143件中 81 - 90件表示
  • ジョー・ディロン

    ジョー・ディロンから見た川上憲伸川上憲伸

    初本塁打:2006年7月6日、対中日ドラゴンズ12回戦(東京ドーム)、8回裏に川上憲伸から左越2ランジョー・ディロン フレッシュアイペディアより)

  • アトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスから見た川上憲伸川上憲伸

    2005年までに14年連続(ストライキによりシーズンが途中で終了した1994年を除く)で地区優勝を遂げるが、2000年以降は6年連続でリーグ優勝を逃した。2002年からスモルツがクローザーに転向(2005年から再び先発に復帰。2009年にボストン・レッドソックスに移籍)、2003年にはグラビンがメッツに移籍(2008年にブレーブスに復帰)、2004年にはマダックスがカブスに移籍するなど、先発三本柱も過去のものとなった。2006年には地区3位となり、史上最長のポストシーズン連続進出記録は14年で途切れた。2007年もポストシーズンまであと一歩と迫ったものの、地区3位でシーズンを終えた。2008年にはチームは生え抜きのスター選手であるアンドリュー・ジョーンズをロサンゼルス・ドジャースに放出。チームの刷新を図るも、結果は72勝90敗と大きく負け越し、地区4位に終わった。この年にはチッパー・ジョーンズが6月中旬まで4割を超える高打率を維持し、シーズン4割超えの期待がかかったが、その後の故障の影響もあり最終的に打率.364で首位打者を獲得するに留まった。シーズンオフには、デレク・ロウ、ハビアー・バスケス、川上憲伸らを獲得している。アトランタ・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • 門倉健

    門倉健から見た川上憲伸川上憲伸

    翌から2年連続で2桁勝利を記録した。しかし、はわずか2勝に終わり、同年チームはリーグ優勝して日本シリーズに進出したが、自身は登板機会は無かった。シーズン終了後、小池秀郎・佐野重樹・善村一仁との交換トレードで古池拓一・東瀬耕太郎と共に大阪近鉄バファローズへ移籍した。門倉は中日時代について「星野中日時代が一番ミーティングをやった。試合前はどのチームもやるが、試合後も毎回やる。星野監督、島野ヘッドコーチが中心となり、試合の反省をする。こういうミスがあったが、どうすればよかったか。事細かに確認する。「課題はその都度消化していく」という意味をその当時は理解できず、星野中日での4年間は正直なところきつかった。怒られる、怒られないグループに分かれていた。当時の先発陣では、山本昌さん、野口茂樹、ボクが怒られる方。武田一浩さん、今中慎二さん、川上憲伸は怒られないグループだった。「鉄拳制裁」が有名だが、星野監督2次政権の時代。少し円くなった時だからか、殴られなかったとは言わないまでも、口で怒られた印象の方が強い。」と述べている。トレード通告を受け、門倉は「あり得ない」と落ち込み、逆指名で中日に入団してたったの4年。捨てられた気分になったという、星野から近鉄の監督梨田昌孝が「二軍でくすぶっている投手じゃない。どうしても欲しい」と打診してくれたと聞いて前向きになれ、星野に挨拶に出向くと、「ホントはおまえを出したくなかったんや」と言われて救われたと語っている。門倉健 フレッシュアイペディアより)

  • 廣瀬純

    廣瀬純から見た川上憲伸川上憲伸

    はシーズン中盤に一塁のレギュラーである栗原健太、外野手の嶋重宣の戦線離脱もあり、主に一塁での先発出場が多くなった。バックスイングを大きく取るバッティングフォームに改造し、パンチ力も増した。10月5日の対中日ドラゴンズ戦で、エース川上憲伸から左翼席への先制3ランに、追加点の足がかりとなるヒットを放つ活躍を見せる。また10月11日のヤクルト戦では自身初の一試合2本塁打をマークするなど、同年はプロ入り最高の成績を残し、飛躍のシーズンとなった。オフには新井貴浩と同じく最福寺で護摩行を行った。廣瀬純 フレッシュアイペディアより)

  • 関本賢太郎

    関本賢太郎から見た川上憲伸川上憲伸

    から、風水建築デザイナーの直居由美里の勧めにより登録名を「関本 賢太郎」に変更。移籍してきた平野恵一が二塁手の定位置を掴んだことや、今岡の復帰もあり開幕スタメンからは外れたが、今岡の不調により三塁手のレギュラーに復帰。6月17日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、1試合4連続犠打のプロ野球タイ記録を達成した。夏場は新井貴浩の離脱もあって3番や5番のクリーンナップを打つことも多く、7月25日の対中日戦では5回裏に川上憲伸からプロ初の満塁本塁打を放つなど勝負強さが光った。最終的には初めて規定打席に到達して打率.298の成績を残した。関本賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 福川将和

    福川将和から見た川上憲伸川上憲伸

    2006年9月7日の中日戦(ナゴヤドーム)で川上憲伸から満塁本塁打を放った際、「あの川上さんから打った!!もしかして俺って凄い!?」とコメントしている。福川将和 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田俊哉

    岡田俊哉から見た川上憲伸川上憲伸

    10月29日、ドラフト会議で中日ドラゴンズから菊池雄星の外れ1位として指名を受ける。背番号は、前年オフにMLBのアトランタ・ブレーブスに移籍した川上憲伸が着用していた「11」に決定。入団会見で、「エースとして活躍したいので、少しでも近づけるように、技術を磨いてしっかりやっていきたい」と意気込みを語った。岡田俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のラジオ (日本)

    2016年のラジオ (日本)から見た川上憲伸川上憲伸

    6月17日:宮部和裕(CBCアナウンサー)×川上憲伸(元中日ドラゴンズ投手)2016年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た川上憲伸川上憲伸

    のアテネオリンピック、の北京オリンピックにおいては、星野仙一監督の下で野球日本代表の投手コーチを務め、アテネでは銅メダル獲得に貢献したものの、北京ではダルビッシュ有、涌井秀章、川上憲伸、岩瀬仁紀ら、そうそうたる選抜メンバーを擁したが、中継ぎ専門投手を1人も選考せず、代わりに先発投手に中継ぎをやらせるなどした結果、投手陣崩壊を招き、金メダルを期待されながらメダル無しに終わった。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 久慈市

    久慈市から見た川上憲伸川上憲伸

    野球も盛んであり、各年代に渡ってアマチュア野球のレベルは高い。久慈市の社会人の野球チームと地元のスポーツ少年団の野球チームが共にレベルが高い。高校野球は1979年(昭和54年)の夏に久慈高等学校が甲子園に出場して、1993年(平成5年)の夏には久慈商業高校が甲子園に出場して、川上投手(現中日)率いる徳島商業と死闘を演じた。近年は有力選手の市外流出が激しく、市内高校野球部はあまり振るわない。2012年には久慈中学校野球部が東北中学校野球大会で優勝し第34回全国中学軟式野球大会に出場した。久慈市 フレッシュアイペディアより)

143件中 81 - 90件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード