1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示
  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た嶋重宣嶋重宣

    1500本安打:2009年6月8日、対オリックス・バファローズ4回戦(しまなみ球場)、8回裏に嶋重宣の代打として出場、清水章夫から中前2点適時打 ※史上102人目緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラ

    ゴジラから見た嶋重宣嶋重宣

    嶋重宣 - 広島東洋カープ・埼玉西武ライオンズに所属していた元プロ野球選手。広島時代に背番号が松井秀喜と同じ55番だったため「赤ゴジラ」の愛称で呼ばれる。ゴジラ フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た嶋重宣嶋重宣

    山本が8年ぶりに監督として復帰した。しかし、チーム成績は2001年は勝率3位ながら勝利数で横浜を下回り4位に終わった。2002年、2代目オーナー松田耕平が死去し、3代目オーナーにオーナー代行の松田元が就任する。からまで3年連続の5位。元大洋4番・松原誠をチーフコーチに招聘し、新井貴浩が中軸打者に成長する。一方で金本知憲が2002年オフにはFAで阪神に移籍する。2004年には嶋重宣が首位打者・最多安打・ベストナインを獲得している。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 菊池涼介

    菊池涼介から見た嶋重宣嶋重宣

    は二塁手として一軍公式戦全144試合に出場。6月に開催された18試合すべてで安打を放つなど打撃面でも飛躍を遂げ、リーグトップの39二塁打、2年連続の11本塁打を放ったほか、打率.325、188安打(いずれもリーグ2位)という好成績を収めた。シーズン188安打は嶋重宣が2004年にマークした球団記録の189安打にあと1本まで迫る、球団歴代2位の好記録であった。また、20試合連続安打を1シーズンに2度記録した。NPBの一軍公式戦でこの記録を達成したのは平井正明()・イチロー()に次いで3人目。また、前年に自身で達成した二塁手としてのシーズン補殺数の日本記録を535にまで更新した。シーズン終了後の日米野球では日本代表の正二塁手として打率.381を記録。走攻守にわたって著しい活躍を見せた(詳細後述)。菊池涼介 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード