87件中 51 - 60件表示
  • 細川亨

    細川亨から見た嶋基宏嶋基宏

    には、正捕手・嶋基宏や若手投手へのサポート役として、公式戦の開幕から一軍に帯同。2試合で途中からマスクを被ったが、左ふくらはぎを痛めたことから、4月30日に出場選手登録をいったん抹消された。6月下旬のパ・リーグ公式戦再開を機に一軍へ復帰。同月28日に故郷の青森県内で29年振りに開かれたNPB一軍公式戦(はるか夢球場の対オリックス戦)では、移籍後初めてスタメンマスクを任されると、7回裏の第3打席で一軍公式戦での移籍後初安打を放った。8月3日の対西武戦(メットライフドーム)では、この年唯一の本塁打を放った。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦20試合の出場で以上2安打(打率.100)にとどまったが、後輩捕手や若手投手陣のサポートを通じてチームの4年振りCS進出に貢献。古巣との対戦になったCSでは、西武とのファーストステージでも、ソフトバンクとのファイナルステージでもマスクを被った。CS終了後の12月7日に、推定年俸2,000万円(現状維持)という条件で契約を更改。チームの現役選手では唯一の40代で、西武時代の同僚でもあった松井稼頭央が同球団へ復帰したことによって、チームの現役最年長選手になった。細川亨 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2013年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た嶋基宏嶋基宏

    19日に行われた第3戦(Kスタ宮城)では、美馬学が自身プロ初となる完封勝利を挙げた。美馬は4日に登板した際、4度の手術歴がある右肘に痛みを覚え途中降板し、約2週間ぶりの登板であった。打線は2回、2死1・3塁から嶋基宏の二塁打により2点を挙げた。1塁走者の松井稼頭央は、本塁に突入する際、バックネット方向に回り込むことを考えていたが、ロッテ捕手の里崎智也の足の間が空いたのを見て、その隙間に手を伸ばしホームベースに触れ、生還に成功した。これで楽天はアドバンテージを含め3勝1敗とし、クライマックスシリーズ突破まで後1勝とした。20日に行われる予定だった第4戦は、雨天中止となり、予告先発投手だった辛島航は翌21日の第4戦にスライド登板することになった。2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 海津市

    海津市から見た嶋基宏嶋基宏

    嶋基宏 - プロ野球選手。ポジションは捕手で、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。日本プロ野球選手会会長。海津市 フレッシュアイペディアより)

  • 淺間大基

    淺間大基から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:同上、5回裏に二盗(投手 : 美馬学、捕手 : 嶋基宏淺間大基 フレッシュアイペディアより)

  • 聖澤諒

    聖澤諒から見た嶋基宏嶋基宏

    國學院大學に進学し硬式野球部に入部。2年春からレギュラーに定着する。3年春に東都二部リーグで優勝し、一部昇格を果たした。同年秋のリーグ戦終了後、後に楽天でもチームメイトとなる嶋基宏の後を継ぎ主将となる。4年次には東都大学野球リーグ選抜が日本代表として出場した国際大会ロッテルダム・ワールドポート・トーナメントに出場。個人タイトルでは、3年秋に三塁手、4年秋に外野手でベストナインを受賞した。大学4年秋にチームは最下位に終わり、東都一部リーグ残留を賭けて篠田純平を擁する日本大学と入れ替え戦を戦ったが敗れ、二部降格した。聖澤諒 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た嶋基宏嶋基宏

    2007年シーズンは、新人を含め若手選手を積極的に起用する場面が目立った。投手陣では一場靖弘、岩隈久志らのシーズン序盤での離脱の影響もあり、永井怜、田中将大らを先発ローテーションに起用。捕手は育成を兼ねてルーキーの嶋基宏を多用。またシーズン中盤には渡辺直人、草野大輔らが台頭した。後半戦開始間もなく福盛和男が離脱するものの小山伸一郎をリリーフエースとして起用、一場靖弘、岩隈久志が一軍復帰したこともあり先発ローテーションを再編し、それまで主に先発だった山村宏樹、有銘兼久、永井怜らをリリーフ転向させた。結果は球団3年目で初の最下位脱出となる4位となる。2007年10月4日、3年契約最後の年であるも予定通り監督を続けることを表明。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 炭谷銀仁朗

    炭谷銀仁朗から見た嶋基宏嶋基宏

    ''は当初、第4回WBC日本代表選手28人から漏れたが、嶋基宏の負傷による離脱に伴う補充選手として二大会連続で選出された。大会では小林誠司の好調さもあり前回同様控え捕手の位置付けであったが、二次ラウンドキューバ戦と準決勝のアメリカ戦(いずれも9回の1イニング)の2試合にいずれも小林に代打が出たあとの守備で出場した(打席機会はなし)。またロサンゼルス・ドジャースとの強化試合では一塁も守った。シーズンでは出場試合こそ岡田に先発を譲る試合もありやや減ったものの、打撃面では自己最高の打率(.251)を残し、本塁打打点も前年を大きく上回った。12月7日、嶋基宏の後を継ぎ、労働組合日本プロ野球選手会の第9代会長に選出された。高校から直接プロ入りした選手としては初。炭谷銀仁朗 フレッシュアイペディアより)

  • 木村文紀

    木村文紀から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:2014年3月29日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(西武ドーム)、4回裏に二盗(投手:塩見貴洋、捕手:嶋基宏木村文紀 フレッシュアイペディアより)

  • 堤裕貴

    堤裕貴から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:同上、8回表に二盗(投手:福山博之、捕手:嶋基宏堤裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 中井大介

    中井大介から見た嶋基宏嶋基宏

    初盗塁:同上、4回裏に二盗(投手:長谷部康平、捕手:嶋基宏) ※ディレードスチール中井大介 フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示

「嶋基宏」のニューストピックワード