前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示
  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た川上憲伸川上憲伸

    1997年、ナゴヤドームに本拠地を移し、新時代の一歩を踏み出すが、狭いナゴヤ球場から一転して広くなったナゴヤドームに野手陣の慣れが追いつかず、前年の強竜打線も沈黙して5年ぶりの最下位に終わる。しかし、前年不振だった宣銅烈がその年のオフを返上し猛練習。結果最優秀救援投手になった横浜佐々木主浩と並ぶ38セーブを挙げ、山本昌が3年ぶり3度目の最多勝に輝くなど投手陣は奮闘を見せた。オフにはドームに対応した野球を目指して抜本的な改革が行なわれた。守備力と機動力を確保するためパウエルを解雇し、韓国ヘテから李鍾範を獲得。阪神との交換トレードで矢野輝弘と大豊を放出し、関川浩一と久慈照嘉を獲得した。この年のドラフトでは川上憲伸を1位指名した。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の日本シリーズ

    1999年の日本シリーズから見た川上憲伸川上憲伸

    中日は主砲の山崎武司をシーズン終盤の負傷で欠いており、関川浩一もシリーズを通して不振で、また福留孝介の失策が目立ち、さらに投手陣でも、先発陣(川上憲伸を除く)・中継ぎ陣とも軒並み不振だった上に、中継ぎの一人サムソン・リーが来季のメジャー挑戦を公に表明してしまい選手登録から外されるなどして、チーム全体が不完全燃焼に終わった。なお、第2戦で好投した川上憲伸が敢闘賞に選ばれている。1999年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た川上憲伸川上憲伸

    慶應義塾大学野球部で1年時からレギュラー。春季リーグ戦の開幕1試合目から5番・三塁手として出場、ルーキー新記録の3本塁打を放つ。3年時の東京六大学野球1996年春季リーグ戦では打率.512、5本塁打を記録して三冠王を獲得。4年時の1997年には主将に就く。相手が勝負を避けるようになり、2試合で7四球など敬遠も目立つ中、春季リーグ戦ではチームを9季ぶりのリーグ優勝に導く貢献。秋季リーグでは法政大学の安藤優也から田淵幸一の持つ東京六大学リーグ本塁打記録を更新して歴代1位となる通算23本塁打を放つ。リーグ通算102試合出場(4年間全試合フルイニング出場)し366打数119安打、62打点、打率.325。通算219塁打は歴代1位。日米大学野球においても日本代表の4番打者として3試合連続本塁打を打つなど活躍。インターコンチネンタルカップでも大学生ながら日本代表の4番打者として出場し、上原浩治が先発した国際大会151連勝中のキューバとの決勝戦で1回裏に先制点かつ決勝点となる3点本塁打を放ち、その後も2点三塁打を打つなど優勝に貢献。同年に大学を卒業。甘いマスクと走攻守を兼ね揃えた六大学のスターとして高い人気を誇っていた。ちなみに、リーグ戦では1度だけリリーフ投手として登板し無失点で切り抜け、球速149km/hも記録したことがある。当時の慶大監督の後藤寿彦は、「試合の勝敗にはすごくこだわるのに、自分の記録や賞についてはギラギラしていない」と語った。大学の後輩である佐藤友亮は、「後輩に怒ることが全く無く、後輩が叱られていたら庇ってくれる仏様のような人」「彼がいなかったら何人も野球部を辞めていた」とプロ入り後に語っている。また、同期である明治大学の川上憲伸投手とは六大学野球新記録となる本塁打を放つなど大学時代よりライバルであった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た川上憲伸川上憲伸

    移籍1年目のは自己最多となる24本塁打を打つ。オフに落合博満が監督に就任。正捕手のエースナンバーは森昌彦に代表される27、もしくは田淵幸一に代表される22という落合監督の持論により、背番号を7から27に変更。は不動の正捕手として攻守ともにチームを牽引し、リーグ優勝に貢献。川上憲伸と共に2度目の最優秀バッテリー賞を受賞。日本シリーズ第3戦で逆転満塁本塁打を放つ活躍を見せるも、チームは日本シリーズ敗退を喫した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    前年、日本一に輝いたヤクルトスワローズの野村克也監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、かつてオールスターゲームでバッテリーを組んだ事のあるパリーグの覇者・西武ライオンズの東尾修監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いて戦った1998年のオールスターゲーム。第1戦は前年完成したナゴヤドームでの初球宴となり、地元中日ドラゴンズのゴールデンルーキー・川上憲伸が全セの先発として登板。3イニングを2安打無失点に抑え、オールスター史上4人目の投手としてのMVPに輝いた。しかも新人投手としては初めての快挙である。1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た川上憲伸川上憲伸

    シリーズ開幕投手は中日が川上憲伸、日本ハムがダルビッシュ有だったが、この両先発が4回までで四死球をあわせて9つ(川上:4、ダルビッシュ:5)与えるという、入った点数以上に荒れた序盤の展開となった。2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 新沼慎二

    新沼慎二から見た川上憲伸川上憲伸

    入団後は当時正捕手だった谷繁元信、控えにも秋元宏作らがいたため二軍生活が続いたが、10月7日の中日ドラゴンズ戦でプロ初出場。8月3日、プロ入り9年目にして中日の川上憲伸から初安打・初本塁打を打つ。新沼慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た川上憲伸川上憲伸

    中日からFAになっていた川上憲伸のブレーブスへの移籍が決定。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た川上憲伸川上憲伸

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • THE・サンデー

    THE・サンデーから見た川上憲伸川上憲伸

    なお、このコーナーに内包される形で、石井浩郎・川上憲伸・三澤興一の個人コーナーがあった。詳細は後述。THE・サンデー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード