143件中 101 - 110件表示
  • 金子誠

    金子誠から見た川上憲伸川上憲伸

    は日本ハム選手会の会長に就任。主に9番打者として活躍し、リーグ優勝、日本一を達成。中日との日本シリーズ第2戦では1対2とリードされた7回表、山本昌から逆転打を放ち、その裏では1死一、二塁のピンチで代打・立浪和義の三遊間の難しいあたりを好捕し、二塁封殺を取る活躍を見せ、お立ち台に上がった。第5戦では0対1とリードされた5回裏、川上憲伸から巧妙なスクイズバントを決め、同点に追いつく活躍を見せた。この年のパ・リーグプレーオフからはリストバンドを浅葱色のものに変更金子誠 フレッシュアイペディアより)

  • そらジロー

    そらジローから見た川上憲伸川上憲伸

    川上犬シン(『THE・独占サンデー』『THE・サンデー』。アトランタ・ブレーブスの投手・川上憲伸がモデル)そらジロー フレッシュアイペディアより)

  • 明治神宮外苑

    明治神宮外苑から見た川上憲伸川上憲伸

    明治神宮バッティングドーム - 神宮にある全12打席(左含む)のバッティングセンター。川上憲伸(中日ドラゴンズ)、上原浩治(読売ジャイアンツ、左右)、藤川球児(阪神タイガース)、ダルビッシュ有(北海道日本ハムファイターズ)、藤井秀悟・五十嵐亮太(東京ヤクルトスワローズ)、無名選手3名を打つことが出来る(尚、各投手の所属はマシン設置当時に在籍していた球団)。明治神宮外苑 フレッシュアイペディアより)

  • 京田陽太

    京田陽太から見た川上憲伸川上憲伸

    3月31日、読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)に「7番・遊撃手」としてスタメンで公式戦初出場を果たした。6月以降の公式戦では、持ち前の俊足巧打を武器に、「1番・遊撃手」として一軍のスタメンに定着。8月17日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、チームの新人選手としては立浪和義()以来の一軍公式戦シーズン20盗塁を達成した。さらに、9月18日の対巨人戦(ナゴヤドーム)5回裏の第3打席で内野安打を記録。この安打がシーズン141本目の安打に当たったことから、一軍公式戦におけるチームの新人安打記録を更新した。チームはセントラル・リーグ(セ・リーグ)のレギュラーシーズンで5位に終わったものの、京田自身は公式戦143試合中141試合に出場すると、リーグの新人選手でただ1人最終規定打席へ到達。打率はセ・リーグの18位(.264)にとどまったものの、リーグの新人選手としては長嶋茂雄()に次ぐ歴代2位(パシフィック・リーグの歴代新人選手を含めれば4位)の1シーズン149安打を達成したことが高く評価された末に、リーグの新人王へ選ばれた(詳細後述)。中日の選手が新人王を獲得した事例は、の川上憲伸投手以来19年振り。内野手としては、前述した立浪以来29年振りである。さらに、シーズン終了後の第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ(東京ドーム)では、日本代表の1番打者として初戦から決勝までの全3試合にスタメンで出場。本来のポジションである遊撃に加えて、「未経験に等しい」という二塁の守備もこなしながら、代表チームの大会初優勝に貢献した(詳細後述)。京田陽太 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た川上憲伸川上憲伸

    ''、それまでの中日のエースであった川上憲伸がMLB・アトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神タイガース)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェンに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(埼玉西武ライオンズ)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 濱田達郎

    濱田達郎から見た川上憲伸川上憲伸

    には、春季キャンプを一軍でスタート。4月27日にプロ入り初の一軍に登録。5月7日の対阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)で、予告先発されていた川上憲伸が腰痛で登板を回避したことから急遽先発で登板、6被安打11奪三振の内容で、中日では一軍投手コーチ・近藤真一が新人投手として1987年に達成して以来の一軍初先発、初完投、初完封勝利を挙げた。予告先発からの変更で先発した投手ではセントラル・リーグ初の記録。6月29日の対阪神戦(阪神甲子園球場)では、一軍初打点とシーズン4勝目を挙げた。10代で公式戦に登板した中日の投手では初めて、初先発からの4連勝を記録した。これをきっかけに先発ローテーション入りして5勝を挙げたが、8月26日の横浜DeNAベイスターズ戦(ナゴヤドーム)で先発登板した際に左肘の違和感を訴えて11球で降板。病院での検査の結果、左肘の靭帯損傷が発覚し、その後のシーズンを棒に振った。濱田達郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (野球)

    佐藤優 (野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    ''、5月10日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)にてプロ初登板・初先発を果たし、5回1失点の好投でプロ初勝利を挙げた。中日の新人投手がプロ初登板で勝利を挙げたのは、川上憲伸以来18年ぶりである。後半戦は中継ぎに定着した。1年目は14試合に登板し、1勝。防御率3.67だった。佐藤優 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た川上憲伸川上憲伸

    初打席:同上、1回表に川上憲伸から二飛梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た川上憲伸川上憲伸

    、落合博満が監督に就任。正捕手のエースナンバーは森昌彦に代表される27、もしくは田淵幸一に代表される22という落合の持論により、背番号を7から27に変更した。同年は不動の正捕手として攻守ともにチームを牽引し、リーグ優勝に貢献。移籍後初のシーズン100安打を打った。川上憲伸と共に2度目となる最優秀バッテリー賞を受賞した。日本シリーズ第3戦で逆転満塁本塁打を放つ活躍を見せるも、チームは日本シリーズ敗退を喫した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 調布市

    調布市から見た川上憲伸川上憲伸

    明治大学硬式野球部 - 六大学野球。深大寺南町に拠点となる「島岡球場」と選手寮を持ち、星野仙一をはじめ多数のプロ選手を輩出した。45年に渡り当地に在ったが、2007年初頭に府中市の新拠点へと移転、跡地はマンションとなった。当地には星野、高田繁、鹿取義隆、広澤克実、川上憲伸ら輩出選手の手形が刻まれた記念碑が建立された。調布市 フレッシュアイペディアより)

143件中 101 - 110件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード