143件中 91 - 100件表示
  • ジェイソン・ヘイワード

    ジェイソン・ヘイワードから見た川上憲伸川上憲伸

    は、19歳にしてメジャーのスプリングトレーニングに招待選手として参加。紅白戦では川上憲伸から本塁打を放ち、「まだ19歳だなんて信じられない」と言わしめた。シーズンはA+級マートルビーチからスタートし、49試合で打率.296の好成績を残してAA級ミシシッピ・ブレーブスに昇格。AA級ミシシッピでは47試合で打率.352と打ち、シーズン終盤にはAAA級グウィネット・ブレーブスに昇格した。7月には、マイナーリーグのオールスター「フューチャーズゲーム」にアメリカ合衆国代表として出場した。シーズン終了後には、大リーグ公式サイトのプロスペクトTOP50で、スティーブン・ストラスバーグらを抑え1位に選ばれた。また、ベースボール・アメリカとUSAトゥデイ選定のマイナー年間最優秀選手賞を受賞した。ジェイソン・ヘイワード フレッシュアイペディアより)

  • 岡田英津也

    岡田英津也から見た川上憲伸川上憲伸

    その後、根本陸夫の招聘でプロ野球界に進出。広島(1968年 - 1969年二軍バッテリーコーチ, 1970年二軍監督, 1971年・1973年 - 1974年二軍コーチ, 1972年一軍コーチ)、太平洋・クラウン・西武(1975年 - 1977年・1985年 - 1986年スカウト, 1978年 - 1984年二軍監督)、中日(1987年 - 1989年二軍監督兼寮長, 1990年 - 2001年編成部長・スカウト部長)、阪神(2003年 - 2007年非常勤顧問・関東地区担当スカウト)で監督・コーチ・フロントを歴任。1974年は寮長、1978年は打撃コーチを兼任(どちらも1年だけ)。西武時代は根本の「腹心中の腹心」として黄金時代を築く人材を集め、中日時代は明大の後輩・星野仙一を支え、スカウトとしては主に関東地区を担当。トレード・スカウティング等の編成強化に大きく貢献し、明大の後輩・川上憲伸を獲得。岡田英津也 フレッシュアイペディアより)

  • 武田一浩

    武田一浩から見た川上憲伸川上憲伸

    、移籍初登板を完封勝利で飾り先発ローテーションの一員として活躍したが、シーズン後半試合中足に打球を受け亀裂骨折してしまう。しかし戦線離脱せず、薬で痛みを散らしながらシーズン最後までエースの野口茂樹、明治大学の後輩である川上憲伸、そして山本昌とともにローテーションを守り、先発陣では野口の19勝に次ぐ9勝を挙げ、川上とともに右のエース格としてリーグ優勝に貢献した。優勝決定後の10月6日に最後の先発機会を与えられ、勝てばセ・リーグ移籍後初の2ケタ勝利となるところであったが敗戦投手となり、チーム3人目の2ケタ勝利(結果的に2ケタ勝利を挙げたのは野口とルーキーの岩瀬仁紀の2人)はならなかった。同年10月27日、古巣であるダイエー相手の日本シリーズ第4戦に先発するも前年までの同僚たちに打ち込まれ敗戦投手となる。このシーズンの怪我と、翌に右膝を手術したことがきっかけでが原因で下半身の粘りがなくなったことから、翌年以降は2年連続で3勝6敗と精彩を欠いてしまう。武田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ドナルド (野球)

    ジェイソン・ドナルド (野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    8月には北京オリンピックに野球アメリカ合衆国代表として出場し、銅メダルを獲得した。日本との3位決定戦では8番遊撃手としてスタメン出場し、川上憲伸から2点本塁打を放つなど2打数2安打2打点2四球の活躍で銅メダルの獲得に貢献した。ジェイソン・ドナルド (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 入来 祐作

    入来祐作から見た川上憲伸川上憲伸

    、本田技研時代のトレーナー・大森浩司に指導を仰ぎながら、投球動作に関連したトレーニングを春季キャンプ前に敢行。下から上に浮き上がる「ライジングボール」の威力が増したうえに、ガルベスから教わったチェンジアップで投球に緩急を付けられるようになった。開幕一軍こそ逃したものの、桑田真澄の故障離脱を受けて、4月12日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)に先発。8回1/3を1失点に抑えた結果、一軍では722日振りの勝ち星を挙げた。5月2日の中日戦では、約3年振りの完投勝利。5月8日の対広島東洋カープ戦では、佐々岡真司と投げ合った末に、一軍での初完封を記録した。前半戦で3連勝を含む8勝を挙げたことから、オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、7月20日の第1戦(福岡ドーム)に先発。2回裏途中で兄の智に交代したことで、オールスター史上初の「兄弟継投」を実現した(尚、兄・智がヤクルトに在籍した二年間でシーズン中での兄弟対決の実現はなされなかった)。8月1日の対中日戦では、川上憲伸との投げ合いを制してシーズン2度目の完封勝利。シーズン通算では、チーム最多となる13勝を挙げるとともに、リーグトップの勝率を記録した。終盤には藤井秀悟(ヤクルト)との間で勝利数を争ったが、和田豊の引退試合になった10月1日の阪神タイガース戦(甲子園)で敗戦投手になったことから、1勝差で最多勝利のタイトルを逃した。また、当時はセントラル・リーグが最高勝率投手を表彰しなかったため、キャリアハイの成績を残しながらタイトルと無縁に終わった。入来祐作 フレッシュアイペディアより)

  • 三澤興一

    三澤興一から見た川上憲伸川上憲伸

    日曜日の朝の情報系番組『ザ・サンデー』において、質実剛健キャラの石井浩郎や川上憲伸に対抗し、ゆるキャラの「前略・三沢興一です」のコーナーがあった(そのテーマ曲も「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」をコミカルにアレンジした曲だった)。このコーナーは近鉄移籍初期まで放送された。三澤興一 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島インディゴソックス

    徳島インディゴソックスから見た川上憲伸川上憲伸

    12月5日、中島の監督退任とハンファ・イーグルスの打撃コーチ就任が発表された。12月7日、後任監督に、元福岡ソフトバンクホークス選手で、前中信兄弟コーチの養父鉄(球団の発表文では「養父鐵」と表記)の就任が発表された。12月26日には牛田コーチも退任が発表された(駒井コーチは留任)。後任として、地元出身の川上憲伸(元・中日)に選手兼任でのオファーを出していたが、入団に至らなかったことが後に明らかになっている。徳島インディゴソックス フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た川上憲伸川上憲伸

    川上憲伸と左右のエースとしてチームを引っ張り、7年ぶりの11勝以上を挙げる13勝を挙げリーグ制覇に貢献した。西武ライオンズとの日本シリーズでは第2戦と第6戦に先発し、西武も松坂大輔が第2戦と第6戦に先発して投げ合った。第2戦は5回途中5失点でKO、日本一に王手をかけた第6戦は6回に和田一浩に逆転2ランホームランを浴びこの回途中で降板。6回途中3失点で敗戦投手となり、日本シリーズでは結果を残せなかった。チームもそのまま日本一を逃した。オフの契約更改では初の2億円超えを達成。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 開幕投手

    開幕投手から見た川上憲伸川上憲伸

    2004年の中日ドラゴンズは、対広島東洋カープ戦において、3年間1軍登板実績がなかった川崎憲次郎を開幕投手に起用した。この年監督に就任した落合博満が補強なしの全選手横一線のチームに刺激を与えることと、先発投手の情報漏洩がないかどうかを確認するための起用だったという。この起用は投手起用を基本的にヘッドコーチの森繁和に任せていた落合が、監督生活で唯一自ら決めた投手起用であったという。本来なら川上憲伸が開幕投手最有力で川上は第三戦に先発した。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た川上憲伸川上憲伸

    WBC代表に選出され出場。正捕手として世界一に貢献し、22打数9安打で打率.409、1本塁打に5打点を記録しラッキーボーイとして知名度を上げる。ベストナイン(捕手部門)にも選出される活躍をみせた。4月26日にはWBCでの活躍が評価され、出身地の徳島県から特別功労賞が贈られた。5月2日の対ソフトバンク戦ではNPBタイ記録の5打席連続三振を喫した。6打席目は安打を放ち記録更新は免れた。また、オールスターゲームに初のファン投票(捕手)での選出(2005年にも監督推薦で出場)。高校時代1本も安打を打てなかった同郷の川上憲伸から初安打となるソロ本塁打を放った。この年、橋本将の故障と不調もあり正捕手に座った。球団としては1985年の袴田英利以来、捕手として21年ぶりの規定打席に到達(球団名がマリーンズに変更されてからは初)、ゴールデングラブ賞とベストナインにも選出された。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

143件中 91 - 100件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード