキュラ姿で参加したりした。2010年オフはリーグ優勝を果たしたこともあり、ファンと炭酸ファイトを行った。その際イベントでオークションなどを行い、ポケットマネーと合わせて24時間テレビ 「愛は地球を救う」、宮崎の口蹄疫に義援金を送った。2011年東北地方太平洋沖地震もK'Projectを通して2011年3月26日にトークショーを行い、急きょだったにも関わらず、ホークスの1軍選手ほぼ全員、被災地東北の球団である楽天の選手も、嶋基宏、岩隈久志、田中将大らが参加した。終了後に募金を行い、総額375万円を贈った。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 盗塁

    盗塁から見た嶋基宏嶋基宏

    これまで日本のNPBのみこの規定を適用せず、守備側が無関心であった場合の進塁についても盗塁を記録していた。しかし2008年1月10日に行われたプロ・アマ合同規則委員会において2008年シーズンよりこの野球規則10.07(g)に「原注」をつけて無関心とみなす詳細な条件を加え、同規則を厳格に適用することを決定してこのような進塁を盗塁として記録しないことになり、1月28日に野球規則の改正が正式に発表された。この改正が実際に適用された初めてのケースは、同年4月2日に行われた東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ戦である。9回表、ロッテが4点リードされている場面で一塁走者の竹原直隆が二塁へのスタートを切ったが、楽天の捕手・嶋基宏は送球をせず、竹原の進塁は盗塁ではなく野手選択と記録された。ただし、守備側チームに盗塁が記録されることを強く拒む理由があると判断される場合には「無関心」とはみなされない。したがって、捕手が送球を行わなかったとしても、その理由が、例えば最多盗塁のタイトルを取らせたくないといったものだと判断されれば、野手選択ではなく盗塁が記録される。盗塁 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷仁

    中谷仁から見た嶋基宏嶋基宏

    は怪我で出遅れ、更にルーキー嶋基宏の抜擢など一軍試合出場は無く、二軍でも内野も守るなど出場機会が減った。中谷仁 フレッシュアイペディアより)

  • 亀梨和也

    亀梨和也から見た嶋基宏嶋基宏

    Going!Sports&Newsのベースボールスペシャルサポーターとして、2012年までの「始球式プロジェクト」では、投手としては2010年に楽天の山崎武司、ロッテの西岡剛(2回目)、横浜の内川聖一、オリックスのT-岡田、ソフトバンクの多村仁志、楽天の田中将大・山崎武司(2回目)・嶋基宏、2011年に日本ハムの稲葉篤紀、阪神の新井貴浩、ソフトバンクの松中信彦、西武の中村剛也、楽天の田中将大(2回目)・嶋基宏(2回目)・松井稼頭央、2012年にソフトバンクの松田宣浩、巨人の坂本勇人と、打者としては2012年に西武の牧田和久と対戦している。亀梨和也 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た嶋基宏嶋基宏

    2012年5月11日、対オリックス7回戦(京セラドーム)において、投手出身監督、及び戦後生まれの監督としては初となる監督通算1000勝(876敗42分、2012年5月11日当時)を達成した。2004年の王貞治以来、史上12人目の記録となった。ちなみに翌12日も勝利し、自身の名「仙一」と同じ1001勝目となった際、「おーっ、2000勝まであと999勝か」とコメントして報道陣を笑わせた。岩隈久志、山崎武司の退団に加え、前半戦は田中将大、松井稼頭央、嶋基宏、ルイス・ガルシアら主力の離脱が目立ち戦力低下が不安視されていた。しかし、釜田佳直、辛島航、枡田慎太郎、銀次などの生え抜きの若手を抜擢、リリーフだった美馬学を先発に転向させるなど、徐々に頭角を現す。これらの若手選手は「星野チルドレン」とも呼ばれた。5月20日、ソフトバンクと入れ替わりで3位に浮上。その後も上位争いを続け、7月18日に球団創設8年目で初の前半戦を勝率5割以上、Aクラスターン入りの3位で終えた。後半戦は復帰したベテランが不調で引き分けを挟み、8連敗で5位に転落。8月中旬の西武戦では開幕戦以来となる同一カード3連敗を喫した。しかし9月に入ると勢いを取り戻し、7日からの西武戦で3連勝して4位に浮上。最終的に3位ソフトバンクと1ゲーム差の4位となった。最終戦に勝利し、勝率はちょうど5割となった。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た嶋基宏嶋基宏

    2007年シーズンは、新人を含め若手選手を積極的に起用する場面が目立った。投手陣では一場靖弘、岩隈久志らのシーズン序盤での離脱の影響もあり、永井怜、田中将大らを先発ローテーションに起用。捕手は育成を兼ねてルーキーの嶋基宏を多用。またシーズン中盤には渡辺直人、草野大輔らが台頭した。後半戦開始間もなく福盛和男が離脱するものの小山伸一郎をリリーフエースとして起用、一場靖弘、岩隈久志が一軍復帰したこともあり先発ローテーションを再編し、それまで主に先発だった山村宏樹、有銘兼久、永井怜らをリリーフ転向させた。結果は球団3年目で初の最下位脱出となる4位となる。2007年10月4日、3年契約最後の年であるも予定通り監督を続けることを表明。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 陽岱鋼

    陽岱鋼から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:同上、2回表(投手:同、捕手:嶋基宏陽岱鋼 フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示

「嶋基宏」のニューストピックワード