前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 仙台のスポーツ

    仙台のスポーツから見た嶋重宣嶋重宣

    高校や大学のスポーツでは、バレーボール、バスケットボール、フィギュアスケート、アイスホッケー、ゴルフなどに全国レベルの強豪校が存在する。野球では東北高校や仙台育英学園高校や東北福祉大学などの強豪校がある。2004年の都道府県出身地別プロ野球選手数において、宮城県は14人で全国19位。また、仙台以外の出身であっても、アマ時代に仙台の高校や大学でプレーし、後にプロ野球選手となって活躍している金本知憲、嶋重宣、ダルビッシュ有、和田一浩など、スポーツにおける門戸開放が進んでいる。仙台のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見た嶋重宣嶋重宣

    のオープン戦で、本人が幼い頃からファンだった清原和博にバットを貰い、「バッティングは気合だ」という教えを受けた。その後、バッティンググローブには「気合」の文字が刺繍されたデザインを使用。この年は嶋重宣と共に初めて開幕スタメンに名を連ねた。序盤は打撃不振だったが、巨人戦で本塁打を連発。レギュラーの座に近づく年となった。最終的には90試合に出場し、11本の本塁打を打ち、同じ内野で右の大砲候補だった新井貴浩よりスタメンになる事も多かった。レギュラーの座を掴むかに見えた。しかし10月2日の阪神戦で、同点の9回裏2死2、3塁。空振り三振の球を捕手が後ろへ逸らし、3塁走者であった嶋がホームインした際に、栗原が走っておらず一塁でアウト。勝機を逸し試合は引き分けに終わった。本人は「ファウルだと思った」と主張したが、監督の山本浩二に悪い印象を与え、次の日に登録抹消。残り試合は若手主体の打線で戦ったにも関わらず、試合に出られなかった。この年の12月にカープのホームランガールと結婚し、翌年7月に女児誕生、同年12月に女児を伴い妻と披露宴を挙げた。2004年には初めて地元山形県野球場での対横浜戦(横浜主催試合)で2試合ともスタメンだったが、地元の大声援が逆にプレッシャーとなり、全くいい所が無かった。そして最後の打席は当時不調で控えに甘んじていた新井貴浩を代打に出された。しかし、2008年7月1日のYZ.タカスタにおける対横浜戦で本塁打を放って、チームも勝利。ようやく故郷に錦を飾ることができた。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

  • DO THE CARP

    DO THE CARPから見た嶋重宣嶋重宣

    嶋重宣外野手 - 梵、新井同様愛称がつけられた。「DJ-shima」(DJシーマと読む)DO THE CARP フレッシュアイペディアより)

  • 島重宣

    島重宣から見た嶋重宣嶋重宣

    島重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 長野正実

    長野正実から見た嶋重宣嶋重宣

    2008年5月25日の広島東洋カープ対千葉ロッテマリーンズ戦で緒方孝市がウィンストン・アブレイユから代打逆転2ランHRを放った際には、「緒方孝市、3週間ぶりのホーム市民球場で、見せた男のど根性!」という実況をした([http://jp.youtube.com/watch?v=97IdeHdQ6Q0 そのときの映像。前田選手及び選手の本塁打なども含む])。長野正実 フレッシュアイペディアより)

  • 苑田聡彦

    苑田聡彦から見た嶋重宣嶋重宣

    1977年に現役引退し、スカウトとして球団に残り、東日本を中心に活動。スカウトとしてのスタートは球団から唐突に「東京でマンション一部屋探しとけ」の指令からだった。ほとんど知らなかった東日本での活動に当初はかなり苦労したらしい。江藤智、金本知憲、嶋重宣、黒田博樹、大竹寛、永川勝浩らを入団させた。2006年からスカウト部長に就任。苑田聡彦 フレッシュアイペディアより)

  • 若生正廣

    若生正廣から見た嶋重宣嶋重宣

    埼玉西武ライオンズの嶋重宣も教え子の一人である。東北高校時代は前述のようにたびたび格下相手に敗戦を喫しており、采配面では批判も多かった。若生正廣 フレッシュアイペディアより)

  • 内田順三

    内田順三から見た嶋重宣嶋重宣

    1994年?2002年読売ジャイアンツ打撃コーチ(1994年?1997年途中・1998年は2軍打撃コーチ、1997年途中?シーズン終了後まで・1999年?2002年は1軍打撃コーチ)として松井秀喜や高橋由伸、仁志敏久、清水隆行など多くの打者を育てた。2003年?2005年監督の山本浩二の要請で再び広島の打撃コーチに復帰し、伸び悩んでいた嶋重宣、新井貴浩を開花させた。2006年?2007年は巨人一軍打撃コーチに復帰し2007年のリーグ優勝に貢献した。内田順三 フレッシュアイペディアより)

  • 立川勇希

    立川勇希から見た嶋重宣嶋重宣

    亀山の足のトラブルを解決する上で、ぶつかった壁がスパイクであった。インソールを完璧に作成しても、日本の大手スポーツメーカーのスパイクの規格では、十分にその機能を発揮させることが出来ない現状があった。当時、各メーカーを訪ねても、バイオメカニクス理論の理解さえしてもらえず、全く相手にされなかった立川は自らスパイクを企画設計することを決意した。そして、唯一理解を示した岡山県のスパイク職人に製造を依頼し、立川の理論を取り入れたスパイクを完成させた。亀山以外にも、元中日ドラゴンズの大塔正明、元阪神タイガースの鮎川義文、日本ハムファイターズの二岡智宏、広島東洋カープの嶋重宣、他かなりの数の選手がスポーツメーカーから用具提供を受けていながらも、自費で立川のスパイクを購入している。立川勇希 フレッシュアイペディアより)

  • TIM神様の宿題

    TIM神様の宿題から見た嶋重宣嶋重宣

    2007年5月3日放送分 アンガールズが嶋選手にサインの置いてある店を聞いた時、同選手から「飾られていたサインは僕のではない」と言われた。これは前作の『サイン集め』のコーナー時に訪れた『花とく』(2005年9月1日放送分)で発見した時、同選手のサインではなく筒井正也(現:中日スコアラー)のサインだったことを本人が見ていたためそれを指摘したものであった。TIM神様の宿題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード