128件中 81 - 90件表示
  • SPORTS STADIUM

    SPORTS STADIUMから見た川上憲伸川上憲伸

    番組公式サイトには、かつて川上憲伸の専属トレーナー・加藤佑介によるドラゴンズ関連のコラムが掲載されていた。このコラムは不定期連載で、2006年4月から2007年3月まで連載されていた。SPORTS STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 岩田慎司

    岩田慎司から見た川上憲伸川上憲伸

    は、開幕は二軍だったが、川上憲伸の腰痛による2軍落ちの入れ替わりで1軍昇格。4月21日の広島戦(マツダスタジアム)で2年ぶりの勝利を挙げた。自己最高の20試合登板(19試合先発)、5勝5敗を記録し、先発ローテーションに欠かせない存在となった。岩田慎司 フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグ中継 (J SPORTS)

    メジャーリーグ中継 (J SPORTS)から見た川上憲伸川上憲伸

    2010年は松坂大輔、黒田博樹、川上憲伸の先発予定試合は全試合放送。また、イチローと松井秀喜の直接対決となるシアトル・マリナーズとロサンゼルス・エンゼルスの対決は全試合生中継するとしている。また、開幕直前にメジャー契約を結んだ高橋尚成の先発試合もフォローした。メジャーリーグ中継 (J SPORTS) フレッシュアイペディアより)

  • ミラクルジャイアンツ童夢くん

    ミラクルジャイアンツ童夢くんから見た川上憲伸川上憲伸

    対照的に、親会社(中日新聞社)が読売新聞グループと競合・対立関係にある中日ドラゴンズは本作品に協力的だった(後に日本テレビ系列で放送された『ザ・サンデー』などでも、かつて中日に在籍していた川上憲伸の追跡コーナーがあった)。ミラクルジャイアンツ童夢くん フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た川上憲伸川上憲伸

    日本ハム・ダルビッシュ有、中日・川上憲伸の両エースの先発で開幕。2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た川上憲伸川上憲伸

    川上憲伸(中日ドラゴンズ投手。「98年スポーツヒーローショー」)第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • アイク・デイビス

    アイク・デイビスから見た川上憲伸川上憲伸

    、AAA級のバッファローで開幕から10試合で打率.364を記録すると、4月19日にメジャー昇格。4月23日のブレーブス戦にて川上憲伸投手からプロ入り初ホームランを放った。シーズン全体では、147試合に出場し、1年目から規定打席に到達。打率.264・19本塁打・71打点という打撃成績を記録した。アイク・デイビス フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球列伝 レジェンドナイン

    プロ野球列伝 レジェンドナインから見た川上憲伸川上憲伸

    サービス開始当初は2008年時点でNPB所属球団で現役だった選手のカードも入手できたが、2009年3月のアップデートで2008年度末に海外・独立リーグに移籍した選手(上原浩治・川上憲伸など)や一部の引退した選手(清原和博など主にNPB12球団のコーチにならなかった選手)に取引制限がなされ、トレード・カードパック購入・ミックスでの入手、特定モードでの使用が不可になった。取引制限前に入手した選手は特定モード以外では使用できた。プロ野球列伝 レジェンドナイン フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た川上憲伸川上憲伸

    2月11日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結ぶ。スプリングトレーニングで13イニング4失点(防御率2.77)となり、開幕直前にメジャー入りする。4月7日のフロリダ・マーリンズ戦の延長10回に6番手としてメジャー初登板。打者4人に対し2安打1四球1失点で敗戦投手となった。23日のアトランタ・ブレーブス戦では先発ジョン・メインの故障降板を受け緊急登板。3回を2安打1四球7奪三振1失点に抑えメジャー初勝利を記録。打席でも川上憲伸からメジャー初安打を放った。5月21日のニューヨーク・ヤンキース戦ではメジャー初先発し、6回5安打無失点と好投するも勝敗はつかなかった。8月16日のヒューストン・アストロズ戦でメジャー初セーブを記録。チームはクローザーのフランシスコ・ロドリゲスの離脱を受け、複数の投手をクローザーとして起用する方針だったが、この日の好投でクローザーに指名された。10月1日のワシントン・ナショナルズ戦では同点の9回から登板。2回を無安打無失点4奪三振に抑え、延長10回にジョシュ・トーリーがサヨナラ打を放ち、日本人メジャーリーガーとしては4人目、メッツではのリック・アギレラ以来25年ぶりとなる新人での2桁勝利を記録した。最終的に先発としては4勝4敗、防御率5.01、WHIP1.45と振るわなかったが、リリーフでは6勝2敗8セーブ、リーグ9位の防御率2.04、WHIP1.13と結果を残し10勝を記録。この年の日本人メジャーリーガーの中では黒田博樹(11勝)に次いで2番目に多い勝ち星を挙げた。オフには再契約交渉がまとまらず11月5日にウエーバー公示される。代理人をアーン・テレムに変更し、12月2日にロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムと総額800万ドルの2年契約を結ぶ。背番号は巨人時代からの愛着の『21』に決まった。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • 高江洲拓哉

    高江洲拓哉から見た川上憲伸川上憲伸

    憧れは、川上憲伸(現・中日ドラゴンズ)と岩隈久志(現・シアトル・マリナーズ)。高江洲拓哉 フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード