128件中 41 - 50件表示
  • 夜間学部

    夜間学部から見た川上憲伸川上憲伸

    川上憲伸(プロ野球選手、明治大学商学部)夜間学部 フレッシュアイペディアより)

  • リック・ガトームソン

    リック・ガトームソンから見た川上憲伸川上憲伸

    にヤクルトに入団後、まずは二軍で登板したが、4試合で防御率8.25と散々な成績であった。ところが、一軍先発陣の台所事情が火の車であったことから一軍に昇格。すると16試合の先発で8勝5敗、防御率4.18の成績をあげ、見事先発ローテーション投手としての役割を果たした。完投はなかったが、打者として中日の川上憲伸から本塁打を放っている。リック・ガトームソン フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県立徳島商業高等学校

    徳島県立徳島商業高等学校から見た川上憲伸川上憲伸

    川上憲伸 - 投手、中日?アトランタ・ブレーブス?中日ドラゴンズ徳島県立徳島商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た川上憲伸川上憲伸

    中日のエースであった川上憲伸がアトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェン・ウェインに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(西武)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。10月22日付け中日スポーツ掲載の吉見の治療に関する報道について、10月24日にNPB医事委員会は診療録のコピー等の詳細検討の結果「医学的に正当な適応による治療行為の範疇に入るものと判断」と公式発表を行い、潔白が正式に証明された。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 木下達生

    木下達生から見た川上憲伸川上憲伸

    愛知県名古屋市緑区出身。少年時代から大の中日ドラゴンズファンで、特に川上憲伸のファンであった。リトルリーグ時代は自ら希望して川上と同じ背番号11をつけた。中京大中京高校のセレクションを受けるも不合格となり、東邦高校に一般入部。2年生となった2004年春に1学年上の岩田慎司の控え投手として第76回選抜高等学校野球大会に出場も登板無し。3年生となった春にはエースとして水野祐希とバッテリーを組み、第77回選抜高等学校野球大会でチームをベスト8に導いた。同年秋の高校生ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに3巡目で指名された。事前に日本ハム側から指名挨拶が無かったことと、自身が地元で大ファンであった中日入りを希望していたことで入団交渉は難航したが、最終的には日本ハム側の熱意が通じ合意する形となった。木下達生 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のアジアシリーズ

    2007年のアジアシリーズから見た川上憲伸川上憲伸

    投手:川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀、朝倉健太、中田賢一、鈴木義広、山井大介、石井裕也、平井正史、小笠原孝、久本祐一、高橋聡文2007年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • バート・ミアディッチ

    バート・ミアディッチから見た川上憲伸川上憲伸

    7月29日の対中日戦(東京ドーム)では、相手投手の川上憲伸に左翼への特大本塁打を打たれるという屈辱を味わい、チームも完封負けを喫した。バート・ミアディッチ フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原孝

    小笠原孝から見た川上憲伸川上憲伸

    高校卒業後は明治大学に入学し、一学年上の川上憲伸らと共に活躍するが、1997年10月14日の秋季リーグ戦(対戦相手は立教大学)の9回に乱闘事件が発生すると、その首謀の5選手の一人とされてリーグ戦の残り全試合の謹慎処分を受ける。翌1998年春季リーグ戦は一学年下の木塚敦志らとともにチームの原動力として優勝に貢献。1998年のドラフトで明大の先輩でもある星野仙一が監督を務めていた中日ドラゴンズから3位指名を受けて入団した。小笠原孝 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ヘイワード

    ジェイソン・ヘイワードから見た川上憲伸川上憲伸

    は、19歳にして早くもメジャーのキャンプに招待選手として参加。紅白戦では川上憲伸から特大ホームランを放ち、「まだ19歳だなんて信じられない」と言わしめた。シーズンは1A+からスタートし、49試合で打率.296、OPS.888の好成績を残して2Aに昇格。2Aでは47試合で打率.352、OPS1.057と打ちまくり、シーズン終盤には3Aに昇格した。7月には、マイナーリーグのオールスター「フューチャーズゲーム」にアメリカ合衆国代表として出場した。シーズン終了後には、大リーグ公式サイトのプロスペクトTOP50で、スティーブン・ストラスバーグらを抑え1位に選ばれた。また、ベースボール・アメリカとUSAトゥデイ選定のマイナー年間最優秀選手賞を受賞した。ジェイソン・ヘイワード フレッシュアイペディアより)

  • 木塚敦志

    木塚敦志から見た川上憲伸川上憲伸

    、明治大学に進学。「気持ちを入れたピッチングをしたい」と言う理由で登録名を「木塚 敦志」に変更した。上級生の川上憲伸・小笠原孝らの薫陶を受け、エース投手に成長した。の東京六大学野球連盟春季大会では抑え投手として優勝に貢献。秋期大会では先発投手に転向し、対東京大学野球部戦では、明大としては星野仙一以来のノーヒットノーランを達成した。全日本大学野球選手権大会にも出場(2回戦敗退)、さらに日米大学野球選手権大会日本代表にも選出された。木塚敦志 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード