83件中 11 - 20件表示
  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た栗原健太

    2008年はスタメンを?奪され、3、4月は代打中心となり、二軍落ちも経験するなど、苦しいスタートとなった。しかし内田コーチと二人三脚でフォーム改造に取り組み、5月25日に千葉ロッテマリーンズ戦で同点となる代打3点本塁打を、6月12日にもロッテ戦で代打逆転2点本塁打を放った。以降、調子を取り戻し先発出場も増え、オールスター明け後は完全にスタメンを手中にした。規定打席には届かなかったものの、4年ぶりに打率3割を記録。打席数が少ないものの四球40は栗原健太の42に続くチーム2位で、出塁率.394は規定未満ながらもリーグ5位相当の数字である。一方、本塁打数は前年の半分の7本に落とし、2004年から継続していた連続2桁本塁打記録は4年で止まった。同年オフの10月9日に群馬県館林市内の病院で内視鏡による左ひじ関節の手術を受けた。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た赤松真人

    2010年は、赤松真人、廣瀬純、天谷宗一郎、ジェフ・フィオレンティーノなど外野の定位置を競うライバルが多く、序盤は代打としての起用が主だった。しかし天谷やフィオレンティーノが打撃面で結果を残せなかったため、次第に先発出場の機会を増やしていった。不動の4番打者だった栗原が長期離脱した間は代役を務め、23試合に4番打者として出場した。規定打席には届かなかったものの、3年ぶりに二桁本塁打をマークするなど2009年より成績を上げた。シーズン中に国内移籍が可能なFA権を取得したが、10月に権利を行使せずに広島に残留すること表明した。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見たジェフ・フィオレンティーノ

    2010年は、赤松真人、廣瀬純、天谷宗一郎、ジェフ・フィオレンティーノなど外野の定位置を競うライバルが多く、序盤は代打としての起用が主だった。しかし天谷やフィオレンティーノが打撃面で結果を残せなかったため、次第に先発出場の機会を増やしていった。不動の4番打者だった栗原が長期離脱した間は代役を務め、23試合に4番打者として出場した。規定打席には届かなかったものの、3年ぶりに二桁本塁打をマークするなど2009年より成績を上げた。シーズン中に国内移籍が可能なFA権を取得したが、10月に権利を行使せずに広島に残留すること表明した。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た川村丈夫

    初盗塁:1999年9月10日、対横浜ベイスターズ21回戦(横浜スタジアム)、2回表に二盗(投手:川村丈夫、捕手:谷繁元信)嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た元木大介元木 大介

    初奪三振:同上、2回表に元木大介から嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た小山田保裕

    初本塁打:1999年8月3日、対横浜ベイスターズ15回戦(呉二河球場)、7回裏に小山田保裕の代打で出場、横山道哉から右越ソロ嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た吉見祐治

    100本塁打:2007年10月6日、対横浜ベイスターズ24回戦(広島市民球場)、1回裏に吉見祐治から中越3ラン ※史上252人目嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た緒方孝市

    野手転向1年目となった1999年には、打率.280、プロ入り初を含む3本塁打を放つ活躍を見せた。二軍でも3割を超える成績を度々残し、2002年には打率.314でウエスタン・リーグ首位打者も獲得したが、持病の腰痛や前田智徳・緒方孝市・金本知憲などの外野手層は厚く、試合出場に恵まれずにいた。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見たオープン戦

    一軍では2試合に登板したが勝利を挙げられなかった。1998年3月7日のオープン戦(対ヤクルト・福山市民球場)では、プレイボール直後の初球で飯田哲也に頭部危険球、わずか1球で退場になってしまうという珍記録を樹立。ちなみにプロ初先発の試合では投手ながら2点タイムリーを放っている。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た埼玉西武ライオンズ

    嶋 重宣(しま しげのぶ、1976年6月16日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。北海道札幌市生まれ、埼玉県上福岡市(現:ふじみ野市)出身。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード