143件中 21 - 30件表示
  • 北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表

    北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表から見た川上憲伸川上憲伸

    のアテネ大会では予選で敗退したため、金メダルを獲得したのシドニー大会以来、2大会ぶりの出場となった。第1回WBCで打撃コーチを務めたデーブ・ジョンソンを代表監督に擁し、大学生のスティーブン・ストラスバーグを除いた23選手がマイナーリーグ所属選手で占められた。予選リーグでは初戦の対韓国戦で悪送球をきっかけとしてサヨナラ負けを喫し、対キューバ戦で延長11回の末に5-4で惜しくも敗れたものの、それ以外のチームには全勝。最終戦の対日本戦は0-0で迎えた延長11回に4得点を重ねて試合を決めた。準決勝の対キューバ戦はキューバ側の4本の本塁打攻勢で10−2と大敗した。日本との3位決定戦では1-4と3点リードされた3回にG.G.佐藤の失策などで走者を埋めてマシュー・ブラウンが和田毅から同点となる2号3点本塁打を放ち、5回にも川上憲伸から4得点を奪って日本を下し、銅メダルを獲得した。北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤充

    佐藤充から見た川上憲伸川上憲伸

    入団後に右ひじを手術してひじに負担をかけないフォームを作る必要性を痛感、二軍の本拠地・ナゴヤ球場の動作解析室で川上憲伸らのフォームのビデオを徹底的に研究し、現在のひじを一度高く上げるフォームにたどり着いた。佐藤充 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・シーボル

    スコット・シーボルから見た川上憲伸川上憲伸

    初打席・初安打:同上、2回表に川上憲伸から右前安打スコット・シーボル フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球サントリーカップ

    プロ野球サントリーカップから見た川上憲伸川上憲伸

    優秀選手 今岡誠(阪神タイガース)、高橋智(ヤクルトスワローズ)、川上憲伸(中日ドラゴンズ)、金村曉(日本ハムファイターズ)、川越英隆(オリックス・ブルーウェーブ)、鈴木健(西武ライオンズ)プロ野球サントリーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤裕介

    加藤裕介から見た川上憲伸川上憲伸

    大学卒業時は就職が決まらず半年遅れで1989年、ラジオ福島に入社。新卒募集だったが本人がすでに大学を卒業しており、特例としての内定即入社だった。その後1995年、ラジオ日本に移籍。プロ野球・サッカー・マラソン(駅伝)・競馬中継などスポーツ実況を中心に活躍。『ラジオ日本ジャイアンツナイター』では、2002年8月1日に中日の川上憲伸投手のノーヒットノーラン達成試合を実況。また、ラジオ日本の競馬実況アナウンサーの中では局アナ陣での最年長(フリーアナウンサー陣を含めると最年長は宇野和男)という事もあり、『ラジオ日本 土曜・日曜競馬実況中継』ではビッグレースを中心に司会・実況を担当している。加藤裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見た川上憲伸川上憲伸

    6月22日 - 川上憲伸(徳島県、野球)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 落合英二ブルブルの輪

    落合英二ブルブルの輪から見た川上憲伸川上憲伸

    岩瀬仁紀は、西岡剛や川崎宗則に年齢を36,37と間違えられた。因みに川上憲伸は30いっていないと言い張った(当時の岩瀬は33歳。川上は32歳)。なお普段着で出演し、落合英二から一喝された。落合英二ブルブルの輪 フレッシュアイペディアより)

  • 木下達生

    木下達生から見た川上憲伸川上憲伸

    愛知県名古屋市緑区出身。少年時代から大の中日ドラゴンズファンで、特に川上憲伸のファンであった。リトルリーグ時代は自ら希望して川上と同じ背番号11をつけた。中京大中京高校のセレクションを受けるも不合格となり、東邦高校に一般入部。2年生となった2004年春に1学年上の岩田慎司の控え投手として第76回選抜高等学校野球大会に出場も登板無し。3年生となった春にはエースとして水野祐希とバッテリーを組み、第77回選抜高等学校野球大会でチームをベスト8に導いた。同年秋の高校生ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに3巡目で指名された。事前に日本ハム側から指名挨拶が無かったことと、自身が地元で大ファンであった中日入りを希望していたことで入団交渉は難航したが、最終的には日本ハム側の熱意が通じ合意する形となった。木下達生 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のアジアシリーズ

    2007年のアジアシリーズから見た川上憲伸川上憲伸

    投手:川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀、朝倉健太、中田賢一、鈴木義広、山井大介、石井裕也、平井正史、小笠原孝、久本祐一、高橋聡文2007年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 衣川篤史

    衣川篤史から見た川上憲伸川上憲伸

    初打点:2008年5月15日、対中日ドラゴンズ9回戦(明治神宮野球場)、1回裏に川上憲伸から右前適時打衣川篤史 フレッシュアイペディアより)

143件中 21 - 30件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード