128件中 61 - 70件表示
  • なんだろう

    なんだろうから見た川上憲伸川上憲伸

    川上犬シン(『THE・独占サンデー』『THE・サンデー』。アトランタ・ブレーブスの川上憲伸投手がモデル)なんだろう フレッシュアイペディアより)

  • 第75回全国高等学校野球選手権大会

    第75回全国高等学校野球選手権大会から見た川上憲伸川上憲伸

    川上憲伸(徳島商?明治大学?中日?アトランタ・ブレーブス?中日)第75回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・シーボル

    スコット・シーボルから見た川上憲伸川上憲伸

    初打席・初安打:同上、2回表に川上憲伸から右前安打スコット・シーボル フレッシュアイペディアより)

  • 江本孟紀

    江本孟紀から見た川上憲伸川上憲伸

    2007年の日本シリーズ第5戦で、8回まで完全試合ペースであった山井大介を9回に岩瀬仁紀に交代させた落合博満の采配(2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投)について、翌日の産經新聞の記事で「他球団の監督だったら100%投げさせているだろう。投手も『行く』と言わなきゃ。あそこで続投させる監督は、プロ野球界全体のことを考えている監督。完全試合を達成していれば、野球に興味のない人まで関心を持ってくれるチャンスだった。それが野球人気につながっていくのに」とコメントしている。また、週刊誌のインタビューでも「たとえ、あの試合を落としたとしても、ダルビッシュを使い切った日ハムに流れが変わることは絶対にない。川上を残している中日が断然有利」と述べている。江本孟紀 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た川上憲伸川上憲伸

    、阪神の春季キャンプでルーキーは2軍に割り振られるのが通例なのだが、1月28日の1・2軍振り分けで新人選手の中で唯一の1軍に振り分けられる。キャンプ・オープン戦で結果を残して開幕1軍を勝ち取ったが、開幕の外野陣は左翼パウエル・中堅新庄剛志・右翼桧山進次郎だった。4・5月は主に代打で出場してスタメン出場は限られていたが、6月頃から外野陣(パウエル・新庄・桧山)が不振になり、1番ライト(もしくはレフト)でスタメン出場するようになる。7月4日の広島東洋カープ戦で、1回表に紀藤真琴から左中間へプロ初本塁打となる初回先頭打者ランニングホームランを放つ。プロ初本塁打がランニング本塁打というのは史上3人目だが、初回先頭打者ランニングホームランは史上5人目の記録で新人では初の快挙であった。オールスター前には1番ライトのポジションを獲得する。8月27日に規定打席に到達して打率.318で3位に食い込んだ。9月になると更に打率を上げ、坪井を含めた首位打者争いが熾烈になり、横浜の鈴木尚典、広島の前田智徳、阪神の坪井の3人が打率.330近くを記録する熾烈な争いになる。結局、首位打者は打率.337を記録した鈴木尚典で2年連続の首位打者となり、前田智徳は打率.335で2位、坪井は打率.327でセ・リーグ3位の打率を記録した。この年に記録した135安打は、1948年に後藤次男が記録した129安打を更新する球団史上新人最多安打記録である。新人で打率.327という記録は1950年以降に始まったセ・パ両リーグの2リーグ制分立後の新人最高打率である。更にこの年、両リーグで規定打席到達者は71人いたが坪井のみ併殺打0であった。(1リーグ時代を含めると、新人最高打率は1946年に.341を記録したグレートリングの田川豊であるが打率は2位で、新人で首位打者を獲得した選手は現在もいない)。この年は坪井以外にも川上憲伸(中日ドラゴンズ)・高橋由伸(読売ジャイアンツ)・小林幹英(現・広島東洋カープ二軍投手コーチ)と近年稀に見る新人豊作年だった。最優秀新人は川上憲伸に譲ったが、川上以外の3人は新人賞に値する活躍をしたと認められ、高橋由伸・小林幹英とともに連盟の特別表彰を受けた。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幹英

    小林幹英から見た川上憲伸川上憲伸

    シーズン開幕戦で初登板し,8−3で中日の山本昌に勝ち初勝利、セ・リーグ通算9人目、広島では3人目となる新人投手開幕戦勝利を記録した。また、新人として救援で初登板初勝利を挙げたのは球団史上初であった。その後セットアップ、クローザーに定着し、新人ながらリリーバーとして活躍。新人王こそ川上憲伸に及ばなかったものの、高橋由伸、坪井智哉と共にセ・リーグ会長特別表彰を受ける。は抑えとして期待されつつも伸び悩み、試行錯誤を繰り返した。右膝などの故障を経て、からは右の中継ぎとして再び年間50試合以上に登板するなど活躍を見せた。翌も中継ぎの柱として活躍。ストレートとフォークボールに加え、スローカーブを駆使して50試合以上に登板し、シーズン終盤までルーキーイヤーを上回る防御率2点台前半から中盤を維持していた。最終盤で打ち込まれる試合が増え、最終的に防御率は3点台まで下がったものの、ルーキーイヤーに次ぐ成績でシーズンを終えた。小林幹英 フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た川上憲伸川上憲伸

    初安打:同上、6回表2死に川上憲伸から中前安打梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た川上憲伸川上憲伸

    ゴールデングラブ賞の受賞者が発表された。セ・リーグでは川上憲伸投手と谷繁元信捕手(いずれも中日)が2年連続同一バッテリーで受賞。中村紀洋三塁手はパ・リーグ時代から通算して6度目の受賞。パ・リーグでは日本ハムとロッテの2チームで9ポジションを占めた。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た川上憲伸川上憲伸

    落合監督は就任にあたり「既存戦力を10%あげて補強をしない」ことを宣言し、言葉通り「守りの野球」を掲げ最小失策数となる45失策や岩瀬仁紀、落合英二ら中継ぎ陣の尽力もあり、5年ぶりのリーグ優勝を遂げた。また「守りの野球」らしく守備の名手がそろっており、ゴールデングラブ賞を5部門にわたって独占した(荒木・井端・アレックス・英智・渡邉・川上)。シーズンMVPはエース川上憲伸強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀新人 (日本プロ野球)

    最優秀新人 (日本プロ野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    のセ・リーグは、川上憲伸(中日ドラゴンズ)、高橋由伸(読売ジャイアンツ)、坪井智哉(阪神タイガース)、小林幹英(広島東洋カープ)の4人が最優秀新人レベルの成績を挙げ、最優秀新人になった川上以外の3人全てが特別表彰を受けた。最優秀新人 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

128件中 61 - 70件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード