104件中 51 - 60件表示
  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た全国高等学校野球選手権愛知大会

    中京大中京高校では1年秋からベンチ入りし、上級生が引退した後は主将となり秋季東海大会で優勝。明治神宮大会ベスト4。3年春の第74回選抜高等学校野球大会に二塁手として出場。1回戦で西村健太朗、白濱裕太らを擁する広陵高校と対戦し初戦敗退。夏は愛知大会決勝で東邦高校に敗れ準優勝。野球部の同期には深町亮介がいる。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た阪神タイガース

    4月30日に第一子が誕生。シーズン開幕から不動の正捕手として起用され続け、同年5月12日の試合終了時点で打率.319だったが、13日の対オリックス戦で川端崇義のファウルチップを右手に受けて負傷交代。その後は、23日の中日戦まで痛みを押して強行出場を続けていたが、24日に仙台市内の病院で第1中手骨基底部の骨折で全治1か月と診断され、同日登録抹消となる。7月6日に一軍復帰を果たしたが、復帰後は離脱中に台頭した新人の岡島豪郎と併用での起用となった。オールスターには3年連続での出場となり、特に第3戦ではスタメン出場し、田中将大と塩見貴洋を好リードし、三浦大輔から右前打を放つ活躍を見せた。91試合の出場は2008年に次ぐ少なさとなったが、打率は.291と前年の不振を払拭する数字を残した。守備率はリーグ2位、自己最高の.997を記録した。オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。12月6日、阪神タイガースの新井貴浩の後を継ぎ、パ・リーグ生え抜きの選手として初めて、労働組合日本プロ野球選手会の第8代目会長に史上最年少の27歳で就任した。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見たIsoD

    、2月16日に、「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された事が発表された。3月10日の第1戦に「9番捕手」で先発出場している。3月11日の第2戦には途中出場している。シーズンでは序盤は打撃では打率3割以上をマークするなど好調であったが、徐々に調子を落とした。6月13日の中日ドラゴンズ戦でファールチップを受け、肋骨を骨折した。1ヶ月後の7月14日に復帰すると、その後はほぼスタメンを守り抜いた。規定打席には骨折した影響もあり、届かず、打率は.219とプロ入り2番目に低い打率だが、IsoDは.119を記録するなど、数字以上の活躍をした。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された。9月10日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表候補選手に選出された事が発表された。オフの10月9日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された事が発表された。10月30日、シーズン中に取得していた海外FA権を行使せずにチームに残留することを表明した。12月8日に第二子が誕生。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見たベストナイン (日本プロ野球)

    5月29日の対広島東洋カープ戦では、10回裏一死満塁の場面で永川勝浩から自身初のサヨナラ安打を記録した。また、オールスターには選手間投票で選出された。自身初で楽天の捕手としても初めて規定打席に到達し、パ・リーグの捕手としてはの城島健司以来の3割超となる打率.315を記録した。また、球団史上初となるゴールデングラブ賞を受賞し、ベストナインにも選出された。オフ、選手会長に就任した。楽天生え抜きの選手としては初めてとなる。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見たパシフィック・リーグ

    5月29日の対広島東洋カープ戦では、10回裏一死満塁の場面で永川勝浩から自身初のサヨナラ安打を記録した。また、オールスターには選手間投票で選出された。自身初で楽天の捕手としても初めて規定打席に到達し、パ・リーグの捕手としてはの城島健司以来の3割超となる打率.315を記録した。また、球団史上初となるゴールデングラブ賞を受賞し、ベストナインにも選出された。オフ、選手会長に就任した。楽天生え抜きの選手としては初めてとなる。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た海津市

    嶋 基宏(しま もとひろ、1984年12月13日 - )は、岐阜県海津市出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。労働組合日本プロ野球選手会第8代会長。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た捕手

    嶋 基宏(しま もとひろ、1984年12月13日 - )は、岐阜県海津市出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。労働組合日本プロ野球選手会第8代会長。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た野球

    海津市立吉里小学校1年から「吉里少年団」で投手として野球を始め、海津市立日新中学校では軟式野球部に所属して2年時に第20回全国中学校軟式野球大会に出場し、3年時には主将を務めた。子供のころから中日ドラゴンズのファンだった。小学生の頃から成績優秀、運動神経抜群で、テレビでも取り上げられた(情熱大陸にて)。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た「ジョージア魂」賞

    「ジョージア魂」賞選考委員特別賞:1回 (2011年)嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋基宏

    嶋基宏から見た2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    5月29日の対広島東洋カープ戦では、10回裏一死満塁の場面で永川勝浩から自身初のサヨナラ安打を記録した。また、オールスターには選手間投票で選出された。自身初で楽天の捕手としても初めて規定打席に到達し、パ・リーグの捕手としてはの城島健司以来の3割超となる打率.315を記録した。また、球団史上初となるゴールデングラブ賞を受賞し、ベストナインにも選出された。オフ、選手会長に就任した。楽天生え抜きの選手としては初めてとなる。嶋基宏 フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「嶋基宏」のニューストピックワード