143件中 111 - 120件表示
  • 星王光

    星王光から見た川上憲伸川上憲伸

    2007年の日本シリーズ1戦目では、川上憲伸から決勝の逆転2ラン本塁打を放つ。7戦目は、故障の里中の代わりに土井垣監督の思いついた「1イニング1投手」案から4回を任せられ、3者凡退に抑える。星王光 フレッシュアイペディアより)

  • スージー鈴木

    スージー鈴木から見た川上憲伸川上憲伸

    かつては、広告代理店・博報堂に勤務しており、1999年5月発売のムック「YOMIURI SPECIAL16 松坂&高橋 プロ野球革命宣言」(読売新聞社刊、書籍コード:ISBN 4643990376)では広告業界からの視点で、当時の大物ルーキー松坂大輔と、前年セ・リーグで川上憲伸と新人王を争った高橋由伸のスターとしての可能性について、コラムを執筆した(プロフィールでは「博報堂に勤務しながら、野球評論もこなす鬼才」と紹介)。スージー鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • May'n

    May'nから見た川上憲伸川上憲伸

    自身のラジオで地元の中日ドラゴンズファンであることを公言したが、好きな選手が福留孝介(現・阪神タイガース)、川上憲伸とその時点で両選手ともメジャーリーグ入りした選手だった。May'n フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学硬式野球部

    明治大学硬式野球部から見た川上憲伸川上憲伸

    川上憲伸 - 投手、元メジャーリーガー。徳島商業出身明治大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た川上憲伸川上憲伸

    2005年4月8日の中日戦で、川上憲伸から、シーズン初のホームラン(その試合を決定づける満塁本塁打)を打った時、TVカメラに向かって「約束を果たしたよ」と手話を送った。前年のシーズンオフに高橋由伸と訪問したろう学校にて、第1号の本塁打を打ったら手話でメッセージを送る約束をしていたとスポーツニュースで報道される。この手話は2006年4月1日の対横浜戦の土肥義弘からソロ本塁打を打った際も行い、この事については、カルビープロ野球チップス・2005年第2弾のカードに書かれている。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • ラスティングス・ミレッジ

    ラスティングス・ミレッジから見た川上憲伸川上憲伸

    初本塁打・初打点:2012年4月7日、対中日ドラゴンズ2回戦(ナゴヤドーム)、1回表に川上憲伸から左越先制ソロラスティングス・ミレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 川藤幸三

    川藤幸三から見た川上憲伸川上憲伸

    2008年、クライマックスシリーズ阪神対中日第1戦のテレビ解説で、アナウンサーが「今日は川上がいい投球をしましたね」と褒めると、ムッとしたのか「今までのところはね、今までのところは」と答えた。そのとき川上は阪神を7回無失点に抑えて既に降板していた。川藤幸三 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    前年、日本一のヤクルトスワローズ監督の野村克也が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パリーグの覇者・西武ライオンズ監督の東尾修が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いて戦った1998年のオールスターゲーム。第1戦は前年完成したナゴヤドームでの初球宴となり、地元中日ドラゴンズのルーキー・川上憲伸が全セの先発として登板。3イニングを2安打無失点に抑え、オールスター史上4人目の投手としてのMVPに輝いた。しかも新人投手としては初めての快挙である。1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た川上憲伸川上憲伸

    監督・コーチについては原則としてNPB出身者としているが、コーチ1名はリーグで1年以上の在籍経験のある元選手でも可としている。2012年に香川の元選手である近藤智勝がコーチに就任し、NPB在籍経験のない初のコーチとなった。2008年11月に制定された取り決めで監督・コーチの選手との兼任は原則として禁じられており、取り決めの制定以前に選手兼任コーチや選手兼任の「監督代行」の事例はあるが、正式な選手兼任監督はリーグ発足以来存在しない。2016年オフに徳島が兼任コーチとして川上憲伸を招聘する構想を持っていたことが後に報じられており、実現していればリーグで9年ぶりの兼任指導者となっていた。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 投手

    投手から見た川上憲伸川上憲伸

    このように様々な理由で、特にプロ野球の投手に打撃力は求められないが、打撃に優れる投手も存在する。メジャーリーグベースボールのナショナルリーグでは、最も打撃に優れた投手にシルバースラッガー賞が与えられる。マイク・ハンプトンは2001年には7本塁打を放つなどし、同賞を投手として最多の5度受賞している。また川上憲伸は2009年代打として2試合に出場したり、中日時代は通算8本塁打を放っている。投手 フレッシュアイペディアより)

143件中 111 - 120件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード