嶋重宣 ニュース&Wiki etc.

嶋 重宣(しま しげのぶ、1976年6月16日 - )は、北海道札幌市生まれで埼玉県上福岡市(現:ふじみ野市)出身の元プロ野球選手(外野手、内野手、投手)。現在は埼玉西武ライオンズの一軍打撃コーチ。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「嶋重宣」のつながり調べ

  • 宮崎充登

    宮崎充登から見た嶋重宣

    2007年3月31日、開幕2戦目の阪神タイガース戦でリリーフとして初登板。同点の7回裏に登板し打者2人を続けて打ち取るも、四球と長打で2アウト二・三塁のピンチを作り降板。後を継いだ佐竹健太が2連続四球で失点し、敗戦投手となる。プロ2戦目の4月4日の横浜ベイスターズ戦では同点の6回表に登板。村田修一にプロ初被弾するも、直後に嶋重宣、代打前田智徳のタイムリーによって試合をひっくり返し、プロ初勝利を挙げた。その後4戦連続してリリーフ失敗し、防御率10点台で二軍に落とされた。しかし二軍で課題の落ちるボール(フォーク)を習得、フォームを調整し、約1ヵ月後に再び一軍昇格。先発ローテーションに入ってからはまずまずのピッチングを続け、9月29日の阪神タイガース最終戦(阪神甲子園球場)では、自己最多となる7回2/3を2失点で投げ、先発初勝利。先発にリリーフにと重宝されて31試合に登板し、3勝を挙げた。(宮崎充登 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た嶋重宣

    広島市民球場での広島対巨人25回戦で、九回に落雷で照明の一部が故障し午後9時14分から17分間試合が中断。午後9時31分に試合が再開されるが同35分に再び照明が故障し、26分試合が中断。広島の嶋重宣が六回裏に安打、八回裏に安打を打ち、球団新記録となるシーズン174本となる。(2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

「嶋重宣」のニューストピックワード