前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示
  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た新井貴浩

    2007年シーズン前にアメリカに渡ってトレーニングし、節制する等体調管理を心掛けてシーズンイン。しかし、前年の肩痛が再発したため前半から中盤まで酷い不振に陥った。9月以降にようやく調子を取り戻すが、前年より更に低い成績に終わった。ただし長打力は健在で、新井貴浩とほぼ遜色ない本塁打率を記録した。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た金村曉

    3年時には小野とともに高校生として史上初めて日本代表に選出され、キューバ戦に登板。小野は3番オマール・リナレスから、嶋は4番オレステス・キンデランから三振を奪った。またやはり同学年で仙台育英高の金村曉(元阪神)は同県のライバルだった。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た飯田哲也

    一軍では2試合に登板したが勝利を挙げられなかった。1998年3月7日のオープン戦(対ヤクルト・福山市民球場)では、プレイボール直後の初球で飯田哲也に頭部危険球、わずか1球で退場になってしまうという珍記録を樹立。ちなみにプロ初先発の試合では投手ながら2点タイムリーを放っている。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た松井秀喜

    広島時代のニックネームは広島のチームカラーと、当時ニューヨーク・ヤンキースに所属していた松井秀喜と同じ背番号55にちなんで「赤ゴジラ」。首位打者を獲得した2004年の流行語大賞にも「赤ゴジラ」としてノミネートされた。ゴジラというニックネームの元祖であるその松井は嶋が投手として最後に対戦した打者でもある。ただ、嶋の成績低迷と合わせてこの呼称も徐々にかすみつつあったことに加え、2010年に赤いユニホームであるロサンゼルス・エンゼルスに移籍した松井がスポーツ紙などを中心に「赤ゴジラ」と呼ばれるようになった。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た天谷宗一郎

    2010年は、赤松真人、廣瀬純、天谷宗一郎、ジェフ・フィオレンティーノなど外野の定位置を競うライバルが多く、序盤は代打としての起用が主だった。しかし天谷やフィオレンティーノが打撃面で結果を残せなかったため、次第に先発出場の機会を増やしていった。不動の4番打者だった栗原が長期離脱した間は代役を務め、23試合に4番打者として出場した。規定打席には届かなかったものの、3年ぶりに二桁本塁打をマークするなど2009年より成績を上げた。シーズン中に国内移籍が可能なFA権を取得したが、10月に権利を行使せずに広島に残留すること表明した。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た前田智徳

    野手転向1年目となった1999年には、打率.280、プロ入り初を含む3本塁打を放つ活躍を見せた。二軍でも3割を超える成績を度々残し、2002年には打率.314でウエスタン・リーグ首位打者も獲得したが、持病の腰痛や前田智徳・緒方孝市・金本知憲などの外野手層は厚く、試合出場に恵まれずにいた。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た金本知憲金本 知憲

    野手転向1年目となった1999年には、打率.280、プロ入り初を含む3本塁打を放つ活躍を見せた。二軍でも3割を超える成績を度々残し、2002年には打率.314でウエスタン・リーグ首位打者も獲得したが、持病の腰痛や前田智徳・緒方孝市・金本知憲などの外野手層は厚く、試合出場に恵まれずにいた。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た河原純一

    2011年7月24日に海外FA権を取得したが、行使しないことを表明した。7月31日の対中日戦(マツダ)では、延長11回に代打として出場し、河原純一からプロ入り初のサヨナラ安打を放った。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見たグレッグ・ラロッカ

    転機となったのは、2004年である。オープン戦から好成績を残し、前年に阪神タイガースに移籍した金本の穴を埋める候補として、開幕一軍入りを勝ち取った。4月は主に2番を打ちながら、4割を超える高打率を記録するなどの大活躍を見せ、一気に右翼手のレギュラーに定着し、監督推薦によるオールスターゲームにも初出場した。後半戦からは中軸を任されるようになり、グレッグ・ラロッカに次ぐチーム2位の32本塁打を放つなど、長打力も十二分に発揮した。その後も順調に安打を量産し続け、一時は当時のリーグ記録であったロバート・ローズの192安打の更新も期待されたが、終盤に疲労と腰痛等の影響で失速し、189安打に終わる。このシーズンは首位打者と最多安打、更にベストナインのタイトルを獲得。シーズンオフには日米野球のメンバーに選出され、ニックネームの「赤ゴジラ」(詳細は後述)が同年の流行語大賞でも話題となるなど、多方面から注目を浴びた一年となった。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た江草仁貴

    2012年3月10日、江草仁貴との交換トレードにより埼玉西武ライオンズに移籍することが発表された。背番号は42となった。開幕からDHでスタメン出場し、3月31日にはプロ入り通算1000試合出場(史上448人目)を果たしている。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード