前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示
  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た川上憲伸川上憲伸

    ナゴヤドームに本拠地を移し、狭いナゴヤ球場から一転して広くなったナゴヤドームに野手陣の慣れが追いつかず、前年の強竜打線も沈黙、チーム防御率は11位と低迷、5年ぶりの最下位に終わる。宣銅烈が不振だった前年から一転、38セーブを挙げ、山本昌が3年ぶり3度目の最多勝を獲得。オフには守備力と機動力を確保するためパウエルを解雇し、韓国ヘテから李鍾範を獲得。阪神との交換トレードで矢野輝弘と大豊泰昭を放出し、関川浩一と久慈照嘉を獲得した。この年のドラフトでは川上憲伸を1位、井端弘和を5位指名した。星野が投手コーチに宮田征典を招聘した。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た川上憲伸川上憲伸

    沢村賞の選考委員会が都内のホテルで開かれ、中日の川上憲伸を選出。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ボーグルソン

    ライアン・ボーグルソンから見た川上憲伸川上憲伸

    は開幕から先発ローテーション入りし、途中右肩の故障で二軍に降格したが、7月下旬には復帰して最終的には7勝6敗の成績を残した。また、投手としては打撃力のある所を見せ、4月12日の中日ドラゴンズ戦で川上憲伸からこの年の投手第1号、投球回数リーグ上位30人の中では唯一となる本塁打を放ち、インタビューで「打てる機会があればまた打っていきたい」と話した。投手としては中日戦では2勝0敗・防御率3.15・WHIP1.28と良い投球を見せ、東京ヤクルトスワローズ戦でも防御率3.18・WHIP1.69ながら4勝を挙げたものの、読売ジャイアンツ戦では3試合に登板して防御率8.31・WHIP1.69と打ち込まれ、広島東洋カープ戦には3度登板していずれも敗戦投手となるなど相性が極端で、シーズン終盤の9月には4試合に先発していずれも5回もたず降板するなど不安定な面も見せた。オフには年俸9,000万円の1年契約で契約を延長。ライアン・ボーグルソン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た川上憲伸川上憲伸

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ドラ魂KING

    ドラ魂KINGから見た川上憲伸川上憲伸

    レギュラーゲスト、木曜、 川上憲伸 元中日ドラゴンズ選手。ドラ魂KING フレッシュアイペディアより)

  • 高谷裕亮

    高谷裕亮から見た川上憲伸川上憲伸

    ''、二軍で関西遠征中だったが、一軍で右手首を痛めた大野隆治に代わり急遽昇格が決定し、4月12日に初めて一軍出場選手登録され、4月17日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で5回から代打でプロ初出場し、初打席は永井怜の前にショートライナーに倒れた。7回にはホセ・フェルナンデスの二盗を刺し、8回第2打席には四球から出塁し、永井の暴投の間に三塁まで進塁、本多雄一のタイムリーヒットで生還してプロ初得点も記録した。4月19日に二軍へ降格し、6月5日に一軍へ昇格した。6月23日のセ・パ交流戦、対中日ドラゴンズ戦で5回に代打で起用され、川上憲伸の3球目を叩きつけ二塁への内野安打でプロ初安打を記録した。翌6月24日の同カードで8番捕手としてプロ初の先発出場を果たした。6回3打席目無死二三塁の場面で久本祐一の初球を捉えてダメ押しとなるライトオーバー2点タイムリーツーベースを放ち、これがプロ初打点となった。守っては先発の和田毅らをリードし9回2失点に抑え、攻撃では4打席で3出塁の活躍だった。続く6月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦でも2試合目の先発出場ながら内外を使い分けるリードで杉内俊哉を完封に導き、柴原洋のサヨナラ本塁打を呼んだ。以後5試合先発したが5試合で0勝3敗、打率.136と調子を崩して控えとなり、8月6日に二軍へ降格し、そのままシーズンを終えた。捕手難というチーム事情もあり正捕手として期待されたが、1年目の出場は12試合にとどまり、先発出場7試合、フル出場した3試合では2勝1敗、1完封勝利だった。二軍では31試合に出場し打率.253、出塁率.352を残し、75打数ながら3本塁打だった。高谷裕亮 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    (セ) 山本昌(中)、●三浦(横)、川上(中)、上原(巨)、河内(広)、岡本(中)?矢野(神)、古田(ヤ)2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た川上憲伸川上憲伸

    この年就任した落合博満監督は「守りの野球」を掲げ、セリーグ最小失策数となる45失策を作った。また、投手陣ではエースの川上憲伸の復活、落合英二や岩瀬仁紀らリリーフ陣の尽力もあり、5年ぶりのリーグ優勝を遂げた。また「守りの野球」らしく守備の名手がそろっており、ゴールデングラブ賞を5部門にわたって受賞した(荒木・井端・アレックス・英智・渡邉・川上)。しかし日本シリーズではまたも西武に敗れた。シーズンMVPはエース川上憲伸が選ばれた。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • THE・サンデー

    THE・サンデーから見た川上憲伸川上憲伸

    なお、このコーナーに内包される形で、石井浩郎・川上憲伸・三澤興一の個人コーナーがあった。詳細は後述。THE・サンデー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た川上憲伸川上憲伸

    慶應義塾大学野球部で1年時からレギュラー。春季リーグ戦の開幕1試合目から5番・三塁手として出場、ルーキー新記録の3本塁打を放った。3年時の東京六大学野球1996年春季リーグ戦では打率.512、5本塁打を記録して三冠王を獲得。4年時の1997年には主将に就いた。相手が勝負を避けるようになり、2試合で7四球など敬遠も目立つ中、春季リーグ戦ではチームを9季ぶりのリーグ優勝に導くなど貢献する。秋季リーグでは法政大学の安藤優也から本塁打を放ち、田淵幸一の持つ東京六大学リーグ本塁打記録を更新した。リーグ通算102試合出場(4年間全試合フルイニング出場)し、通算打率.325、119安打(当時歴代4位)、23本塁打(歴代1位)、62打点(当時歴代12位)、219塁打(歴代1位)と記録的な成績を残す。日米大学野球においても日本代表の4番打者として3試合連続本塁打を打つなど活躍。インターコンチネンタルカップでも大学生ながら日本代表の4番打者として出場し、上原浩治(大阪体育大学)が先発した国際大会151連勝中のキューバとの決勝戦で1回裏に先制点かつ決勝点となる3点本塁打を放ち、その後も2点三塁打を打つなど優勝に貢献した。同年に大学を卒業し、甘いマスクと走攻守を兼ね揃えた六大学のスターとして高い人気を誇っていた。ちなみに、リーグ戦では1度だけリリーフ投手として登板し無失点で切り抜け、球速149km/hを記録したことがある。当時慶大の後藤寿彦監督は高橋のことを「試合の勝敗にはすごくこだわるのに、自分の記録や賞についてはギラギラしていない」と語った。高橋の大学の3学年後輩である佐藤友亮は、「後輩に怒ることが全く無く、後輩が叱られていたら庇ってくれる仏様のような人」「彼がいなかったら何人も野球部を辞めていた」とプロ入り後に語っている。また、高橋と同期である明治大学の川上憲伸とは六大学野球新記録となる本塁打を放つなど大学時代よりライバルであった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード