44件中 11 - 20件表示
  • 立川勇希

    立川勇希から見た嶋重宣嶋重宣

    亀山の足のトラブルを解決する上で、ぶつかった壁がスパイクであった。インソールを完璧に作成しても、日本の大手スポーツメーカーのスパイクの規格では、十分にその機能を発揮させることが出来ない現状があった。当時、各メーカーを訪ねても、バイオメカニクス理論の理解さえしてもらえず、全く相手にされなかった立川は自らスパイクを企画設計することを決意した。そして、唯一理解を示した岡山県のスパイク職人に製造を依頼し、立川の理論を取り入れたスパイクを完成させた。亀山以外にも、元中日ドラゴンズの大塔正明、元阪神タイガースの鮎川義文、日本ハムファイターズの二岡智宏、広島東洋カープの嶋重宣、他かなりの数の選手がスポーツメーカーから用具提供を受けていながらも、自費で立川のスパイクを購入している。立川勇希 フレッシュアイペディアより)

  • 上野弘文

    上野弘文から見た嶋重宣嶋重宣

    7月15日の巨人戦で、2対2の8回裏に三番手として登板し、1回を2三振を含む三者凡退に抑えた。その後、9回に代打嶋重宣のタイムリーで勝ち越し、初勝利をあげた。上野弘文 フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ラロッカ

    グレッグ・ラロッカから見た嶋重宣嶋重宣

    、広島東洋カープに入団。内野ならどこでも守れる中距離ヒッターという触れ込みで、推定年俸2700万円と格安だったため開幕前はあまり注目されていなかった。しかしシーズンが始まると嶋重宣と共に高打率を維持し、前半戦だけで26本塁打を打った。前半は3番・二塁だったが、7月から4番・一塁に定着。後半もペースを落とさず、打率3割40本塁打100打点の大台に到達し、打撃3部門全てでリーグ5位に入った。打率.328はチームメイトの嶋に次いでリーグ2位、最高出塁率のタイトルを獲得。変化球も苦にしないバッティングで66三振と三振はかなり少なく、チームトップの11盗塁を記録した。グレッグ・ラロッカ フレッシュアイペディアより)

  • 内田順三

    内田順三から見た嶋重宣嶋重宣

    1994年から2002年には読売ジャイアンツ打撃コーチ(1994年 - 1997年途中・1998年は二軍打撃コーチ、1997年途中 - シーズン終了後まで・1999年 - 2002年は一軍打撃コーチ)として松井秀喜、仁志敏久、清水隆行、高橋由伸、阿部慎之助など多くの打者を育てた。2003年 - 2005年には山本浩二監督の要請で再び広島の一軍打撃コーチに復帰し、伸び悩んでいた嶋重宣、新井貴浩を開花させた。2006年 - 2007年には巨人の一軍打撃コーチに復帰し、2007年のリーグ優勝に貢献した。内田順三 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎充登

    宮崎充登から見た嶋重宣嶋重宣

    2007年3月31日、開幕2戦目の阪神タイガース戦でリリーフとして初登板。同点の7回裏に登板し打者2人を続けて打ち取るも、四球と長打で2アウト二・三塁のピンチを作り降板。後を継いだ佐竹健太が2連続四球で失点し、敗戦投手となる。プロ2戦目の4月4日の横浜ベイスターズ戦では同点の6回表に登板。村田修一にプロ初被弾するも、直後に嶋重宣、代打前田智徳のタイムリーによって試合をひっくり返し、プロ初勝利を挙げた。その後4戦連続してリリーフ失敗し、防御率10点台で二軍に落とされた。しかし二軍で課題の落ちるボール(フォーク)を習得、フォームを調整し、約1ヵ月後に再び一軍昇格。先発ローテーションに入ってからはまずまずのピッチングを続け、9月29日の阪神タイガース最終戦(阪神甲子園球場)では、自己最多となる7回2/3を2失点で投げ、先発初勝利。先発にリリーフにと重宝されて31試合に登板し、3勝を挙げた。宮崎充登 フレッシュアイペディアより)

  • 井生崇光

    井生崇光から見た嶋重宣嶋重宣

    には外野手に故障者が出たこともあって5月下旬から一軍に帯同し、主に相手先発が左投手の際にスタメンとして起用された。出場機会が大幅に増え、自己最多の76試合に出場した。規定打席には届かなかったが、前田智徳以上の出塁率をキープした。代打や守備固め(時々内野の守備に就くこともある)での出場が中心で、9月10日の中日戦では7回から捕手も務めた。チェストプロテクター等は木村一喜の物を使用した。林昌樹のスライダーがショートバウンドしたがファインセーブし、ベンチから拍手喝采がおきる。この日の起用は逃げ腰リードの倉や、8日の試合でサヨナラ打撃妨害をした石原慶幸への「見せしめ」の意味合いもあった。投手任せのリードではあったが2006年にカープが掲げていた「無駄な四球は出さない」を実践して敬遠以外では四球は出さなかった。9月26日の試合では故障した嶋重宣に代わり3番スタメンに抜擢された。井生崇光 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た嶋重宣嶋重宣

    10月6日 - 広島の嶋重宣が対横浜戦でNPB史上252人目の通算100本塁打2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た嶋重宣嶋重宣

    10月2日 - 西武は嶋重宣の今季限りでの現役引退を発表2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た嶋重宣嶋重宣

    広島市民球場での広島対巨人25回戦で、九回に落雷で照明の一部が故障し午後9時14分から17分間試合が中断。午後9時31分に試合が再開されるが同35分に再び照明が故障し、26分試合が中断。広島の嶋重宣が六回裏に安打、八回裏に安打を打ち、球団新記録となるシーズン174本となる。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム☆アゲイン

    ドリーム☆アゲインから見た嶋重宣嶋重宣

    嶋重宣(カメラに写る)ドリーム☆アゲイン フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード