40件中 21 - 30件表示
  • 澤崎俊和

    澤崎俊和から見た嶋重宣嶋重宣

    2006年4月からは広島エフエムのDO THE CARPという番組に出演し、リスナーを楽しませている(2006年10月いっぱいでオフシーズンはや新井らが出演している)。トークは意外と上手い。また、同期入団で黒田より一軍定着が早かったが、今では黒田は「一番尊敬する投手ですね」と褒め称えた。澤崎俊和 フレッシュアイペディアより)

  • ファイターズDEナイト!

    ファイターズDEナイト!から見た嶋重宣嶋重宣

    2008年11月18日には、移転新築された広島市民球場のPRとして、広島東洋カープ選手の嶋重宣(当時。現・埼玉西武所属)がゲスト出演(日本ハム以外の球団からのゲストは初めて)。また、12月18日には、元・日本ハムで、現在は埼玉西武ライオンズ一軍守備走塁コーチの奈良原浩がスタジオ生出演した。ファイターズDEナイト! フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学野球部

    法政大学野球部から見た嶋重宣嶋重宣

    若生正広 - 投手、東北高出身 / 東北高野球部監督としてやダルビッシュを育てる。現在、九国大付属高野球部監督。法政大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 井生崇光

    井生崇光から見た嶋重宣嶋重宣

    には外野手に故障者が出たこともあって5月下旬から一軍に帯同し、主に相手先発が左投手の際にスタメンとして起用された。出場機会が大幅に増え、自己最多の76試合に出場した。規定打席には届かなかったが、前田智徳以上の出塁率をキープした。代打や守備固め(時々内野の守備に就くこともある)での出場が中心で、9月10日の中日戦では7回から捕手も務めた。チェストプロテクター等は木村一喜の物を使用した。林昌樹のスライダーがショートバウンドしたがファインセーブし、ベンチから拍手喝采がおきる。この日の起用は逃げ腰リードの倉や、8日の試合でサヨナラ打撃妨害をした石原慶幸への「見せしめ」の意味合いもあった。投手任せのリードではあったが2006年にカープが掲げていた「無駄な四球は出さない」を実践して敬遠以外では四球は出さなかった。9月26日の試合では故障した嶋重宣に代わり3番スタメンに抜擢された。井生崇光 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た嶋重宣嶋重宣

    3月10日に、嶋重宣との交換トレードで地元球団の広島へ移籍。阪神を離れてから1年足らずで、再びセ・リーグでプレーすることになった。背番号は29。貴重な中継ぎ左腕として26試合に登板、直球の球速も140km/h台半ばまで回復するも、防御率は4.43と不安定さが残った。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 高井雄平

    高井雄平から見た嶋重宣嶋重宣

    東北高等学校時代は、高校ナンバー1左腕として、メジャーリーグのスカウトからも注目された。高校時代の監督には、「投げて後藤伸也以上、打って嶋重宣以上」とプロ入りした先輩2人と比べて潜在能力の高さを評された。高井雄平 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た嶋重宣嶋重宣

    通算安打数「1999本」で迎えた2007年9月1日の対中日ドラゴンズ17回戦(広島市民)、前田は4打席凡退していたが6-7とリードを許して迎えた8回裏、広島は代打嶋重宣の3ランで逆転する。その後も攻め立てて二死満塁とし、打者一巡して前田の打席。久本祐一の3球目を右前へ運ぶ2点適時打を放ち、プロ通算2000安打に到達した。前田は一塁上で安堵の笑顔を見せ、長男・二男から花輪を受け取った(このとき前田は子供たちに「お母さんはどこにいるの?ありがとうって伝えておいてね。」と言った)。この回広島は一挙8点を奪って14-7で勝利、前田の金字塔に華を添えた。試合後お立ち台に立った前田はまず「自分個人の事でここまで騒がれるのは非常に残念な事。ここまでチームの戦い方を考えると悔しい思いばかりだし、自分が(怪我などで)いいシーズンを送れていないので、責任を感じています」「怪我をして、チームの足を引っ張って…。こんな選手を応援して下さって、ありがとうございます」と声を詰まらせた。そして「最高の形で(自分に打順を)回してくれたので、ここで打たなきゃと思った。今日という日は一生忘れないと思います」と喜びを語った。その後記念のボールを手に場内を一周してファンの声援に応え、チーム全員で記念撮影を行った。また試合後の記者会見では「今日は何となく負けるような展開だったが、みんなが凄い力を発揮して、最後に打たせてもらった。18年やっているけれど、こんな凄い試合は初めてです」と8回の攻撃を振り返り、「こういう記録を達成できて、こんな選手にいろんな声援を送ってくれたのに、充分応えることができなかった。これからも暖かい応援を頂きたい」とファンにメッセージを送った。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た嶋重宣嶋重宣

    プロ入りから一定期間経ってから投手から野手へコンバートされた選手としては、広島の石井琢朗(投手→三塁手→遊撃手)、西武の嶋重宣(投手→一塁手→外野手)、ヤクルトの宮出隆自(投手→外野手)、日本ハムの糸井嘉男(投手→外野手)などがいる。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 6月16日

    6月16日から見た嶋重宣嶋重宣

    1976年 - 嶋重宣、プロ野球選手6月16日 フレッシュアイペディアより)

  • 投手

    投手から見た嶋重宣嶋重宣

    少年野球などでは、運動能力に優れている選手が、投手と打者の両方の実力で他の選手を上回ることがある。高校野球でも、投手が上位打線に組み込まれていることが多い(いわゆる「エースで4番」)。そのため、王貞治、嶋重宣、石井琢朗などのように投手としてプロ入りした後、打者に転向する選手は比較的多い。対照的に、野手がプロ入り後に投手に転向した例は野口正明、ティム・ウェイクフィールドなど極少数である。その理由は、投手の技術は野手の技術と大きく異なり、習得に時間を要するからである。投手 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード