143件中 61 - 70件表示
  • 岩田慎司

    岩田慎司から見た川上憲伸川上憲伸

    は開幕は二軍だったが、川上憲伸の腰痛による二軍落ちの入れ替わりで1軍に昇格した。4月21日の広島戦(マツダスタジアム)で2年ぶりの勝利を挙げた。自己最高の20試合登板(19試合先発)、5勝5敗を記録し、先発ローテーションに欠かせない存在となった。岩田慎司 フレッシュアイペディアより)

  • 真木将樹

    真木将樹から見た川上憲伸川上憲伸

    法政大に進むと、高校時代は130km/h台であった直球が140km/h台をマークするようになり、1年の秋には早くも東京六大学のベストナインに選出され、チームを優勝に導いた。大学の同級生には伊達昌司や平馬淳がいる。3年次には、1学年下の矢野英司が抑えを務める充実した投手陣のエースとして春のリーグ戦優勝に貢献。通算25勝を挙げ、同じく28勝を挙げた川上憲伸のライバルといえる存在だった。真木将樹 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た川上憲伸川上憲伸

    別所毅彦、荒巻淳、村山実、佐藤義則ら歴代の名右腕投手が使用してきた。その後も斎藤雅樹、野茂英雄、川上憲伸、ダルビッシュ有らの活躍で重みが増し、エース級の背番号という認識がなされつつある。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆 (野球)

    斎藤隆 (野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    メジャーで成功を収めることができた要因として、持ち球のひとつである右打者の外角へ鋭く逃げるスライダーが、メジャーリーグの外に広いストライクゾーンに適合していたことが挙げられる。加えて左打者へのバックドア(外のボールゾーンからストライクゾーンに入ってくるスライダー)も大きな武器になり、日本ではボールと判定されていたコースでストライクを取れるため、左右に関係なく優位に対戦を進めることができるようになり、2007年までドジャースの監督を務めたグレイディ・リトルは斎藤について「サミーをクローザーに持つということは、銀行に貯金がたくさんあることと同じ。あのスライダーがある限り、崩れることはない」と高く評価した。また、日本時代に比べて10km/h近く球速がアップし2007年には平均球速93.2mph(約150km/h)と最速99mph(約159km/h)を記録。更に40歳を越えてなお平均球速91.8mph(約147.8km/h)と最速95mph(約153km/h)を記録し、2010年には速球の被ウェルヒット率(アウトやヒットに関わらず相手打者に良い当たりを打たれた率)で両リーグ3位の.139、奪空振り率で両リーグ1位の33.5パーセントを記録。川上憲伸は「40歳であの球を投げるとは」と驚嘆したという。斎藤隆 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 正津英志

    正津英志から見た川上憲伸川上憲伸

    監督の星野仙一に度胸の良さを買われ、入団1年目のから主に中継ぎとして4年連続して40試合以上に登板。投手分業の確立した中日で信頼できる中継ぎの一人となり、同期の川上憲伸の影に隠れていても、その活躍は新人王級とも言われ、試験的に先発登板もしたが左打者に打ち込まれることが多く先発転向はならなかった。正津英志 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田征典

    宮田征典から見た川上憲伸川上憲伸

    引退後はからまでアール・エフ・ラジオ日本解説者。に巨人の一軍投手コーチに就任するが最下位に低迷し、翌は二軍投手コーチを務め解任された。その後は卓越した投球理論や投手育成法が評価され、日本ハム( - 二軍投手コーチ)、からまで文化放送解説者。西武(一軍投手コーチ, 二軍投手コーチ)、巨人( - 二軍投手コーチ、 - ・一軍投手コーチ, 二軍投手総合コーチ, 一・二軍統括投手総合コーチ)、中日(一軍投手コーチ)でコーチを歴任。西武時代には当時若手であった工藤公康・郭泰源を指導したほか、年齢の壁にぶつかっていた高橋直樹を立ち直らせた。工藤は球速を10キロアップさせ、エースへと成長した。巨人ではコーチ2期目に桑田真澄を立ち直らせ、3期目には上原浩治らを指導した。中日のコーチになったのは星野仙一監督に招聘されたものであり、ルーキー時代の川上憲伸や、肩の故障から伸び悩んでいた野口茂樹らを指導。野口は1998年14勝、防御率トップのエース級へ育てた。3年連続で4点台と低迷していたチーム防御率を3.14とした(12球団1位)。中日のコーチを体調不良を理由に1年で辞任、その後巨人の投手コーチに復活したが星野によると巨人の上層部から「なぜ中日のピッチャーが急によくなったんだ。なぜ宮田を出した。絶対に奪い返せ」という大号令があったのだという。木田優夫は「宮田さんには、つきっきりで投げ方の指導や、すべてを教わりました。1年目が終わったオフは12月末まで練習して、1月5日くらいから始動。マンツーマンでもうキャッチボールの初球から「投げ方が違う!」と怒られました。それくらい徹底して教えてもらいました。また、抑え投手のルーティンなどが書かれたメモも見せてもらうなど、いろいろ教えてもらいましたね。」と述べている。巨人で選手、コーチで同僚だった関本四十四は「コーチとしても素晴らしい再生屋だった。一度フォームをバラバラに解体して、投手を作り直す。オレも巨人で一緒に投手コーチをやったが、宮田さんの見事な再生屋ぶりには、感嘆するしかなかったね。今でこそ誰も持っている、チャックのついた手帳を最初に使ったのも、宮田さんだった。ブルペンでの投球数から始まり、事細かに書き付けた宮田さんのチャック付きの手帳は、これまた元祖だったね。」と述べている。広島の長谷川昌幸も低迷時に球団の了承のもと当時解説者の宮田の指導を仰ぎ、翌年二桁勝利を挙げた。宮田征典 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本プロ野球

    2002年の日本プロ野球から見た川上憲伸川上憲伸

    8月1日 - 中日ドラゴンズの川上憲伸が対巨人(東京ドーム)で、ノーヒットノーランを達成2002年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た川上憲伸川上憲伸

    敢闘賞:川上憲伸(中日) ※第1戦で中日唯一の勝ち星をあげる2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダベア

    ダベアから見た川上憲伸川上憲伸

    川上犬シン(『THE独占サンデー』『THE・サンデー』。アトランタ・ブレーブスの投手・川上憲伸がモデル)ダベア フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    セ:川上(中日)、石川(ヤクルト)○、館山(ヤクルト)、久保田(阪神)、寺原(横浜)、クルーン(巨人)、藤川(阪神) - 阿部(巨人)、石原(広島)、矢野(阪神)2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

143件中 61 - 70件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード