40件中 11 - 20件表示
  • ドゥエイン・ホージー

    ドゥエイン・ホージーから見た嶋重宣嶋重宣

    1997年の日本シリーズ第2戦、六回表1死満塁での打席。内角球が止めたバットのグリップエンド(バットの底の部分)に当たってフェアゾーンに転がり、三塁走者の宮本慎也がホームインし5対5の同点に追いつく。記録は捕野選。このような打球がフェアゾーンに転がることは稀であり、また日本シリーズでの1点を争う場面という点で話題となり、当時の専門家らからは「秘打」と呼ばれた。日本シリーズでは他に例がないものの、レギュラーシーズンにおいては2004年に高木浩之が、2005年に嶋重宣が同じような状況でピッチャーゴロになった例がある。ドゥエイン・ホージー フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎充登

    宮崎充登から見た嶋重宣嶋重宣

    2007年3月31日、開幕2戦目の阪神タイガース戦でリリーフとして初登板。同点の7回裏に登板し打者2人を続けて打ち取るも、四球と長打で2アウト二・三塁のピンチを作り降板。後を継いだ佐竹健太が2連続四球で失点し、敗戦投手となる。プロ2戦目の4月4日の横浜ベイスターズ戦では同点の6回表に登板。村田修一にプロ初被弾するも、直後に嶋重宣、代打前田智徳のタイムリーによって試合をひっくり返し、プロ初勝利を挙げた。その後4戦連続してリリーフ失敗し、防御率10点台で二軍に落とされた。しかし二軍で課題の落ちるボール(フォーク)を習得、フォームを調整し、約1ヵ月後に再び一軍昇格。先発ローテーションに入ってからはまずまずのピッチングを続け、9月29日の阪神タイガース最終戦(阪神甲子園球場)では、自己最多となる7回2/3を2失点で投げ、先発初勝利。先発にリリーフにと重宝されて31試合に登板し、3勝を挙げた。宮崎充登 フレッシュアイペディアより)

  • 松山傑

    松山傑から見た嶋重宣嶋重宣

    初奪三振:2010年8月22日、対広島東洋カープ20回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、8回裏に嶋重宣から松山傑 フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム☆アゲイン

    ドリーム☆アゲインから見た嶋重宣嶋重宣

    嶋重宣(カメラに写る)ドリーム☆アゲイン フレッシュアイペディアより)

  • 福井敬治

    福井敬治から見た嶋重宣嶋重宣

    また広島入団後は筋肉がプリントされた安物のTシャツを着て「同級生の嶋重宣が赤ゴジラなら自分は赤ゴリラ」とパフォーマンスしたり、積極的に自分を売り出している。福井敬治 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井樹

    浅井樹から見た嶋重宣嶋重宣

    2003年に金本知憲が阪神タイガースに移籍したことにより、それまで不動とされてきた外野の一角を担う候補の1人に数えられたが、森笠繁の打撃の向上や2004年に嶋重宣がライトの定位置を確保してからは出場機会が減った。浅井樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た嶋重宣嶋重宣

    6月16日 - 嶋重宣(埼玉県、野球)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・ブラウン

    マーティ・ブラウンから見た嶋重宣嶋重宣

    打線は梵英心を1番、東出輝裕を2番に固定、3?6番のどこかに前田を入れ、他の打順に新井貴浩・嶋重宣・栗原健太を据える。7番は緒方で固定し、森笠繁・廣瀬純の外野手争いに内野から尾形佳紀や喜田剛(5月18日に阪神から移籍)も加わるが、前年と同じように4月は調子が上がらず、5月に一時調子を上げるも交流戦では再び貧打となる。投手陣の不調も重なって交流戦では大きく負け越し、交流戦後に前年に中日を退団したアレックス・オチョアが加入して打線のテコ入れを図るも、最終的には最下位と1ゲーム差の5位で終わる。マーティ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 第75回全国高等学校野球選手権大会

    第75回全国高等学校野球選手権大会から見た嶋重宣嶋重宣

    嶋重宣(東北?広島?西武)第75回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た嶋重宣嶋重宣

    実家は江戸時代初期から続く浄土真宗本願寺派専法寺である。そのため2006年の春季キャンプの紅白戦で初本塁打を放った時には、嶋重宣や福井敬治から合掌で出迎えを受けていた。梵英心 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード