143件中 71 - 80件表示
  • 八木亮祐

    八木亮祐から見た川上憲伸川上憲伸

    知り合いが貰ってきてくれた川上憲伸のサインを宝物にしている。八木亮祐 フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグ中継 (J SPORTS)

    メジャーリーグ中継 (J SPORTS)から見た川上憲伸川上憲伸

    2010年は松坂大輔、黒田博樹、川上憲伸の先発予定試合は全試合放送。また、イチローと松井秀喜の直接対決となるシアトル・マリナーズとロサンゼルス・エンゼルスの対決は全試合生中継するとしている。また、開幕直前にメジャー契約を結んだ高橋尚成の先発試合もフォローした。メジャーリーグ中継 (J SPORTS) フレッシュアイペディアより)

  • 清水隆行

    清水隆行から見た川上憲伸川上憲伸

    ''、3月28日の中日ドラゴンズとの開幕戦で前年巨人相手にノーヒットノーランを達成した川上憲伸から先頭打者本塁打を放ち幸先のいいスタートを切ったが(巨人では1956年与那嶺要以来)、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井の穴を埋める中堅手の守備練習や開幕早々の肉離れなどの故障などが重なり打率.240、14本塁打の成績に終わり、規定打席にも到達しなかった。清水隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 石井琢朗

    石井琢朗から見た川上憲伸川上憲伸

    1000三振:2006年5月2日、対中日ドラゴンズ3回戦(ナゴヤドーム)、4回表に川上憲伸から ※史上38人目石井琢朗 フレッシュアイペディアより)

  • THE独占サンデー

    THE独占サンデーから見た川上憲伸川上憲伸

    垂木勉 ※この番組の人形レポーターWINちゃん・とよチュン(元『WIN』リポーター)と川上犬シン(番組独自で追加。垂木は開始直前頃にスタートした『THE・サンデー』のコーナー「押忍(おす)!川上憲伸ッス!!」ナレーターを務めていたため、横滑りという形で当てることとなった)の声で出演。とよチュンのみ途中で降板。その後は女性声優が当てていた。この他、イワヤのぬいぐるみに眉毛を加えた「ピンクのブタさん」や「オレンジのゾウさん」といったキャラクターがいたが、いずれもいつのまにか存在がウヤムヤになった。またこれらのキャラクターのぬいぐるみも、後に番組仕様でイワヤから販売されている。THE独占サンデー フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た川上憲伸川上憲伸

    川上憲伸(中日ドラゴンズ投手):「98年スポーツヒーローショー」。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • アイク・デービス

    アイク・デービスから見た川上憲伸川上憲伸

    、AAA級バッファロー・バイソンズで開幕から10試合で打率.364を記録すると、4月19日にメジャー昇格。4月23日のアトランタ・ブレーブス戦にて川上憲伸からメジャー初本塁打を放った。シーズン全体では、147試合に出場し、1年目から規定打席に到達。打率.264・19本塁打・71打点という打撃成績を記録した。アイク・デービス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た川上憲伸川上憲伸

    江川卓と掛布雅之の2人は共著「巨人-阪神論」でこの継投について触れており、掛布は「自分が監督であれば山井を代えない」としつつ、あの場面で抑えた岩瀬が評価されていないことに対し疑問を呈している。一方の江川も「継投はあり」としながら、投げていたのが投手陣の中心として活躍していた川上憲伸なら落合は代えなかっただろう、山井だったから変えたのではないかと評している。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た川上憲伸川上憲伸

    12月15日 - 第1次候補者34人(投手16人、捕手4人、内野手8人、外野手6人)が発表された。北京オリンピックで代表に選ばれた選手の内、1次候補発表前に辞退した選手を除くと、G.G.佐藤、成瀬善久、西岡剛、川上憲伸、荒木雅博は選出されなかった。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た川上憲伸川上憲伸

    日本シリーズは5戦全てに出場。第1戦、第2戦は代打で結果が出なかったが、10月28日の第3戦で7番指名打者として先発出場すると、2回に藤浪晋太郎から四球を選び先頭で出塁し、今宮健太の犠打で進塁、続く細川亨への7球目が暴投となり、ファウルゾーンを転がる間に二塁から一気に生還した。日本シリーズでの暴投による二塁走者からの一気生還は1999年の日本シリーズの川上憲伸から得点した浜名千広以来15年ぶりとなった。6回にも藤浪から先頭打者安打で出塁すると、二死満塁となった場面で安藤優也が内川聖一を三塁前への打球で詰まらせたが、西岡剛の判断ミスによるフィルダースチョイスが発生し、三塁から生還した。12打数2安打で打率.167だったが以上の2得点が勝利へつながりチームの勝利に貢献した。10月30日、第5戦では同点の3回にランディ・メッセンジャーからショートへの内野安打でヘッドスライディングした際に左手を負傷したことにより、日米野球2014において、11月10日に開催される野球日本代表との強化試合に北海道日本ハム・福岡ソフトバンク連合側で選出されていたが、辞退した。突き指と発表していたが、オフの12月10日のV旅行中に左指を骨折していた事を明かした。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

143件中 71 - 80件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード