79件中 51 - 60件表示
  • 嶋重宣

    嶋重宣から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    転機となったのは2004年のころである。オープン戦から好成績を残し、前年に阪神タイガースに移籍した金本の穴を埋める候補として開幕一軍入りを勝ち取った。4月は主に2番を打ちながら、4割を超える高打率を記録するなどの大活躍を見せ、一気に右翼手のレギュラーに定着し監督推薦によるオールスターゲームにも初出場した。後半戦からは中軸を任されるようになり、グレッグ・ラロッカに次ぐチーム2位の32本塁打を放つなど長打力も十二分に発揮した。嶋もその後、順調に安打を量産し続け、一時は当時のリーグ記録であった元横浜のロバート・ローズの192安打の更新も期待されたが終盤に疲労と腰痛等の影響で失速してしまい、結局189安打に終わった。このシーズンで嶋は首位打者と最多安打、更にベストナインのタイトルを獲得し、シーズンオフには日米野球のメンバーに選出され、嶋のニックネームでもある「赤ゴジラ」が同年の流行語大賞でも話題となるなど多方面から注目を浴びた一年となった。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た首位打者 (日本プロ野球)

    転機となったのは2004年のころである。オープン戦から好成績を残し、前年に阪神タイガースに移籍した金本の穴を埋める候補として開幕一軍入りを勝ち取った。4月は主に2番を打ちながら、4割を超える高打率を記録するなどの大活躍を見せ、一気に右翼手のレギュラーに定着し監督推薦によるオールスターゲームにも初出場した。後半戦からは中軸を任されるようになり、グレッグ・ラロッカに次ぐチーム2位の32本塁打を放つなど長打力も十二分に発揮した。嶋もその後、順調に安打を量産し続け、一時は当時のリーグ記録であった元横浜のロバート・ローズの192安打の更新も期待されたが終盤に疲労と腰痛等の影響で失速してしまい、結局189安打に終わった。このシーズンで嶋は首位打者と最多安打、更にベストナインのタイトルを獲得し、シーズンオフには日米野球のメンバーに選出され、嶋のニックネームでもある「赤ゴジラ」が同年の流行語大賞でも話題となるなど多方面から注目を浴びた一年となった。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た指名打者

    2012年3月10日、江草仁貴との交換トレードにより埼玉西武ライオンズに移籍することが発表された。背番号は42となった。開幕からDHでスタメン出場し、3月31日にはプロ入り通算1000試合出場(史上448人目)を果たしている。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た内野手

    嶋 重宣(しま しげのぶ、1976年6月16日 - )は、北海道札幌市生まれで埼玉県上福岡市(現:ふじみ野市)出身の元プロ野球選手(外野手、内野手、投手)。現在は埼玉西武ライオンズの一軍打撃コーチ。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た外野手

    嶋 重宣(しま しげのぶ、1976年6月16日 - )は、北海道札幌市生まれで埼玉県上福岡市(現:ふじみ野市)出身の元プロ野球選手(外野手、内野手、投手)。現在は埼玉西武ライオンズの一軍打撃コーチ。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見たDO THE CARP

    DO THE CARP - 本人出演の地元ラジオ番組嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た岡山県倉敷スポーツ公園野球場

    初登板:1997年6月29日、対ヤクルトスワローズ13回戦(倉敷マスカットスタジアム)、9回表に5番手で救援登板、2四球1被安打で降板嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た本塁打

    東北高校では2年春の第65回選抜高等学校野球大会と夏の第75回全国高等学校野球選手権大会、3年春の第66回選抜高等学校野球大会と3度甲子園に出場した。高校通算では28本塁打を記録している。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た代打

    2006年は更に打率を下げてしまい前半戦は2割7分台程度にとどまり、腰痛の悪化も相まってこのシーズン以降は下位を打ったりスタメンを外れることも多くなった。一方、代打では重要なところで本塁打も放った。後半戦に入った途端に打撃の調子を上げ、8月23日に2本塁打を放ち3年連続で20本塁打を達成した。だが9月25日にバットスイングからくる右肩痛を発症し登録を抹消された。広島のブラウン監督は嶋について「今季の残り試合数を考えれば、もう戻らないだろう」と無理をさせぬよう出場させなかった。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た明桜高等学校

    同学年で同じサウスポーの小野仁(当時秋田経法大附高)とともに140km/hを超えるストレートを武器としており、全国屈指の左腕投手として注目を集めていた。2年秋の東北大会では準決勝で対決、ともに延長16回を完投して嶋の19奪三振、小野の24奪三振の快投で4時間を越える試合を戦い、1-0で東北高校がサヨナラ勝ちを収めている。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「嶋重宣」のニューストピックワード