128件中 11 - 20件表示
  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た川上憲伸川上憲伸

    2005年までに14年連続(1994年を除く)で地区優勝を遂げるが、2000年以降は6年連続でリーグ優勝を逃した。2002年からスモルツがクローザーに転向(2005年から再び先発に復帰。2009年にボストン・レッドソックスに移籍)、2003年にはグラビンがメッツに移籍(2008年にブレーブスに復帰)、2004年にはマダックスがカブスに移籍するなど、先発三本柱も過去のものとなった。2006年には地区3位となり、史上最長のポストシーズン連続進出記録は14年で途切れた。2007年もプレーオフまであと一歩と迫ったものの、地区3位でシーズンを終えた。2008年にはチームは生え抜きのスター選手であるアンドリュー・ジョーンズをロサンゼルス・ドジャースに放出。チームの刷新を図るも、結果は72勝90敗と大きく負け越し、地区4位に終わった。この年にはチッパー・ジョーンズがシーズン中盤まで4割を超える高打率を維持し、シーズン4割超えの期待がかかったが、その後の故障の影響もあり最終的に打率.364で首位打者を獲得するに留まった。シーズンオフには、デレク・ロウ、ハビアー・バスケス、川上憲伸らを獲得している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ボーグルソン

    ライアン・ボーグルソンから見た川上憲伸川上憲伸

    は開幕から先発ローテーション入りし、途中右肩の故障で二軍に降格したが、7月下旬には復帰して最終的には7勝6敗の成績を残した。また、投手としては打撃力のある所を見せ、4月12日の中日ドラゴンズ戦で川上憲伸からこの年の投手第1号、投球回数リーグ上位30人の中では唯一となる本塁打を放ち、インタビューで「打てる機会があればまた打っていきたい」と話した。投手としては中日ドラゴンズ戦では2勝0敗、防御率3.15、WHIP1.28と良い投球を見せ、東京ヤクルトスワローズ戦でも防御率3.18、WHIP1.69ながら4勝を挙げたものの、読売ジャイアンツ戦では3試合に登板して防御率8.31、WHIP1.69と打ち込まれ、広島東洋カープ戦には3度登板していずれも敗戦投手となるなど相性が極端で、シーズン終盤の9月には4試合に先発していずれも5回もたず降板するなど不安定な面も見せた。オフには年俸9,000万円の1年契約で契約を延長。ライアン・ボーグルソン フレッシュアイペディアより)

  • 中田賢一

    中田賢一から見た川上憲伸川上憲伸

    2005年、球団としては1998年の川上憲伸以来となる新人での開幕ローテーション入りを果たす。4月3日の開幕シリーズでプロ初登板初先発、先発2試合目の4月15日の対阪神戦でプロ初勝利をあげた。この時、8回まで阪神打線を4安打無失点に抑え、9回に金本知憲の本塁打により失点し降板するものの、あわやプロ初勝利を初完封で飾るかという好投を見せた。シーズン前半は防御率6点台と振るわず、5月には怪我により二軍落ちした。しかし8月中盤に一軍復帰すると、先発6連勝を挙げ、ルーキーイヤーでの6連勝は26年ぶりの球団タイ記録となった。シーズン後半の防御率は1点台と安定感を誇り、川上ら先発陣が不調だった中で大きな戦力となった。中田賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤裕介

    加藤裕介から見た川上憲伸川上憲伸

    大学卒業時は就職が決まらず半年遅れで1989年、ラジオ福島に入社。新卒募集だったが本人がすでに大学を卒業しており、特例としての内定即入社だった。その後1995年、ラジオ日本に移籍。プロ野球・サッカー・マラソン(駅伝)・競馬中継などスポーツ実況を中心に活躍。『ラジオ日本ジャイアンツナイター』では、2002年8月1日に中日の川上憲伸投手のノーヒットノーラン達成試合を実況。また、ラジオ日本の競馬実況アナウンサーの中では局アナ陣での最年長(フリーアナウンサー陣を含めると最年長は宇野和男)という事もあり、『ラジオ日本 土曜・日曜競馬実況中継』ではビッグレースを中心に司会・実況を担当している。加藤裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 落合英二ブルブルの輪

    落合英二ブルブルの輪から見た川上憲伸川上憲伸

    岩瀬仁紀は、西岡剛や川崎宗則に年齢を36,37と間違えられた。因みに川上憲伸は30いっていないと言い張った(当時の岩瀬は33歳。川上は32歳)。なお普段着で出演し、落合英二から喝を入れられた。落合英二ブルブルの輪 フレッシュアイペディアより)

  • 星王光

    星王光から見た川上憲伸川上憲伸

    2007年の日本シリーズ1戦目では、川上憲伸から決勝の逆転2ラン本塁打を放つ。7戦目は、故障の里中の代わりに土井垣監督の思いついた「1イニング1投手」案から4回を任せられ、3者凡退に抑える。星王光 フレッシュアイペディアより)

  • 森井茂

    森井茂から見た川上憲伸川上憲伸

    1937年春シーズンに初めて開幕投手に起用されると、以後1937年秋・1938年秋・1941年・1944年・1946年と計6回開幕投手に起用された。これは現在も川上憲伸と並ぶ中日ドラゴンズの球団記録である。森井茂 フレッシュアイペディアより)

  • 平田洋

    平田洋から見た川上憲伸川上憲伸

    ルーキーイヤーの1994年、2軍では1年間先発ローテーションを守り通すなど活躍。だが、ナゴヤ球場でのヤクルト戦でプロ初登板した際、4失点。1/3回を投げるに留まった。その試合でバッテリーを組んだ中村武志は、「38球のうち良かったのは1球だけだった」と語っている。その後も度重なる故障で伸び悩み、1998年には背番号11を同い年で大卒新人の川上憲伸に明け渡し、代わりに与えられた背番号17もシーズン途中入団の新外国人サムソン・リーが強く希望したため剥奪され、背番号60に降格となったあげく同年限りで戦力外通告を受ける。平田洋 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ディロン

    ジョー・ディロンから見た川上憲伸川上憲伸

    初本塁打:2006年7月6日、対中日ドラゴンズ12回戦(東京ドーム)、8回裏に川上憲伸から左越2ランジョー・ディロン フレッシュアイペディアより)

  • 加藤竜人

    加藤竜人から見た川上憲伸川上憲伸

    徳島県立徳島商業高等学校時代の1993年、夏の甲子園大会に川上憲伸の控え投手で出場。加藤竜人 フレッシュアイペディアより)

128件中 11 - 20件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード